• TOP
  • 国内
  • “もうひとりの陰の総理”今井総理秘書官に官房長官起用論も

国内

2020.02.04 07:00  週刊ポスト

“もうひとりの陰の総理”今井総理秘書官に官房長官起用論も

安倍晋三首相(右)と今井尚哉秘書官(時事通信フォト)

 公職選挙法違反容疑で検察の捜査を受けている河井案里・参院議員と、夫で菅義偉官房長官の側近の河井克行・前法相が仮に起訴されることになれば、菅氏が責任を取り辞任する、といった説も永田町で囁かれているという。そうした中、首相官邸では“もうひとりの影の総理”が存在感を強めている。

 安倍首相の“懐刀”と呼ばれる今井尚哉・総理首席秘書官だ。経産官僚から抜擢されて7年間務め、昨年からは「政策企画の総括担当」の総理補佐官を兼務して国政全般に睨みを利かせるポジションについた。

 今井氏は役人ながら官邸内で菅氏と権力を二分する実力者として知られるが、これまでは互いに牽制しながら、菅氏は危機管理と内政全般を担当し、今井氏は外交と経済政策を首相にアドバイスするなど役割を分担してきた。

 だが、菅氏の力が衰えると、代わって今井氏の力が増大。官邸の官僚たちも、今や菅氏より今井氏の顔色をうかがうようになっているという。2人をよく知る官邸関係者が興味深い分析を披露した。

「菅官房長官も今井秘書官も官邸で安倍首相を支える立場ですが、一番の違いは“安倍愛”でしょう。不祥事対応にしても、菅官房長官は“政権を守る”ことを考えるが、今井秘書官は“安倍さんを守る”ことを優先する。そのため2人は衝突を繰り返してきた」

 桜を見る会問題でもぶつかった。

関連記事

トピックス