芸能

にゃんこスター破局 アンゴラ村長はコンビ継続希望か

「恋人コンビ」だった2人がついに破局

「恋人コンビ」だった2人がついに破局

 大塚愛の『さくらんぼ』に合わせて“リズム縄跳び”をするアンゴラ村長(25才)と、ハイテンションなツッコミをするスーパー3助(36才)──。2017年の『キングオブコント2017』で準優勝したお笑いコンビ・にゃんこスターは、当時結成5か月での快挙だけでなく、2人が交際中のカップルだという事実でも注目を浴びた。リズム芸のキモでもある呼吸や間合いの絶妙さは、カップルゆえのものとも思えたが、そんな2人が破局した。

「スーパー3助が、同棲していたマンションから出ていったそうです。昨年から同棲解消をずっと考えていて、それが実現した形ですね」(芸能関係者)

 出演したバラエティー番組では、それぞれが「恋人=相方」というこのコンビならではの悩みを打ち明けるケースが目立っていた。昨年10月のAbemaTV『おぎやはぎの「ブス」テレビ』では、アンゴラ村長が「最近、お互いの不満を番組で言い合うみたいな感じでさせていただいている」と告白。「最近は終わった後、がっつりケンカをしちゃう」と続けた。一方のスーパー3助は「お皿とか全く洗わない。僕が最後に洗うしかない」と、アンゴラ村長への不満を包み隠さず打ち明け、スタジオを微妙な雰囲気に包んでいた。そんな2人がついに、恋人としての関係を終了させた。

 2人は2017年10月のコンビ結成と同時に交際を始め、その1年後には同棲をスタート。もともと2人は静かに愛を育もうとしていたという。しかし、『キングオブコント』で脚光を浴びて一躍、時の人になったことで2人の関係性に変化が訪れた。

「もともとアンゴラ村長からアプローチして始まった交際でした。交際を発表する予定はなかったんですが、スポーツ新聞に交際を書かれてしまい、その後、2人の関係はぎくしゃくしてしまった。世間に知られていることで、お笑いとプライベートの両立が難しくなったのでは」(前出・芸能関係者)

2017年、ライブ後のにゃんこスター

2017年、ライブ後のにゃんこスター

コンビとしての活動は継続を希望か

コンビとしての活動は継続を希望か

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン