• TOP
  • 芸能
  • にゃんこスター破局 アンゴラ村長はコンビ継続希望か

芸能

2020.02.04 20:00  NEWSポストセブン

にゃんこスター破局 アンゴラ村長はコンビ継続希望か

「恋人コンビ」だった2人がついに破局

「恋人コンビ」だった2人がついに破局

 大塚愛の『さくらんぼ』に合わせて“リズム縄跳び”をするアンゴラ村長(25才)と、ハイテンションなツッコミをするスーパー3助(36才)──。2017年の『キングオブコント2017』で準優勝したお笑いコンビ・にゃんこスターは、当時結成5か月での快挙だけでなく、2人が交際中のカップルだという事実でも注目を浴びた。リズム芸のキモでもある呼吸や間合いの絶妙さは、カップルゆえのものとも思えたが、そんな2人が破局した。

「スーパー3助が、同棲していたマンションから出ていったそうです。昨年から同棲解消をずっと考えていて、それが実現した形ですね」(芸能関係者)

 出演したバラエティー番組では、それぞれが「恋人=相方」というこのコンビならではの悩みを打ち明けるケースが目立っていた。昨年10月のAbemaTV『おぎやはぎの「ブス」テレビ』では、アンゴラ村長が「最近、お互いの不満を番組で言い合うみたいな感じでさせていただいている」と告白。「最近は終わった後、がっつりケンカをしちゃう」と続けた。一方のスーパー3助は「お皿とか全く洗わない。僕が最後に洗うしかない」と、アンゴラ村長への不満を包み隠さず打ち明け、スタジオを微妙な雰囲気に包んでいた。そんな2人がついに、恋人としての関係を終了させた。

 2人は2017年10月のコンビ結成と同時に交際を始め、その1年後には同棲をスタート。もともと2人は静かに愛を育もうとしていたという。しかし、『キングオブコント』で脚光を浴びて一躍、時の人になったことで2人の関係性に変化が訪れた。

「もともとアンゴラ村長からアプローチして始まった交際でした。交際を発表する予定はなかったんですが、スポーツ新聞に交際を書かれてしまい、その後、2人の関係はぎくしゃくしてしまった。世間に知られていることで、お笑いとプライベートの両立が難しくなったのでは」(前出・芸能関係者)

2017年、ライブ後のにゃんこスター

2017年、ライブ後のにゃんこスター

コンビとしての活動は継続を希望か

コンビとしての活動は継続を希望か

関連記事

トピックス