スポーツ

五輪美女の思い出 木原光知子から栗原恵、田中理恵まで

美女スイマーといえば千葉すず(写真/築田純/AFLOSPORT)

 競泳では、バルセロナ五輪(1992年)とアトランタ五輪(1996年)に出場した自由形の千葉すずが代表格だろう。ジャーナリストの鳥越俊太郎氏はこう語る。

「取材をした際の第一印象はシャイで、憂いを帯びた感じがとても美しかった。話を聞いてみると自己主張もするし、芯の強さを持っていた」

 近年では、美貌でもスタイルでも海外勢に引けをとらない日本人女子選手が増えている。

「北京五輪(2008年)のバレーボール日本代表、栗原恵がとにかく可愛かった。187センチと長身ながらベビーフェイス。困ったような表情もたまらなかったなぁ。“メグカナコンビ”として一緒にブームになった“パワフル・カナ(大山加奈)”ファンも多かったけど、僕は断然“プリンセス・メグ”派です」(59歳会社員)

抜群のスタイルの「メグカナ」(時事通信フォト)

「ロンドン五輪(2012年)の体操選手、田中理恵は子供っぽい海外選手に比べて大人の女性の魅力に溢れていた」(64歳会社員)

 東京五輪2020では、どんなアイドル選手が飛び出すか。美女アスリートの活躍にも要注目だ。

※週刊ポスト2020年2月21日号

関連記事

トピックス

石破茂元幹事長が語った(時事通信フォト)
石破茂氏、自民の旧統一教会問題に提起「党として関係断つなら、教団解散を検討すべき」
週刊ポスト
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
巨人・坂本勇人の女性スキャンダル 報じない新聞・テレビは「SNS全盛時代に通用しない」と疑問の声
NEWSポストセブン
そう簡単に延期はできない事情とは?(時事通信フォト)
大関・正代 連敗地獄の本場所後に「昇進披露パーティー」延期できない事情
週刊ポスト
さくらまやさん(写真/山口比佐夫)
さくらまや、9LDK庭付き一戸建ての豪邸で語った今「まだ男の人を好きになったことがない」
NEWSポストセブン
玉鷲
玉鷲の優勝でNHKの相撲中継に映らなかった豪華すぎる副賞 少しずつ数が減っている理由とは
NEWSポストセブン
50億円詐欺被害のオウケイウェイヴ前社長を直撃 民事と刑事で起こした訴訟の行方は
50億円詐欺被害のオウケイウェイヴ前社長を直撃 民事と刑事で起こした訴訟の行方は
NEWSポストセブン
ゆったりな着こなしを見せる夏帆
夏帆「幼い顔で8頭身の美ボディ」気になる“ベタ惚れ俳優”との恋路
女性セブン
現在9勝と苦戦している巨人のエース・菅野智之
巨人OB・広岡達朗氏が苦言「10勝もできない菅野のどこがエースだ」
NEWSポストセブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
空港でがっくり肩を落とす姿が目撃された吉田輝星(時事通信フォト)
日本ハム・吉田輝星がハプニング! チームの移動に「大遅刻」でビッグボスと同じ便
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
週刊ポスト