国内

新型コロナと戦う医療従事者へ「フクシマ50」からの激励

放射性物質飛散を食い止めるため多くの作業員が汗を流した(時事通信フォト)

「政府の大本営発表しかなかった“あの時”とは違い、今回はある程度、現地で医師や検疫官が戦っている様子が伝えられている。過酷な環境や肉声を知ってもらい、応援してもらえることが最前線で働く人間にとって一番の支えです」

 こう語るのは、9年前の東日本大震災において「放射能」という見えない恐怖に立ち向かった福島第一原発の作業員「フクシマ50(フィフティー)」の1人である。

 震災発生直後、福島第一原発には東京電力や協力企業の作業員約800人がいたが、相次ぐ水素爆発や火災を受け、東電は退避指示を出した。そんななかで現場に留まった50~70人や翌日以降に投入された作業員など、初期段階で対応にあたった人々は、海外メディアなどから「フクシマ50」と称賛された。

 彼らは、9年前の最前線の過酷さを今でも鮮明に記憶している。事故当時、原発で作業した東電社員が語る。

「現場では被曝の恐怖に加え、肉体的な負担も大きかった。現地の対策本部となった免震棟は人で溢れ、その辺の床に座って休んでいました。それでも誰も『帰りたい』といった泣き言は言わず、必死に働いていた。私も消防車を通すために、道路に溢れた瓦礫を撤去しました。今思えば国を守るという正義感よりも、私がやらなければ前に進まないという責任感が強かったと思います」

「フクシマ50」同様、今回の新型コロナウイルスとの戦いにあたった現場の医療従事者らの氏名が表に出ることはほとんどないだろう。それでも、彼らは現場から逃げない。

「医師や検疫官たちは不安や不満を抱えながらも、患者や乗客と責任感を持って接しているでしょう」(同前)

 見えない脅威に立ち向かえる強い意志を持つ人たちの存在に、一人ひとりが思いをはせたい。

※週刊ポスト2020年2月28日・3月6日号

関連記事

トピックス

アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
バックヤードツアーで貴賓室が公開される予定の東武浅草駅(写真:小川裕夫)
鉄道駅に設置されてきた貴賓室 記録されぬまま廃止になるケースも
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン