• TOP
  • 芸能
  • 元祖「お天気お姉さん」真壁京子さんの今 介護中心の生活に

芸能

2020.02.22 16:00  週刊ポスト

元祖「お天気お姉さん」真壁京子さんの今 介護中心の生活に

 でもその後は森田さんから直々に天気図の見方を教えていただきましたし、番組データを集めるリサーチャーの仕事にも就かせてもらいました。森田さんに出会っていなければ、今の自分はないですね。

 さらにリサーチャーの仕事をしながら、未経験なのに筑紫哲也さんの『NEWS23』(TBS系)のお天気コーナーを任せてもらったんです。出来は散々で、本番中に喋れない、時間内に収まらない……とズタボロ。放送後は毎回号泣していましたが、「最初から上手い人なんていないよ」と筑紫さんが勇気づけてくださったことで、続けることができました。

『NEWS23』に出演してから1年が経った頃、やっと予報士の試験に合格。その後は様々な地上波番組のお天気コーナーを担当させていただきました。

 現在はだいぶ生活が変わりました。CSの『TBSニュース』の月曜夕方と夜のお天気コーナーを担当させていただいていますが、仕事は週1ペース。今は認知症を患う実母の介護のために実家にいるので、週1がちょうどいいんです。介護をしながら感じるのは、認知症と天気は密接だということ。寒気が入ってくると母の行動や言語が不穏になるんですよ。

 認知症と天気の関係は医学的には証明されていないかもしれません。ですが、私なりにその答えが出せたらいいなと最近考えています。いつか因果関係が証明されて、気象予報士の知識が認知症介護に役立てられたらいいですね。

【プロフィール】まかべ・きょうこ/1967年生まれ、神奈川県出身。短大卒業後、『恋のから騒ぎ』に出演し、タレントとして人気に。TBSの気象キャスターとして活躍する傍ら、1997年に気象予報士の資格を取得。以後、多くの番組に出演。環境問題をテーマにした講演を行なうなど、母親の介護をしながら精力的に活動中。

取材・文■河合桃子

※週刊ポスト2020年2月28日・3月6日号

関連記事

トピックス