• TOP
  • 芸能
  • 元祖「お天気お姉さん」真壁京子さんの今 介護中心の生活に

芸能

2020.02.22 16:00  週刊ポスト

元祖「お天気お姉さん」真壁京子さんの今 介護中心の生活に

「元祖お天気お姉さん」として親しまれた

 日本航空の客室乗務員を経て『恋のから騒ぎ』出演後の1997年に気象予報士となり、『筑紫哲也 NEWS23』など数多くの番組に出演。“元祖お天気お姉さん”として親しまれた気象予報士の真壁京子さん(52)は現在、どのような生活を送っているのか。

 * * *
 短大卒業後、たまたま見たJALの中途採用情報から “客室乗務員になろう!”と思い立ってCAになりましたが、航空性中耳炎が悪化して、4年で辞めざるを得なくなりました。

 JAL退社後は迷走して『恋のから騒ぎ』(日テレ系)に出たりもしましたが、「私は何をやっているんだ」と自問自答する日々でした。そんな時に偶然立ち寄った本屋さんで、平積みにされていた気象予報士の受験本を見つけて“これだ!”と思いついたんです。

 当時は予報士の資格を取る人はほとんどが男性で女性は少なかったし、手に職をつけたかった。なによりJAL時代に出会ったパイロットの方々が天気に詳しくて、私も気象情報に漠然と憧れを持っていました。

 キャプテンから“1時間半後に揺れるから、それまでにサービスを終えて”と指示が入るとその通りになったり、気象を把握することは非常に価値があることだと感じていたんです。

 そう思い立ち、所属していた事務所の方からTBSウェザーセンターを紹介してもらい、森田正光さんに出会いました。でも開口一番、「君、本当に資格を取る気ある? 嘘くさい顔してるな~」と言われちゃいました(笑い)。当時は『から騒ぎ』に出ていた頃で、派手な顔だったからですかね。

関連記事

トピックス