国内

コロナ対策はうがい薬よりも水うがい&飲みうがい、目薬も

ウイルス対策として、医療従事者は水うがいや“飲みうがい”を推奨(写真/アフロ)

 感染拡大が止まらない新型コロナウイルス。マスクやアルコール消毒液はどこも売り切れとなり、予防したくてもできないという人も少なくないだろう。そんななか、どういった形で感染対策をすればいいのだろうか。

 医療従事者が口をそろえる「最強の新型コロナウイルス対策」は、結局のところ「手洗い・うがい」だ。では、その方法についてはどうだろうか。うがい薬を使用した方が効果は高いのかというと、実際のところ、そうとは言い切れないという。秋津医院院長の秋津壽男さんが解説する。

「ヨウ素をベースにしたうがい薬は殺菌力が非常に高く、口やのどにいる善玉の常在菌まで殺してしまうため、かえって免疫力を低下させる恐れがあります。私も病院ではうがい薬を出しておらず、水うがいを推奨しています。

 また、常にのどを潤しておくことがウイルス対策においてとても大切です。5分に1回くらいのペースでお茶や水をほんの一口飲む『飲みうがい』も効果的。液体がのどを通ることで、表面に付着したウイルスや細菌が洗い流されて胃に落ち、胃の中の強力な胃酸でたいていの病原体は死滅します」

 さらに秋津さんは、洗眼薬の使い方にも警鐘を鳴らす。

「接触感染を防ぐ意味でも、目についたウイルスを洗い流すことは重要です。しかし、洗眼薬は、しっかりと化粧や目の周りの汚れを落としてから使わないと、ウイルスを目の粘膜に押し込んでしまうことになるので注意が必要です。

 新型コロナウイルスを殺菌できる目薬はありませんが、目を洗い流す意味では市販のもので効果はあります。私はドライアイに効く、涙液系の目薬を使っています」

 本当に有効な対策法を知ることが、感染防止の鍵となる。

※女性セブン2020年3月12日号

関連記事

トピックス

性的暴行で逮捕された山縣秀彰容疑者(本人FBより)
20代女性に「1杯どう?」ナンパし性暴行…創業137年『都寿司』若大将の乱倫の夜 妻の女将が語った“店のこれから”
NEWSポストセブン
『オールナイトニッポン』での報告を終えて帰宅するaiko(2021年)
《音楽活動止まる恐怖》aiko、洗脳プロデューサーの“体を張る”関係性「一通の年賀状」が解いた4年間の“警戒心”
NEWSポストセブン
加工した自撮り写真や動画をSNSにアップしていた内田容疑者(写真は内田容疑者のTikTokより)
【旭川・女子高生殺害事件】SNSに投稿された“盛れていない写真”でトラブルか 容疑者のスマホには被害者を映した痛々しい動画
女性セブン
お笑いコンビ・元オセロの中島知子(左)と松嶋尚美(右)
《オセロ解散から11年の異変》23年続いた番組終了でレギュラー消滅危機の松嶋尚美、「九州でレギュラー番組7本」中島知子と“白黒逆転”の現在
NEWSポストセブン
3つの殺人、殺人未遂の容疑がかかる金澤成樹若頭(撮影/鈴木智彦)
【ラーメン店経営の組長射殺】対立組織のヒットマン逮捕で見える「警察の狙い」山口組抗争再燃の可能性も
週刊ポスト
十枝内容疑者(左)のもとで働いていた田中健一さん
【青森密閉殺人】“交通単独事故”で去年も十枝内運輸の社員が一人死んでいた 殺人容疑で逮捕の容疑者と借金トラブル 娘は「事故ではなかったのではないか」と訴え 青森県警も関係者再聴取か
NEWSポストセブン
美人芸妓との真剣交際が報じられた歌舞伎俳優の中村七之助
【童顔なのに抜群スタイル】中村七之助の恋人芸妓「美貌、踊り、話術」天が与えたすごい才能!華麗で過酷な京都の花街でナンバーワンの実力とは
NEWSポストセブン
杉咲花
【ファッション上級者】杉咲花と若葉竜也「私生活はゆるふわシャカシャカ」お似合いカップルコーデ「実は超有名ブランド」
NEWSポストセブン
別宅で暮らし続ける芝翫
【中村芝翫、度重なる不倫騒動】舞台で共演“既婚者の大物女優”と親密だった疑惑、妻・三田寛子の抗議で交際解消か
女性セブン
内田容疑者とともに殺人容疑がかけられている19歳のA子。内田容疑者のSNSにはA子が頻繁に登場していた
共犯の19歳A子を“舎弟”と呼んだ内田梨瑚容疑者(21) 殺害直後、タバコ片手にノリノリで『非行少女』を歌う姿をSNSに投稿 「頬を寄せながら……」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
「もうインスタの投稿をやめてくれないか」4度目不倫の中村芝翫が妻・三田寛子に呈していた苦言の裏にある「本当の意図」
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン