• TOP
  • 国内
  • 広瀬すず、反抗期女子大生を演じ「やさぐれ精神がバーン」

国内

2020.03.01 16:00  NEWSポストセブン

広瀬すず、反抗期女子大生を演じ「やさぐれ精神がバーン」

『一度死んでみた』の舞台挨拶に登場した広瀬すず。全身ピンク

 映画『一度死んでみた』の完成披露舞台挨拶に、主演の広瀬すずと出演者の吉沢亮、堤真一、リリー・フランキー、小澤征悦、嶋田久作、木村多江、松田翔太、そして浜崎慎治監督が登場した。

 父親のことが大嫌いなデスメタルバンドのボーカル女子大生・七瀬(広瀬)は反抗期続行中。「2日間だけ死んじゃう薬」を飲んだ父親を生き返らせるために奮闘するが──。

木村多江も目を引くカラーに身を包み登場

映画『一度死んでみた』完成披露舞台挨拶に登場したリリー・フランキー

関連記事

トピックス