• TOP
  • ライフ
  • 古市憲寿氏「この世界にドラえもんはいない」と感じた名場面

ライフ

2020.03.02 07:00  週刊ポスト

古市憲寿氏「この世界にドラえもんはいない」と感じた名場面

古市氏は「神回」を選んだ

 2020年はドラえもんが産声を上げてから50周年。それを記念して、社会学者で作家の古市憲寿氏に、22世紀に伝えたいドラえもんの言葉、場面を聞いたところ、てんとう虫コミックス『ドラえもん』第6巻「さようなら、ドラえもん」が選ばれた。

 * * *
 僕が子どもの頃、すでに『ドラえもん』は長寿アニメになっていて、毎週決まった時間に放送されるのが「当たり前」だった。だから『ドラえもん』に始まりや終わりがあることなんて、想像さえしなかった。

『ドラえもん』には原作がある。それを知って、書店でてんとう虫コミックスを買い集めたのは、小学生になってからだ。そこで初めて、『ドラえもん』の始まりと終わりに触れた。

「さようなら、ドラえもん」は、1974年に最終回として執筆された作品である。特に印象的なのは最後のコマだ。がらんとした部屋で、のび太が穏やかな表情で座っている。

 子ども心に思ったのは、それが当たり前なんだよ、ということ。この世界にドラえもんなんていないから。彼との別れ(そして再会も)が経験できたのび太が羨ましくて仕方なかった。

【てんとう虫コミックス『ドラえもん』第6巻「さようなら、ドラえもん」とは】
 ジャイアンに追いかけられて自宅へ逃げ込んだのび太は、けんかに強くなる道具をドラえもんに要望する。ドラえもんは「ひとりでできないけんかならするな!」と叱った後、未来の世界へ帰ることを打ち明けた。最後の夜、のび太はジャイアンに殴られ続けても、「ぼくだけの力で、きみにかたないと…、ドラえもんが安心して…帰れないんだ!」と勝負を挑み続ける。ついにジャイアンが負けを認めた。「勝ったよ、ぼく」。傷だらけののび太はドラえもんに笑顔をみせた。

古市憲寿氏は藤子・F・不二雄氏好き(撮影/横田紋子)

●ふるいち・のりとし/1985年生まれ。東京都出身。情報番組のコメンテーター、雑誌の連載執筆など幅広く活躍。藤子・F・不二雄先生好きを公言し、『ドラえもん』に造詣が深い。作家としても活動。最新刊は小説『奈落』。

(C)藤子プロ・小学館

※週刊ポスト2020年3月13日号

関連記事

トピックス