• TOP
  • スポーツ
  • 子供向けラグビー 低学年はタックル代わりに腰ひも取り合う

スポーツ

2020.03.12 07:00  週刊ポスト

子供向けラグビー 低学年はタックル代わりに腰ひも取り合う

ケガを防ぐために…

 少年スポーツの世界では、たとえ子供がプロ志向だったとしても、成長途中の子供の体への負担を減らすため、大人にはない「禁止事項」が数多く存在する。タックルやスクラムでの激しいコンタクトが華のラグビーだが、大人でも怪我が絶えない。

 そのため、小学生の間は安全を重視して、年齢により人数、ボール、ゴールポストの使用可否、キックオフやドロップアウトなどのルールが細かく決められている。

 たとえば、小学1、2年生が中心のU-8カテゴリーでは、2018年4月から都道府県協会の主催試合ではコンタクトプレーのない「タグラグビー」が行なわれるようになった。4人ないし5人で行なわれ、タックルの代わりにタグと呼ばれる腰ひもを取り合うルールだ。

 ただし、小学3年生以上はコンタクトプレーが認められるため、その準備としてのタックルの練習は禁止されていないのが実情だ。

※週刊ポスト2020年3月20日号

関連記事

トピックス