国内

百田尚樹氏 中国人受け入れ拒否発言に安倍支持者が強烈批判

総理の「応援団長」は何を語った?

〈安倍総理はこれまでいいこともたくさんやってきた。/しかし、新型肺炎の対応で、それらの功績はすべて吹き飛んだ〉

 これは、これまで安倍晋三首相の“応援団”の代表格とみなされていた保守派論客・百田尚樹氏による2月21日のツイートだ。なぜ百田氏は、厳しい批判を繰り広げたのか。雑誌『ニューズウィーク日本版』で特集「百田尚樹現象」(2019年6月4日号)を執筆したノンフィクションライターの石戸諭氏が、聞いた。

──率直なところを伺います。当初、安倍首相の方針に異を唱えましたが、では百田さんにとって安倍首相の他にこの人なら大丈夫だと思える政治家はいますか?

百田:安倍さんは今のところ、私が見る限りベストに近い総理です。これ以上の政治家は今の日本では見あたらないでしょう。野党政治家なんて論外です。その安倍総理でもこのくらいの対応しかできないのか、という失望がありました。安倍さんにはきついことは言いたくないけど、でも、これはあかんやろと考えて、ネット番組でも批判しました。

 感染が拡大する前は、日本中が「まぁこのくらいなら大丈夫だろう」という感覚だったでしょう。国全体が「大丈夫」だという認識のもと、情報を集めていた。正常性バイアス(自分に都合のいい情報を集め、それ以外の情報を過小評価すること)があったというのが私の見方です。1月の時点ではメディアも識者も大衆も楽観していました。もちろん政府もです。国民の見識以上の総理は現われませんから。

 平時の政治家はだれでもできるっていうのは私の持論です。有事の対応にこそ、政治家の本当の器が出ると思っています。私がツイッターで中国人観光客を受け入れるなと言ったら、「サヨク」だけでなく、「安倍政権支持者」からも強烈な批判を受けました。政権の足を引っ張るな、というわけです。

 でも私は自分が言いたいことを言っただけ。政権に影響を与えたいという気持ちはまったくないです。

※週刊ポスト2020年4月3日号

関連記事

トピックス

人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
28年ぶりに『NHK紅白歌合戦』へ出場する篠原涼子
篠原涼子、28年ぶりの紅白歌合戦出場で注目集まる前回超えの「大胆衣装」
週刊ポスト
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン