国内

「コロナ出羽守」の言い分、白人様による差別は問題ない

外国人観光客の減少はやむを得ないが(時事通信フォト)

 出羽守(でわのかみ)とは、本来は出羽国(現在の山形県と秋田県)の国司(長官)のことをいうが、現在ではもっぱら海外(外国)の事例を「~では」とあげ、日本はダメだと嘆く人たちのことを言う。SNSが普及するにつれて、出羽守たちの活躍の場も増えていたが、新型コロナウイルスの影響が世界に広がるにつれ、彼らの勢いが削がれている。ネットニュース編集者の中川淳一郎氏が、コロナ出羽守の生態について解説する。

 * * *
 新型コロナの影響で、以前紹介した「出羽守」の皆様方がネット上で意気消沈している。出羽守とは、「欧米ではー」と、欧米の人権意識の高さや人々の崇高なる行動を称賛し、日本を叩く人々のことである。

 称賛の対象は筆頭が北欧、次いでフランス、ドイツ、民主党支持アメリカ人、カナダ、イタリア、オーストラリア、次いでその他が横並びとなる。中韓もなかなか上位に入ってくるが、中東や東南アジア、アフリカ、南米はあまり入らない。彼らの頭の中では、欧米ではエロ本が公共の場では売っておらず、誰もがレディーファーストで痴漢もDVもレイプもないということになっている。電車の痴漢の多さについては日本特有で言語道断だが、人口比のレイプ被害は明らかに日本がケタ違いに少ないというデータを見せると「日本人女性は泣き寝入りをしているから見せかけの数字でしかない」と反論する。

 そんな中、欧米に散らばる日本人(ないしは日系)SNSユーザーからひどい差別を受けているという報告が相次いでいる。豪ではバスに乗ろうとした女性が乗客から中指を突き付けられて乗車拒否され、運転手も同調。こんな報告だらけなのだ。

 彼らからすればアジア人は皆同じとしか見えないのだろうが、一気に差別感情が噴き出たわけだ。現在の日本で白人を見て「不潔なイタ公、あっち行け」なんて言うのと同じことだ。そんな馬鹿は糾弾されるべきである。これに対して出羽守の皆様が静かなのだ。

関連記事

トピックス

アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
バックヤードツアーで貴賓室が公開される予定の東武浅草駅(写真:小川裕夫)
鉄道駅に設置されてきた貴賓室 記録されぬまま廃止になるケースも
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン