ライフ

ノドグロやえびめし 山陰・山陽の名物を堪能する駅弁

高梁川を車窓から見下ろす伯備線

 JR伯備線は岡山・倉敷駅―鳥取・伯耆大山駅間の138.4kmを結ぶ。旅と鉄道、駅弁を愛するフォトジャーナリストの櫻井寛氏によれば「高梁川に沿う渓谷美が見所です」。写真は方谷駅―井倉駅間。伯耆大山駅が近づくと、進行方向右側に「伯耆富士」とも呼ばれる大山が現われる。同駅から山陰本線に乗り換えて米子駅、松江駅へ行くことができる。沿線の名物を楽しめる駅弁を紹介しよう。

◆松江駅「のどぐろ寿司」

松江駅「のどぐろ寿司」

 1901年に旅館として創業し、100年以上前から弁当販売を手がける老舗の人気駅弁。「高級魚ノドグロを炙りと酢漬けの2つの味で堪能できます」(櫻井氏、以下同)。1550円。

◆岡山駅「あったか岡山名物えびめしとデミカツ丼」

岡山駅「あったか岡山名物えびめしとデミカツ丼」

 ご当地グルメの「えびめし」と「デミカツ丼」が競演する。発熱式容器のため、熱々で食べ比べを楽しめる。4月30日までの期間限定商品。1180円。

◆米子駅「吾左衛門鮓(すし)鯖(5貫入)」

米子駅「吾左衛門鮓(すし)鯖(5貫入)」

江戸時代に考案されたという

 江戸時代、前身の廻船問屋が船子の弁当として考案。「肉厚で脂がのった寒鯖、昆布、酢飯の風味が一体となって美味。食べやすく切り分けてあるのも嬉しい」。1200円。

●写真・監修:櫻井寛(さくらい・かん)/1954年長野県生まれ。旅と鉄道をこよなく愛するフォトジャーナリスト。好物の駅弁は6000食以上を完食。近著『にっぽん全国100駅弁』(双葉社刊)をはじめ、著書多数。

※週刊ポスト2020年4月17日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
息の合ったコンビだった
『相棒』復帰の寺脇康文、登場シーンどうなる スーツ姿?警察学校で再教育?
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
すでに胴上げも(写真/共同通信社)
阪神逆転優勝「無理ではない」とOB 課題は鬼門の広島、心強い味方は巨人か
週刊ポスト
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト