国際情報

中国各地で閉鎖解除 多くの人が繰り出し感染再流行の懸念

中国だけの問題ではない

 中国では習近平国家主席が4月1日、浙江省を視察した際、「国内ではすでに感染症流行のピークは過ぎた」などと指摘。新型コロナウイルスの感染は終息に向かいつつあるとの見方を明らかにするなど、4月に入って1日の感染者数は30人台を推移しつつある。

 これに伴い、閉鎖していた観光地やテーマパークなども徐々に再開しているが、これまで自宅待機状態を余儀なくされていた市民が、ここぞとばかり観光地や繁華街などに繰り出すようになっている。これにより新たな感染の危機が叫ばれ、再び閉鎖せざるを得ない状況に追い込まれていたことが分かった。米CNNなどが報じた。

「黄山を見ずして、山を見たというなかれ」との言葉で知られ、中国の水墨山水画のモデルともなった中国安徽省の景勝地で、1990年にユネスコの世界遺産に登録されている黄山。ここに、4月4日には1日の制限数を超える2万人以上の人々が押し寄せる事態となった。

 ネット上では数千人もの観光客でぎっしり埋まった黄山の遊歩道の模様を撮影した写真がアップされ、瞬く間に拡散していった。マスクをしている人が圧倒的に多いものの、人々は密着している。

 このような状態になったのは、黄山公園の事務所が1月下旬からの閉鎖が解除されたことで、多くの客を呼び込もうとして、ネット上で「無料開放」を大々的に宣伝したためだ。これに呼応して、これまでの厳しい移動制限や都市封鎖が続いたことにより溜まったストレスを発散しようと、多くの市民が繰り出したようだ。

 しかし、慌てたのが安徽省政府の当局者で、4日午前7時48分、「黄山公園へ入園者数が1日2万人の上限に達した。もはやこれ以上の観光客は受け入れない」との異例の発表を行わなければならなかった。

関連記事

トピックス

南野陽子が『ザ・ベストテン』の思い出を振り返る
南野陽子が振り返る伝説の音楽番組『ザ・ベストテン』の思い出 「アットホームな雰囲気だけど背筋が伸びる」
週刊ポスト
今いくよ・くるよのコンビは上方漫才大賞の大賞をはじめ、いくつもの賞を受賞し、“女性漫才師のパイオニア”として活躍した。(時事通信フォト)
《時代を敏感に感じ取ってきた女性芸人たち》日常的だった「容姿いじり」からの脱却、変化するその環境や意識
女性セブン
《溢れる動物愛》三浦百恵さん、飼い始めて10年以上の“巨大ガメ”が産卵 2匹のトイプードルの毎日の散歩は三浦友和とともに
《溢れる動物愛》三浦百恵さん、飼い始めて10年以上の“巨大ガメ”が産卵 2匹のトイプードルの毎日の散歩は三浦友和とともに
女性セブン
田村瑠奈被告
【テキーラに浮かぶ眼球】ススキノ事件・瑠奈被告(30)が愛した「怪談バー」 ずっしりと重い“人の生首”も 逮捕直前、夫婦が行きつけの店で交わした会話
NEWSポストセブン
ハーゲンダッツ ジャパンの新商品発表会に登壇した小松菜奈
【8.5頭身の圧巻スタイル】小松菜奈「紫色のスレンダーボディ」「出会った人すべてが恋に落ちる」どうしようもない魅力
女性セブン
問題視されたポスター(現在は撤去済み)
《風営法違反で警告》選挙ポスター掲示板「女性専用風俗店」の運営者が罪に問われる可能性 弁護士が指摘
NEWSポストセブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【オシャレ最上級者】杉咲花と交際中の若葉竜也「2500円の私服Tシャツ」の意味深ロゴ「アンメット」にかけていたのか
NEWSポストセブン
河合悠祐候補と、ほぼ裸ポスターのモデルとなった桜井MIU
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》女性モデル“みだら写真”の迷惑防止条例違反と公職選挙法、憲法の関係は 弁護士が解説
NEWSポストセブン
宮沢りえ
《テカテカでも好感度大》宮沢りえ、松嶋菜々子…“アラフィフらしい姿”が支持される理由 「若さ」よりも重視される「自然体かどうか」
NEWSポストセブン
櫻井翔が母校のために作詞
《会場は感動の嵐》櫻井翔、母校・慶應幼稚舎150周年のために「リリック」を書き上げる、記念式典では児童全員が合唱
女性セブン
キムタクは目下、無実の罪を背負った脱獄犯役を熱演中。Koki,も毎週、手に汗握って見守る
【原作は韓国の人気ウェブ漫画】Koki,が主演映画を撮影中「外見にコンプレックスを持つ女子高生がメイクで女神に変身する」難役に挑戦
女性セブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン