ライフ

「昔はよかった」というフレーズが危ない理由と回避方法

元捜査一課刑事という異色の経歴を持つ佐々木成三氏

 元捜査一課刑事で“落としのプロ”と呼ばれた佐々木成三氏が上梓した『優位に立てる「刑事力」コミュニケーション20の術』が話題になっている。そんな佐々木氏が。『サイコパス』『空気を読む脳』などベストセラーを連発する脳科学者・中野信子氏との対談で、「共感する力」と、その能力を鍛えることについて語りあった。

中野:相手の立場に立って話を進めていく能力は、ビジネスの現場で相手との距離を縮めたり、家族関係を良好に保つのに非常に役に立ちます。ただし、その能力は人間が先天的に備えているものではなく、養うにはトレーニングが必要です。人生の早い時期にお手本となる人に出会わないと、なかなか学ぶことができません。

佐々木:刑事としての経験から、とくに年齢を重ねるほど自分本位になったり、意固地になってしまう人が多いような気がしますね。

中野:そういう側面もあるでしょうね。「共感する力」を司る脳の前頭前野は、高齢になると萎縮していきます。

 しかし、萎縮の進行は人それぞれなんです。急激に進む人と、いつまでも若々しい人がいる。その差は、他者とのコミュニケーションを積極的にとっているか、いろいろなニュースやイベントに好奇心をもって接しているかなどに左右されるようです。

佐々木:中野先生はご著書『人は、なぜ他人を許せないのか?』(アスコム刊)の中で、「昔はよかった」というフレーズが危ないと仰っていますね?

関連キーワード

関連記事

トピックス

アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
バックヤードツアーで貴賓室が公開される予定の東武浅草駅(写真:小川裕夫)
鉄道駅に設置されてきた貴賓室 記録されぬまま廃止になるケースも
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン