• TOP
  • 芸能
  • 今見たい名作連ドラ、月9代名詞『東京ラブストーリー』の魅力

芸能

2020.04.23 16:00  女性セブン

今見たい名作連ドラ、月9代名詞『東京ラブストーリー』の魅力

ドラマ『東京ラブストーリー』は放送当時も大きな話題に

 新型コロナの影響で、楽しみにしていた新ドラマの放送も延期となり、悶々とする日々──。そんなあなたの心を満たすため、放送作家の山田美保子さんが「昔といまを見比べる」をテーマに過去の名作ドラマをセレクト。今回はいわゆる“月9”の名作『東京ラブストーリー』を紹介します。

【『東京ラブストーリー』】
・フジテレビ 1991年1月~
・出演:鈴木保奈美・織田裕二・有森也実・江口洋介 ほか
・主題歌:『ラブ・ストーリーは突然に』小田和正
・脚本:坂元裕二
・あらすじ:永尾完治(織田裕二)と三上健一(江口洋介)、関口さとみ(有森也実)は高校時代の同級生。愛媛から上京して東京でサラリーマンとなった完治は、ずっとさとみに想いを寄せていたが、さとみの気持ちは三上へ向いていく。そんなとき帰国子女で自由奔放な赤名リカ(鈴木保奈美)から「ねぇ、セックスしよう!」と誘われ…。以下、山田さんの解説だ。

 * * *
「月9」の代名詞であり、『すてきな片想い』『101回目のプロポーズ』と共に「フジテレビ純愛三部作」の1本。なかでも「東ラブ」は、ある時代、「好きなドラマランキング」でダントツ1位を独走していたものです。

 確か、原作が掲載されていた『ビッグコミックスピリッツ』でのお仕事だったと記憶していますが、プロデューサーの大多亮さんにインタビューさせていただきました。鮮明に覚えているのは、「原作とは異なり、リカ(鈴木保奈美サン・53才)を中心に描くこと」と「主人公が豪華なマンションに住んでいたり、仲間内でオシャレな店に集ったり…というのをしない」と、大多さんが“脱トレンディードラマ構想”を話してくださったことでした。

 その演出は功を奏したし、脚本は若かりし頃の坂元裕二さん。原作モノではありますが、坂元さんが綴るせりふの一つひとつの多くが心に染みたものです。

 それにしても、当時の“女子”は、なぜあんなに有森也実サン(52才)を…いや、関口さとみを嫌っていたのでしょうね。そう、「おでん女」です。カンチはなぜ振り払ってリカの元へ飛んで行ってくれなかったのか! リカが何時間も待っていたのが、私の小学校時代からの通学路にあった『渋谷パンテオン』=映画館が入った東急文化会館だったことも、切ない気持ちに拍車がかかりました。もう、この話になると止まりません!(苦笑)

 その後、有森サンは、『赤い運命』(TBS系)の秋野暢子サン(63才)や、内館(牧子さん)ドラマの松下由樹サン(51才)のように、ドラマと現実がゴッチャになった(私のような)人たちに嫌われ続けました。女優さんも因果な商売ですね。

 そしていま、カンチとリカ、いやいや、織田裕二サン(52才)と鈴木保奈美サンは『SUITS/スーツ season2』(フジテレビ系)で共演されています。カンチと「甲斐正午」は別ものだけれど、リカはキャリアウーマンになって「幸村チカ」になっていそうな。あくまで私の願望ですけれど。

◆構成/山田美保子
『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)などを手がける放送作家。コメンテーターとして『ドデスカ!』(メ~テレ)、『アップ!』(同)、『バイキング』(フジテレビ系)、『サンデージャポン』(TBS系)に出演中。CM各賞の審査員も務める。

※女性セブン2020年5月7・14日号

関連記事

トピックス