• TOP
  • 芸能
  • 奇跡の美魔女・岩本和子、“熱海事件”と芸能活動再起を語る

芸能

2020.04.29 16:00  週刊ポスト

奇跡の美魔女・岩本和子、“熱海事件”と芸能活動再起を語る

岩本和子が「熱海事件」を語る

 2019年5月、「国民的美魔女コンテスト」ファイナリストのグラドル・岩本和子(44)は、熱海駅で当時交際中の男性をカッターナイフで切り付ける刃傷事件を起こした。知名度がうなぎ登りだった絶頂期の犯行、そして妊娠・中絶の事実が発覚したことでワイドショーを騒がせ、彼女はグラビア界から姿を消した。

 それから1年──不起訴処分となった彼女は入院療養を経て社会生活に復帰し、芸能活動再開の足がかりとなる写真集の撮影を極秘に終えていた。本誌・週刊ポストは、“空白の1年”について180分におよぶ独占インタビューを行なった。

 * * *
 1年前、私は熱海駅で交際していた男性をカッターナイフで傷つける事件を起こしました。あの日、彼が「関わりたくない」「会いたくない」と頑なでしたので、「堕胎手術の同意書にサインをしてほしい」と連絡し、熱海に来てもらいました。

 本当はすでに手術後でした。嘘をついて申し訳なかったと思いますが、この世から消えた娘と、その子を失った私に「ごめん」と一言謝ってほしかったのです。でも、彼はまた、あの表情をして逃げました。

 以前、彼の自宅の近くで話し合いをした際に偶然、奥さんに声をかけられたんです。その時彼は、「面倒くさい」と露骨に嫌な顔をして逃げました。その時と全く同じ無責任な表情をした彼を、私は許せませんでした。その一瞬、自分の人生がどうなってもいいと思ったのです。私が覚えているのは、そこまでです。

 パトカーで連行された警察署で、取り調べを受ける時、私の意識は朦朧としていました。あの頃、私は彼が既婚者と分かり、「堕ろせ」と言われ続けたことで現実が辛くなり、睡眠薬を飲んでいました。

 事件前日に手術を終え、映画の舞台挨拶に立った夜も眠れず10錠ほど服用したせいで、あの日は夢と現実を行き来するような状態でした。今なら薬に頼らず、もっと冷静に対応できたのに……と思いますが、当時は追い詰められていて余裕がありませんでした。

関連記事

トピックス