• TOP
  • ライフ
  • 知られざる希少な日本酒も、酒造から届けるサブスクサービス

ライフ

2020.04.30 16:00  女性セブン

知られざる希少な日本酒も、酒造から届けるサブスクサービス

 さまざまな分野でに広がっている定額制のサブスクリプションサービス。全国に緊急事態宣言が発令され、家にいる時間が増えているなか、こだわりのパン、お菓子、アイスなどの「自宅に届くサブスク」に注目が集まってる。そしてサブスクは食べ物だけではなく、“飲み物”でも展開されている。そのなかから“日本茶”と“日本酒”のサブスクを紹介する。

◆日本初「観て飲む」お茶の定期便

4gの茶葉で三煎まで味わえる

TOKYO TEA JOURNAL(煎茶堂東京)
料金:800円
頻度:月1回
期間:自動更新〈スキップ可〉
※「スキップ」とは、配達不要時にその回を「お休み」できるシステム。(以下同)

 シングルオリジン煎茶専門店『煎茶堂東京』のお届けサービス。2種類の一番茶4gと、おすすめのレシピや生産者のこだわり、コラムなどが掲載された情報誌がポストに届く。

 ブレンド茶が国内煎茶生産量の多くを占めるなか、ごくわずかしか収穫されない単一農園・単一品種のシングルオリジン茶は個性が際立つ味わいで、香りの違いも明確だ。現在24の茶農家が参加。5月6日まで1か月無料キャンペーンを実施中。

◆店頭に並ばない希少な日本酒に出合える

お酒は1本720ml。おつまみは1品のみ。初回限定の冊子もある

プロ厳選の日本酒の定期便(saketaku)

料金:4378円~
頻度:毎月または隔月、1本~
期間:自動更新〈スキップ可〉のほか、12か月プランも

 全国には1万5000種類の日本酒があるが、気軽に入手できるのは1%以下。全国には知られていない極上の日本酒がまだまだ存在する。その点に着目し、取り組みに参加する53の酒蔵(4月現在)から希少な酒を届けるサービスだ。地域ごとの傾向を把握した日本酒ソムリエが季節や風土を吟味し、毎回1蔵を厳選。春から夏にかけてのこの時季は、爽やかな飲み口のお酒が選ばれることが多いという。

 また、お酒を最大限に楽しむために日本酒の鑑定書(テイスティングシート)や造り手の熱が伝わる日本酒の情報誌、日本酒にぴったり合うつまみ、ぐい飲みグラス1個(2回目に送られる継続特典)などが同封される。

 家飲みが増えているいま、本数(1本or2本)と頻度(毎月or隔月)を選択して始めてみては。

※本特集の商品価格は税金、送料込みです。

※女性セブン2020年5月7・14日号

関連記事

トピックス