• TOP
  • ライフ
  • 巣ごもり化によるホットケーキ需要激増について感じたこと

ライフ

2020.05.10 16:00  NEWSポストセブン

巣ごもり化によるホットケーキ需要激増について感じたこと

親子で作るのに格好だったのが品切れの要因か(写真:アフロ)

 未曾有の事態だけに学ぶべきことは多い。食品、流通に関しても然り。食文化に詳しい編集・ライターの松浦達也氏が指摘する。

 * * *
 新型コロナ禍では、インスタント麺やパスタなどの小麦粉を使った食品が売れに売れた。震災時のように電力に不安があるわけでもないのに、そのまま食べられるパンや菓子類が売れるのは、人間心理の不思議なところだが、震災のときと明確に違う棚もある。

 今回は小麦粉食品だけでなく、小麦粉自体も品薄だし、ホットケーキミックスのような「混ぜるだけ」で済む菓子材料まで品切れになった。その副材料のひとつである、製菓用のベーキングパウダー(ふくらし粉)まで品切れとなっている。

 日経POS情報の「売れ筋情報ランキング」における「ケーキ・パン材料」のランキングも異例の並びとなっている。例えば半年前の2019年10月の月次ランキングはこう。

【1】日清F スーパーカメリヤ ドライイースト 50g
【2】森永 クックゼラチン 5g×6
【3】森永 クックゼラチン お徳用 5g×13
【4】共立 ホームメイド 製菓用アーモンドプードル 70g
【5】日清F スーパーカメリヤ ドライイースト 3g×10
【6】共立 ホームメードケーキ バニラエッセンス 28ml
【7】朝日 粉かんてん 40g
【8】日清F ベーキングパウダー 4g×8
【9】マルハニチロ ゼライス ゼラチンパウダー 13袋 65g
【10】伊那 かんてんぱぱ かんてんクック 粉末 4g×4

 上位に製パン用のドライイースト、ゼリーを作るためのゼラチンや寒天、焼き菓子用のアーモンドプードルあたりが並んでいる。ベーキングパウダーは8位に1ブランドが入っているのみ。ところが新型コロナ化による巣ごもり化が進んだことで半年後、4月の月次ランキングはこうなった。

【1】森永 クックゼラチン 5g×6
【2】日清F スーパーカメリヤ ドライイースト 50g
【3】森永 クックゼラチン お徳用 5g×13
【4】共立 ホームメイド 製菓用アーモンドプードル 70g
【5】大宮糧食 アイコク ベーキングパウダー 缶100g
【6】共立 ホームメードケーキ バニラエッセンス 28ml
【7】日清F スーパーカメリヤ ドライイースト 3g×10
【8】共立 ベーキングパウダー アルミフリー 30g
【9】マルハニチロ ゼライス ゼラチンパウダー 13袋 65g
【10】日清F ベーキングパウダー 4g×8

 なんと5位、8位10位とベスト10にベーキングパウダーが3種類ランクインしている。3月から巣ごもり化が進み、店頭からホットケーキミックスが消えた。ならば、ミックス粉を使わず、イチから作ろうという需要が高まった。結果、3ブランドのベーキングパウダーが10傑にランクインするという前代未聞のランキングとなった。

関連記事

トピックス