芸能

愛の不時着&パラサイトのヒット 韓国が20年種をまいた成果

北朝鮮の描写も多いだけに辛辣なシーンもある(Netflixオリジナルシリーズ『愛の不時着』独占配信中)

 Netflixで今年2月から配信されている韓国ドラマ『愛の不時着』が大人気となっている。

 パラグライダーの事故で北朝鮮に不時着したソウルの財閥令嬢ユン・セリ(ソン・イェジン、38才)と、北朝鮮の将校リ・ジョンヒョク(ヒョンビン、37才)との恋を描く同作。韓国では2019年12月から今年2月まで放送され、ケーブル放送「tvN」で歴代1位の最高視聴率21.7%をマークした。

 日本でも異例の売り上げとなった小説『82年生まれ、キム・ジヨン』や、米アカデミー作品賞を獲得した映画『パラサイト』といった作品を立て続けにヒットさせている韓国から、新たな大ヒット作だ。

◆『パラサイト』と『愛の不時着』が同時期に生まれた必然

「韓国の観客、映画ファンに感謝したい。彼らは躊躇せず率直な意見をくれる。それに不平を言うことはできない。彼らが監督や製作者たちをここまで押し上げてくれた。それがなければ韓国映画はここまでにならなかった」

 今年のアカデミー賞作品賞に輝いた映画『パラサイト』の授賞式で、配給先のCJグループの副会長イ・ミギョン氏はこうスピーチした。

 この『パラサイト』に投資をしたCJグループこそ、『愛の不時着』を制作したケーブル局tvNを傘下に持つ企業だ。実は『愛の不時着』の成功にはもう1つの隠されたストーリーがある。デジタルメディアウオッチャーの大原通郎さんが言う。

「1997年の通貨危機を経験した韓国は、その最中に大統領に就任した金大中さんによって、国策として韓国コンテンツ(K-POPやKドラマ)の輸出を進めました。その原動力となったのが、ハリウッドなどアメリカのメディア企業で働いていた韓国人の祖国への呼び寄せです。こうしたコンテンツ重視の国策の後押しで、CJグループのような財閥が映像制作会社を作って、コンテンツに豊富な資金を投入してきたのです」

 その過程で日本に韓国ドラマブームが生まれた。2003年に『冬のソナタ』が第一次ブームを巻き起こしたのに続き、2010年からは『美男ですね』『花より男子』などで若手俳優やアイドルが第二次ブームをけん引。2017年には『トッケビ』を筆頭に第三次ブームが発生した。

関連記事

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン