BTS一覧

【BTS】に関するニュースを集めたページです。

【動画】BTS活動休止宣言で事務所の株価暴落 その後訂正された背景
【動画】BTS活動休止宣言で事務所の株価暴落 その後訂正された背景
 活動休止宣言が報じられたBTS。報道の翌日、BTSが所属する「HYBE」の株価が27%も暴落しました。6月14日夜、公式YouTubeチャンネルにて今後、7人がソロ活動に専念していくと語ったメンバー。 SUGAの「ぼくたちはオフの期間に入る」という発言が、英語で「これから休止期間に入るでしょう」と翻訳されたことから、活動休止と報じられてしまいました。その後、メディアに対して訂正を出した「HYBE」。 韓国のテレビ局関係者は「彼ら自身がHYBEの大株主でもある。なんとかしなくてはという思いがあったはずです」と明かしています。
2022.06.26 07:00
NEWSポストセブン
米ホワイトハウスで記者団の取材を受ける韓国の人気男性音楽グループ「BTS」(AFP=時事)
BTS活動休止騒動の背景に兵役問題 メンバーが避けたかった「国との関係悪化」
 2年連続でグラミー賞にノミネートされ、YouTubeの登録者数は6830万人──世界を股にかけて活躍するBTSが広げた波紋はますます広がっている。6月14日、公式YouTubeチャンネルで、今後しばらく7人がソロ活動に専念していくと涙ながらに語ると、メディアは一斉に“活動休止”だと報道。その後、所属事務所の「HYBE」は、メンバーはソロプロジェクトに集中するだけで、活動休止ではないと訂正した。 ファンを嘆かせたのは、活動休止という“誤報”以上に、彼らが漏らした「疲れた」という本音だった。「彼らの気持ちは痛いほどわかります」と話すのは、韓国の芸能関係者だ。「世界中を移動しながら活動していることもあって、スケジュールがとにかくタイトです。それがたたってここ数か月は、メンバーらの現場入りが遅れることもあった。それに休んだり遊んだりする時間がないので、会話の相手はメンバーのみ。仲は相変わらずいいですが、とにかく外部との接触が極端に少なく、息が詰まる思いをしていたようです」 14日の動画でも、RMはK-POPアイドルという在り方に疑問を呈していた。「『韓国のアイドルというシステムは人間を成熟させない』と言ったのです。これに活動を通じて彼らの成長を見守ってきたつもりだったファンは、言葉を失いました」(前出・韓国の芸能関係者) 率直な告白が続いたが、1時間に及んだこの日の動画では明かされなかった事実もあった。それは、韓国に生まれ育った男性にとって避けては通れない兵役についてだ。 韓国では18才から28才までの健康な男性には、約20か月に及ぶ兵役の義務が課せられている。BTSではJIN(29才)が最年長ですでに28才を超えているが、まだその義務は果たしていない。それは、2020年に“BTS法”と呼ばれる法律が成立し、期限を2年間延長しているからだ。JINは今年12月に30才の誕生日を迎える。延ばしたはずのデッドラインはすぐそこまで迫っているのだ。「この2年のうちにグラミー賞を受賞できれば、『世界で活躍するため』という大義名分のもと、兵役を免除される可能性がありました」(前出・韓国の芸能関係者) しかし、グラミー賞には2年連続でノミネートされたものの、受賞には至らなかった。「国の仕組みのために活動を休止すると発表したら、世界中のファンは韓国政府や韓国という国そのものを批判するでしょう。ソロとして活動していく以上、メンバーは国との関係を悪化させたくなかったのです」(前出・韓国の芸能関係者) 何はともあれ、活動休止は避けられた。ソロ活動に集中した後は、いままで以上の輝きを見せてくれるに違いない。※女性セブン2022年7月7・14日号
2022.06.24 07:00
女性セブン
(写真/GettyImages)
BTSやTWICEだけじゃない!押さえておきたい次世代K-POPアーティスト10組
 世界で大流行中のK-POP。BTSやTWICEのほかにも、若者の間では“K-POP第4世代”と呼ばれる、2000年代生まれのメンバーで構成されたグループの勢いがすごい! と話題です。押さえておきたいグループを紹介します。【教えてくれたのは……】スクールゾーン  橋本稜さん/K-POPや韓国ドラマなど韓国エンタメに詳しく、公式YouTubeチャンネルでは韓国に関する動画を公開中。特に好きなアーティストはダビチ(DAVICHI)。●LE SSERAFIM(ル セラフィム) 2022年にデビューした6人組。元HKT48かつ元IZ*ONEのメンバー・サクラ(宮脇咲良)や元バレリーナのカズハの日本人2人と韓国人4人のグループ。「TikTokで事務所の先輩たちを巻き込んでデビュー曲のダンスを踊り、話題に。そういったバズらせ方がうまいのも、K-POPの特徴です」(橋本さん)●SEVENTEEN(セブンティーン) 2015年に韓国で、2018年には日本でもデビュー。13人組という大所帯で、ボーカル、ヒップホップ、パフォーマンスの3チームで構成される。「楽曲制作や振り付け、バラエティー番組の企画までメンバー自らプロデュースしているところが大好き。以前、仕事でご一緒したときに、視野の広さに驚きました。推しはジュン。ビジュアルと内面のギャップが好きです」(橋本さん)●aespa(エスパ) 2020年にデビューした4人組。メタバースの世界観を持ち、メンバーそれぞれのアバターがMVなどに登場する。「全員がギャルっぽく、かっこいいパフォーマンスが魅力。一方で頻繁にエゴサーチしていることを公言するなど、親しみやすい部分も(笑い)。音楽番組の収録では、彼女たちを撮るカメラマンまでノリノリで踊りながら撮影するそうです」(橋本さん)●NMIXX(エンミックス) 2022年にデビューした7人組。全員が美しいビジュアルの持ち主であることも話題に。特にメンバーのソリュンは「TWICEのサナとツウィを足して2で割った感じ」「美しすぎる」とファンの間でも評判になるほど。●ITZY(イッチ) 2019年に韓国で、2021年に日本でデビューした5人組。NiziUやTWICEと同じ事務所に所属しておりNiziUのメンバーを決めた『Nizi Project』では審査の課題曲に彼女たちの曲が使用された。「私は私」「他人の目は気にしないで」というメッセージ性のある歌詞に励まされるファンも多い。●IVE(アイヴ) 2021年にデビューした6人組。日本人メンバー・レイや元IZ*ONEのウォニョン、ユジンが所属する。8月には日本に初来日予定。「最近、ぼくのSNSのおすすめ欄によくウォニョンちゃんが出てくるので気になっています。アイドルになるために生まれてきたようなビジュアルが印象的!」(橋本さん)●Kep1er(ケプラー) オーディション番組『Girls Planet 999』で選ばれた9人組。2022年にデビュー。韓国、中国、日本出身のメンバーで構成される。「日本人メンバーのヒカル(江崎ひかる)は、まだ18才なのに完成されたパフォーマンス力で圧倒されます」(橋本さん)●TOMORROW X TOGETHER(トゥモロー バイ トゥギャザー) 2019年に韓国で、2020年に日本でデビューした5人組。BTSと同じ事務所に所属し、BTS以来6年ぶりのアイドルグループが誕生した。楽曲のファンタジーな世界観や、全員が歌、ダンス、ラップすべてのスキルに長けていることが人気の理由。●Stray Kids(ストレイキッズ) オーディション番組『Stray Kids』で結成された8人組。2018年に韓国で、2020年に日本でデビュー。肉食系でタフな雰囲気の楽曲が持ち味。●NCT 127(エヌシーティー127) 2016年にデビュー。NCTという大人数のアイドルグループ内の派生ユニットの1つで、ほかにもNCT DREAM、NCT U、WayVというユニットが存在する。「NCTについては規模が大きすぎて、ぼくも全貌を把握できていません(笑い)。でも127とDREAMに注目しているという声が、周囲では多いかな」(橋本さん) 橋本さんはK-POPの魅力について、こう語る。「耳に残りやすいメロディーや『○○ダンス』と名付けられた印象的な振り付けがクセになるK-POP。MVのクオリティーも高く、映像を見て考察するのも楽しいです。もっと詳しくなりたいかたはNetflixで見ることができる『知ってるお兄さん』というバラエティー番組がおすすめ。ゲストに来たK-POPアーティストたちの素顔を見ることができて、ますます親しみがわくと思います!」※女性セブン2022年6月30日号
2022.06.17 19:00
女性セブン
活動休止を発表し、世界中を驚かせた(AFP=時事)
BTSが活動休止発表 メンバーが語った「K-POPやアイドルのシステムの問題点」の意味とは?
 臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になったニュースや著名人をピックアップ。心理士の視点から、今起きている出来事の背景や人々の心理状態を分析する。今回は、BTS(防弾少年団)の活動停止発表で表出したK-POPアイドルというシステムの限界について。 * * * それは突然の活動休止の発表だった。このままいけば韓国の徴兵制度により、今年の年末までにはグループでの活動を休止せざるを得なくなると思われていた。だが彼らが見せたのは、”K-POPやアイドルのシステム”に対する苦悩だった。 14日、K-POPの超人気グループBTSがグループでの活動を休止し、しばらくソロ活動に専念すると公式YouTubeチャンネル「BANGTANTV」で発表した。10日には9年間の集大成であり、デビュー曲から最新曲まで数多くの楽曲が収録されたアンソロジーアルバム『Proof』を発売したばかりだった。メンバーらはこのアルバムを、BTSの活動の一区切りとしたようだ。 彼らの口から語られた活動休止の理由は、これまでメディアや世論で議論されていた兵役問題だけではなかった。だからこそこのタイミングでの発表だったのだろう。本質的な問題は、多忙すぎる日々や成長する時間がないことだった。メンバーのRMが語った「K-POPやアイドルのシステムの問題点」という言葉は衝撃的だ。システムという言葉が、彼らが今、置かれている状況を明確に言い表している。 K-POPやアイドルはシステムなのだ。一旦システムに組み込まれれば、彼らはそのシステムの中で育てられ、成長していかなければならない。システムには枠組みや道筋がある。自分たちの自由になる範囲は限られてくる。「システムの問題点は成長するための時間を与えないことだ」とRMは語り、ジミンは「自分たちのアイデンティティーを見つけようとしている」と話した。SUGAは「今は何を伝えばよいのか分からない」という。彼らはそのシステムを良しとせず、今のまま続けるのは無理だと感じていたのだろう。疲れたから休むという曖昧なメッセージではなく、抱えている問題についてはっきり語った彼らを見ると、”意思を持ったアイドル”と呼ばれる意味がよくわかる。 グループの活動休止は、ありえないことではなかった。BTSの最年長メンバーJINの兵役問題を皮切りに、ここ数年メンバーの徴兵による活動休止が話題になっていた。韓国では満28歳までに男性は兵役に就かなければならない。しかし通称「BTS法」と呼ばれる2021年6月に施行された改正兵役法により、28歳だったJINは、大衆文化芸術分野優秀者として入隊が2年延期されていた。1992年生まれの彼は来年初めには入隊しなければならず、それまでに兵役免除ができるよう法律が改正されなければ、BTSは活動休止を余議なくされるのはわかっていた。 それでも活動休止発表の影響で15日に、所属事務所HYBEの株価は韓国取引所の前日終値比で一時27%下落、これまでにないほど値を下げた。韓国の株式市場からすれば、この発表は「ブラックスワン理論」みたいなものだったのだろうか。あり得ない、起こらないと勝手に想定していたことが急に発生すると、慌てふためき、社会や市場に大きな衝撃を与えるという理論だ。JINの兵役までの時間的猶予と、もしかすると韓国政府が兵役免除に動くのではという淡い期待が、ファンや投資家、市場にあったのかもしれない。 それもそうだろう。韓国では、「BTSコンサートの経済効果分析」という資料が出され、コンサートでの経済波及効果は1回あたりで日本円にして約1035億円とも約1250億円になるとも試算されている、年10回公演をすればアルバムやコンテンツ配信を合わせ1兆5000億円にもなるというから、活動休止による経済的損失は大きい。BTSはK-POPやアイドルのシステムだけでなく、経済のシステムに影響を与えるような存在でもある。 それにBTSはある意味、今の韓国を代表する顔だ。就任したばかりの尹錫悦大統領のことはわからなくても、BTSは知っているという若者は世界中に沢山いる。昨年9月には国連でスピーチを行い、6月には、ホワイトハウスでバイデン米大統領と面会し、アジア系住民へのヘイトクライムの撲滅について意見交換し、その様子は世界中に配信された。 こう書いていると、彼らに求められているものがアーティストとしての音楽性や優れたパフォーマンスだけでないと改めて認識される。にもかかわらず私自身、彼らをシステムの中で見ていたのだ。このままアイドルのシステムに乗っかって進むより、自分たちを見つめ直し、成長するためのソロ活動に専念するという彼らが、再びグル―プとして集まった時、メンバーのテヒョンが言う「シナジー効果が出ると思う」と私も信じている。
2022.06.17 16:00
NEWSポストセブン
新井恵理那
BTSと新井恵理那も気を配る「芸能人とメンタルヘルス」シビアな現実
 華やかで、いつの時代も大衆の憧れの的であり続ける芸能・エンターテインメント界。しかし、常に誰かの目にさらされて、重圧やストレスの過多と、そこにしかないシビアな現実も存在する。 今、世界で最も注目されているスターグループBTSについては、所属事務所HYBEがデビュー前からメンタルヘルスケアの教育を施してきていたことが、母国韓国で話題になっている。 K-POPに詳しいある音楽誌編集者は「SNSを駆使して人気を獲得していったBTSは、練習生時代からネットリテラシーやSNSとの付き合い方などを含めた教育を受けていた」と話す。 2019年には元KARAのク・ハラさんの悲劇など、以前から日本以上にメンタルが原因となった事件や事故が多い韓国芸能界だけに、そのトップグループの対策は、ひと際注目を浴びているという。 それでもうつ病経験のあるメンバーのSUGA(29才)は、心理カウンセラーの資格を取る目標も掲げていて「影響力のあるアーティストや芸能人が、メンタルヘルスの問題について、もっとオープンに話し合うべきではないか」と提唱した。『Dynamaite』が世界的大ヒットを飛ばした2020年には、JIN(29才)も「実際は僕よりも音楽を愛していて、上手な方々もたくさんいるのに、僕がこんな喜びと祝福を受けてもいいのかと心が苦しくなって、何もかも辞めてしまいたくなった」と、頂の上に立つからこその苦悩を明かしたこともあった。 だからこそか。「BTSは、2019年と今年初めに1か月の長期休暇を取るなど、心身のケアに細心の気を配っています」(前出・音楽誌編集者) 一方、日本でもメンタルヘルスの意識は高まってきている。毎週月曜から金曜まで朝の情報番組『グッド!モーニング』(テレビ朝日系、午前4時55分)の総合司会を務めながら、ほかにも数々のバラエティー番組のレギュラーを持ち、ここ数年は『TV番組出演本数ランキング』女性部門1位など上位の常連。日本屈指の忙しい女子アナウンサー新井恵理那(32才)も、4月末のラジオ番組で「メンターに相談して、どうやって気持ちを高く強く持ち続けることができるか修行しているんですよ」と告白。毎朝、元気な笑顔を届けている新井アナも、裏では「心理学を学んでいる感じもあって、そういうノウハウを学べることがいいと思っているんです」と、自分で対策を立てていた。 ある芸能関係者は「韓国エンタメ界では、昔からスポーツ選手でも芸能人でも悲しい出来事がしょっちゅう起きていて『劣悪な環境なのかな』と、他人事に捉えていました。ところが、日本でも近年は悲劇が続いています。所属事務所とタレントのトラブルも増えてきた。もう『コロナうつ』で片付ける問題では無くなっていて、我々も第三者のメンタルヘルス講師をタレントたちに会わせ始めました」と明かした。 一昨年には、三浦春馬さん、芦名星さん、竹内結子さんらが、昨年末には神田沙也加さん、そして渡辺裕之さんに上島竜兵さん──もはや個人任せにせずに、“心の逃げ場”の常設が当たり前の時代に入ってきている。 前出の芸能関係者は「米国では、5月は『メンタルヘルスケア意識向上月間』とのことで、メジャーリーグの大谷翔平選手もユニホームの胸に賛同する緑のリボンをつけて試合をしていました。日本の芸能界でも、もっと意識の向上を図っていきたい」と語った。 真剣に議論や対策を進める時期に入ってきている。
2022.05.20 16:00
NEWSポストセブン
【動画】ガーシーのBTSに会わせる詐欺 被害者が明かす「巧妙手口」
【動画】ガーシーのBTSに会わせる詐欺 被害者が明かす「巧妙手口」
 「BTSに会える」などと、若い女性に声をかけ多額の金銭を振り込ませていたガーシーこと東谷義和氏。 被害女性がその手口を明かしました。 人気俳優や人気ミュージシャンと頻繁に飲み歩き、彼らを女性たちに紹介していたという東谷氏。 まずは、顔が広いことをアピールして女性たちの信用を得ていたそうです。 被害者のA子さんは「関西弁でまくし立てる口調で、“お前だけにええ話があるんや。BTSに会いたないか? オレがBTSに会わせたるで”と声をかけてきたんです」と明かしています。【↑ 上の写真クリックで動画へ】
2022.04.28 16:00
NEWSポストセブン
真剣佑
新田真剣佑、“暴露男”東谷氏による騒動に「皆さんを悲しませるようなことはしていません」
 速射砲のような関西弁で、芸能人がテレビで見せない“裏の顔”を次々に暴露するYouTuber・東谷義和氏(50才)による騒動が収まる様子がない。4月28日発売の『女性セブン』が新たな動きを報じている。 「貸付金の6000万円がすべてギャンブルに使われたことを初めて知って、愕然としました。東谷氏は借りるときは頭を下げて、『アパレル事業で運用します』『必ず返します』と約束したのに…。いまになってそのお金を『脱税した金だ』、『マネーロンダリングのために預かった』と言い出していますが、あのお金は当時の事務所が真剣佑に貸したもので、事務処理もきちんとしています。彼の言うことは支離滅裂です」  こう語るのは新田真剣佑(25才)が所属する芸能事務所「エム・アンド・リーヴス」代表の村上和義氏だ。  芸能界の“暴露男”こと東谷氏が《【緊急生配信】女性セブンに掲載された記事について話します》と題した動画をアップしたのは4月20日夜のこと。『女性セブン』2022年5月5日号(4月21日発売)は、東谷氏が真剣佑ら芸能人から計1億円以上を借りたまま行方をくらまし、「韓国の人気グループBTSに会わせるからお金を払え」という詐欺で大勢の若い女性から金を騙し集めていた実態を報じた。 「ぼくはご存じの通り、真剣佑とはかなり親しい間柄でした。その中で彼にステマや事務所にも仕事を振ったりしながら彼の私腹を肥やしました」  神妙な面持ちでこう切り出した東谷氏は、真剣佑から大金を借りた経緯を次のように説明した。 「資産運用のお金として、6000万円を預かりました。お金の使いどころ、これがいちばん気になるところだと思うんですが、正直に言います。いわゆる違法賭博、イカサマにはめられてすべて失いました」  唐突な告白に、前出の村上氏は耳を疑ったという。 「返済できない理由として、到底納得がいく説明ではありません。一昨年10月、真剣佑は東谷氏に返済してほしいと話し合いの場を持ちました。東谷氏はそのときに立ち会った真剣佑の顧問を“反社会的勢力”だとして、家族を脅されたなどと言っていますが、その人物は兵庫県警OBで反社なわけがなく、まして東谷氏の家族に会ったこともありません。  真剣佑の父親で、昨年亡くなった千葉真一さんが取り立てに関与しているような話もありましたが、千葉さんは東谷氏の名前すら知らず、東谷氏が指摘する知人Hさんへの借金もありません。  巨額詐欺や、虚偽を多分に含む暴露動画でカネを稼ぐことを正当化するために、論点をすりかえているとしか思えないのです」  東谷氏本人が動画で告白している通り、“イカサマ”の違法賭博などで負けが込み、東谷氏にはおよそ3億円の借金があるという。賭け麻雀だけでなく、日本国内では違法である「カジノ」にも手を出したとも語っている。闇カジノの運営には、暴力団などの犯罪組織が関与しているケースが大半だ。東谷氏は、反社とごく近いところにいたことは否定できないが、自分は「反社じゃない」と言う。 東谷氏に尋ねると、自身が「反社」に当たる可能性について、ツイッターのDM(ダイレクトメッセージ)でこう回答した。 「薬や違法賭博やレイプなど、綾野剛、城田優、新田真剣佑を反社会的勢力とするのであれば、自分も同じだとは思う。前者の括りを逆にお前はどう思うの?」    真剣佑は一連の騒動についてこうコメントした。 「伝えたいことはたくさんありますが、皆さんを悲しませるようなことはしていませんので心配しないでください」   前出の村上社長が続ける。 「レイプ疑惑については本人から徹底して聞き取りました。まったくの事実無根です。顧問が脅した事実もありません。反論するとさらにあることないことを言われ、こちらが傷を負うだけですが、それでも泣き寝入りするわけにはいきません」  4月28日発売の『女性セブン』では、東谷氏が居場所を隠し続ける理由、「BTSに合せる詐欺」で東谷氏が刑事告訴される可能性、さらには反社組織が関わる「闇カジノ」の実態などについて詳報している。
2022.04.28 07:00
NEWSポストセブン
銀の盾を前に配信を行うガーシーこと東谷氏
暴露YouTuber東谷義和氏 違法賭博で借金3億円「俺だけが出頭することはありえない」
 速射砲のような関西弁で、芸能人がテレビで見せない“裏の顔”を次々に暴露する痛快さで人気を博すYouTuber。その真偽はともかく、常習賭博を公言し、詐欺行為さえ開き直る動画で利益を得ることは、「なにをやっても許される」という誤解を、視聴者に広めることにならないか──YouTubeビジネスの暗部を問う。「貸付金の6000万円がすべてギャンブルに使われたことを初めて知って、愕然としました。東谷氏は借りるときは頭を下げて、『アパレル事業で運用します』『必ず返します』と約束したのに……。いまになってそのお金を『脱税した金だ』、『マネーロンダリングのために預かった』と言い出していますが、あのお金は当時の事務所が真剣佑に貸したもので、事務処理もきちんとしています。彼の言うことは支離滅裂です」 こう語るのは新田真剣佑(25才)が所属する芸能事務所「エム・アンド・リーヴス」代表の村上和義氏だ。 芸能界の“暴露男”こと東谷義和氏(50才)が《【緊急生配信】女性セブンに掲載された記事について話します》と題した動画をアップしたのは4月20日夜のこと。『女性セブン』2022年5月5日号(4月21日発売)は、東谷氏が真剣佑ら芸能人から計1億円以上を借りたまま行方をくらまし、「韓国の人気グループBTSに会わせるからお金を払え」という詐欺で大勢の若い女性から金を騙し集めていた実態を報じた。「ぼくはご存じの通り、真剣佑とはかなり親しい間柄でした。その中で彼にステマや事務所にも仕事を振ったりしながら彼の私腹を肥やしました」 神妙な面持ちでこう切り出した東谷氏は、真剣佑から大金を借りた経緯を次のように説明した。「資産運用のお金として、6000万円を預かりました。お金の使いどころ、これがいちばん気になるところだと思うんですが、正直に言います。いわゆる違法賭博、イカサマにはめられてすべて失いました」 唐突な告白に、前出の村上氏は耳を疑ったという。「返済できない理由として、到底納得がいく説明ではありません。一昨年10月、真剣佑は東谷氏に返済してほしいと話し合いの場を持ちました。東谷氏はそのときに立ち会った真剣佑の顧問を“反社会的勢力”だとして、家族を脅されたなどと言っていますが、その人物は兵庫県警OBで反社なわけがなく、まして東谷氏の家族に会ったこともありません。 真剣佑の父親で、昨年亡くなった千葉真一さんが取り立てに関与しているような話もありましたが、千葉さんは東谷氏の名前すら知らず、東谷氏が指摘する知人Hさんへの借金もありません。巨額詐欺や、虚偽を多分に含む暴露動画でカネを稼ぐことを正当化するために、論点をすりかえているとしか思えないのです」 さらに東谷氏は「BTS詐欺」で集めた金も「すべて違法賭博で失った」と打ち明けた。詐欺の事件化は動画ビジネスの命取り〈オレはBTSのメンバーと知り合いだ。オレが関係する会社でグッズを作っている。航空機代とホテル代を払うなら、アメリカや韓国でBTSに会わせてやるからカネを振り込め〉 そんな誘い文句で、20人を超える女性たちから数十万円から100万円以上の大金を詐取していた東谷氏。それを追及した本誌の報道により事態は大きく動き出した。東谷氏が4月21日の動画配信で、被害者に全額弁済することを宣言したのだ。「動画で東谷氏と対談した美容外科医が4000万円の弁済金を肩代わりすると申し出ました。東谷氏のYouTubeの収入から毎月500万円ずつを返すことが条件といい、いまのペースで配信し続ければ、充分返せる額だといいます」(芸能関係者) 登録者数が117万人を突破(4月25日現在)したYouTubeの「東谷義和のガーシーch」は、連日アップされる動画の再生数が軒並み100万回を超える。それらの広告収入や4万人近くいるとされる有料メンバーシップの会費、生配信での“投げ銭”を合わせれば東谷氏は月に3000万円近く稼ぐ計算だ。大手紙社会部記者が語る。「本人いわく収益が振り込まれるのは5月下旬。だから、焦った東谷氏は、慌てて『BTS詐欺』の被害者への弁済を公表したのでしょう。昨年10月、『男性アイドルグループのメンバーに会わせる』と言って複数の女性から数千万円を集めた元タレントの男が愛知県警に詐欺容疑で逮捕される事件がありました。 ファン心理につけ込んで金を振り込ませる手口は、東谷氏のやり方と酷似しています。東谷氏にも詐欺で逮捕状が出ればYouTubeのチャンネルが閉鎖される可能性があります」 実際、「迷惑系YouTuber」として“人気者”だった男性が’2020年7月、窃盗で逮捕されて以降、男性のアカウントは停止。詐欺の事件化は、YouTuberにとって命取りになり得るのだ。 また、YouTubeの広告ガイドラインによると、「炎上を招く、他者を侮辱するコンテンツ」「個人もしくはグループに対する嫌がらせ、威嚇、いじめに当たるコンテンツ」には広告が掲載されないという。詐欺という犯罪行為が指摘される上、有名人への“攻撃”を売りにする「暴露系YouTuber」の東谷氏は、YouTubeから排除されるかもしれないというリスクと常に隣り合わせなのだ。被害に遭った女性の1人が複雑な胸中を明かす。「配信後、東谷氏から直接LINEで謝罪の言葉と、弁護士を経由した返金手続きのやり方についての連絡がありました。ひとまず安心はしましたが、すべてを許す気持ちにはなれません」 たとえ被害額を弁済しても、過去の行いが帳消しになるわけではない。各地で被害者の会が結成されるほど大規模に行われた「BTSに会わせる詐欺」は、1人でも「許せない」という被害者がいれば刑事告訴につながる。「詐欺行為を働いても、海外に逃亡して居場所を隠せば、動画に出演してカネを稼げることが、東谷氏のYouTubeによって証明されています。YouTubeの運営サイドはそれでいいのでしょうか」(前出・芸能関係者) さらに前出の社会部記者はこう明かす。「警察もこれだけ広く被害が出ている詐欺事案は放置できないと考えているようです。なにより、“詐欺をしてもあとで返せばいい”という開き直りが動画によって社会にまかり通れば、類似した犯罪が誘発されると警戒しています」なぜ居場所を隠して逃げ続けるのか 自分がいまどこにいるのかを絶対に明かさない東谷氏だが、4月24日、TikTokのライブ配信中に日本から遠く離れた中東の視聴者ランキングに掲載されるハプニングが起きた。「『絶対バレへん。天才的に(居場所を)カムフラージュしてるから』と取りつくろいながらも配信を中止し、直後にインスタグラムで再開したライブ配信も『疲れた』と言って短時間で終了しました。平静を装っていましたが、明らかに動揺している様子でした」(前出・芸能関係者) 東谷氏はなぜここまで居場所を隠して逃げるのか。借金を肩代わりした医師も気にかけたのが東谷氏の背後関係だ。 医師から「ガーシーさんの後ろに反社の人がいるんじゃないかと思っちゃうんですよね」と言われた東谷氏は、違法賭博で負けたときに「向こうに反社の人がいたかもしれない」としつつ、友人のロンドンブーツ1号2号の田村淳が“反社チェック”をしたことを根拠に自分は「反社じゃないと認定されました」と説明した。 一方で、一晩に数百万円が動く賭け麻雀を行ったと告白したことは衝撃的だった。今年2月の配信で東谷氏はこう明かしている。「六本木のね。名前言ったらたぶんアカンと思うから、まぁバーがあって営業終了後に雀卓が一台あって、そこで麻雀しててんけど(中略)まぁ賭けてる金額がエグいわけですよ。1回負けたら100万200万とぶような麻雀をぼくらはやってたから。負けるときは100万200万平気で負けたし。そんなこんなでずっと賭博行為を続けてて」 負けた額を記載したLINEのやりとりやスコアシートの画像を証拠として提示したこともあった。麻雀賭博の違法性について、レイ法律事務所の河西邦剛弁護士が解説する。「レートの高い賭け麻雀は賭博罪、常習賭博罪にあたる可能性があり、現行犯でなくとも、一定の物証や証言があれば逮捕、起訴につながることがあります」 本人が動画で告白している通り、“イカサマ”の違法賭博などで負けが込み、東谷氏にはおよそ3億円の借金があるという。 賭け麻雀だけでなく、日本国内では違法である「カジノ」にも手を出したという。「闇カジノなどのいわゆる違法賭博は、東京の港区、新宿区などの繁華街の雑居ビルや高級マンションの一室で秘密裏に行われ、バカラやルーレット、スロット、ポーカーなど、さまざまなゲームが用意されています。 東谷さんのケースはわかりませんが、億を超える額を失うほど負けたという話が事実なら、ポンコツ(イカサマ)にはめられた可能性は充分あります。当局の摘発が激しくなり、短期間で大きく稼ごうとする店が増え、数百万円から数千万円、場合によっては一晩で数億円スッてしまうこともある」(ギャンブル事情に詳しいライター)「イカサマにはめられた」と東谷氏はまるで自分が“被害者”であるかのように話すが、イカサマ以前に違法賭博に手を出すこと自体が犯罪行為である。「イカサマはいけないが、賭博はいい」という考え方は、そもそも間違っている。 闇カジノの運営には、暴力団などの犯罪組織が関与しているケースが大半だ。賭博場の開帳という犯罪を巧妙に実行し、さらに、高額な金銭が飛び交う賭博場を維持することができるのは反社組織だ。「高レートの違法ギャンブルにつぎ込むために、銀行がお金を貸してくれるはずがありません。お金がない違法ギャンブラーは、詐欺をしてお金を集めたり、賭博場を運営する犯罪組織からお金を借りるようになっていくわけです。 さらに、負けた額を払えなければ賭場の運営者や闇金に借金を負うことに。そうでもしないと3億円の借金は簡単にはつくれません。その返済のために、海外で強制的に働かされたり、犯罪行為の片棒を担がされることも少なくありません」(前出・ライター) 前述の通り、東谷氏は、反社とごく近いところにいたことは否定できないが、自分は「反社じゃない」と言う。しかし、『女性セブン』2022年5月5日号で追及した「BTSに会わせる詐欺」について、「詐欺と言われても仕方ない」と認めた東谷氏の立場はどう考えられるのか。また、違法な麻雀賭博や違法カジノに通い詰めていたことは、明確な犯罪行為である。 さらにいえば、東谷氏がYouTubeで得た利益は、違法賭博でつくった借金の返済として、反社組織に流れはしないのか──YouTubeのガイドラインには「暴力犯罪組織を称賛、宣伝、支援することを目的としたコンテンツは、YouTubeで許可されていません」と明記されている。 賭け麻雀の違法性の認識について、東谷氏に尋ねると、ツイッターのDM(ダイレクトメッセージ)でこう回答した。「死なばもろとも、と言ってるとおり、俺だけが出頭することはあり得ない。(動画で告発した)綾野剛が違法薬物の件、城田優が違法賭博、新田真剣佑がレイプ、それぞれを自ら告白して出頭するのであれば、俺は一緒に出頭しても良いと思ってるよ」 自身が「反社」に当たる可能性については「薬や違法賭博やレイプなど、綾野剛、城田優、新田真剣佑を反社会的勢力とするのであれば、自分も同じだとは思う。前者の括りを逆にお前はどう思うの?」とし、海外逃亡している理由や自身の安全についてはこう答えた。「何いうてんの? 日本で撮影もしてるし、お前に連絡してる真剣佑の顧問(DMでは実名)とかに家族は脅されてるけど、それが安全かどうかなんて俺にはわからん。毎日命懸けで戦ってるだけの話。逆にお前は俺が安全やと思う? 何が言いたいん」 真剣佑は一連の騒動についてこうコメントした。「伝えたいことはたくさんありますが、皆さんを悲しませるようなことはしていませんので心配しないでください」 前出の村上社長が続ける。「レイプ疑惑については本人から徹底して聞き取りました。まったくの事実無根です。顧問が脅した事実もありません。反論するとさらにあることないことを言われ、こちらが傷を負うだけですが、それでも泣き寝入りするわけにはいきません」 YouTubeに東谷氏のチャンネルがガイドラインに抵触しないか質問したが、締切までに返答はなかった。 東谷氏の暴露には、視聴者を惹きつける力がある。一部の芸能人の「自分は特別な存在だ」というゆがんだ考え方が東谷氏のような存在を生み出し、視聴者が芸能人の驕りに対して違和感を覚え、東谷氏の告発に共感するならば、芸能界もその“脇の甘さ”を反省すべきだろう。 その一方で、儲かるからといって、なんでもかんでも動画で配信していいわけがない。犯罪行為について間違った考え方が社会に流布してしまわないか。動画配信会社もそうだが、視聴者である私たちもリテラシーを持って接する必要がある。※女性セブン2022年5月12・19日号
2022.04.28 07:00
女性セブン
銀の盾を前に配信するガーシーこと東谷義和氏
ガーシーの「BTSに会わせる詐欺」被害者が明かす「信じ込ませる」巧妙手口
 登録者数110万人を突破したYouTubeチャンネル『東谷義和のガーシーch』で、人気俳優やアイドル、スポーツ選手らの“秘密”を次々に暴露。芸能界を騒がせている東谷義和氏が昨年、「K-POPのスターに会わせてあげる」などと若い女性たちに声をかけ、多額の金銭を詐取する騒動を起こしていた。「被害に遭ったのは1人2人ではありません。全国で20人はくだらないのではないか。1人当たり数十万円から100万円を超える額のお金を取られていて、被害総額は数千万円規模だと見られています。昨年秋頃にはすでに『被害者の会』として、大勢の被害者が連絡を取り合っていました。東谷氏のターゲットになったのは主に20代30代の若い女性です」(全国紙社会部記者) 4月20日、東谷氏は女性セブンの取材を受けてYouTubeに釈明動画をアップ。集めた金は「いかさまの賭博にはまって、すべてを無くしました」と明かし、「僕はたぶんギャンブル依存症だと思います」などと開き直る姿勢に、被害者の女性たちは唖然としている。翌日の21日には再びYouTubeで生配信し、医師でAGAスキンクリニックの経営者である麻生泰氏が登場。コラボライブの対価として、被害者への弁済金、4000万円ほどを肩代わりすると発表した。 そもそも、どういった騒動だったのか。 東谷氏が女性たちから金銭を得る材料にしたのは韓国の人気アイドルグループ「BTS」。昨年9月には国連のイベントに登壇するなど、いまや世界のトップアーティストである。「東谷さんは、いつもの関西弁でまくし立てる口調で、“お前だけにええ話があるんや。BTSに会いたないか? オレがBTSに会わせたるで”と声をかけてきたんです」と明かすのは、被害者のA子さんだ。 世界的人気のBTSに会える――ファンにとってみれば夢のような話だが、多くの人は「そんな夢みたいな話はあるはずない」と思うだろう。だが、東谷氏にはそれを女性たちに信じさせるだけのバックグラウンドを持っていた。東谷氏は、山田孝之や綾野剛、佐藤健、新田真剣佑など人気俳優、ONE OK ROCKのTakaなど人気ミュージシャンと頻繁に飲み歩き、実際に彼らを女性たちに紹介することによって、「ひょっとしてBTSとも縁があるかもしれない」と信じ込ませていた。「韓国の歌手、俳優であるイ・ホンギさんとも親しく、彼のインスタグラムにもよく写り込んでいました。韓国人と中国人のメンバーからなるグループ『EXO』のメンバーや、韓国の3人組ロックバンド『FTISLAND』のメンバーが来日したときも、東谷氏が日本の女性を紹介していたそうです」(前出・社会部記者)“顔が広い”ことを利用し、女性たちの信用を得ていた東谷氏の詐取の手口は、実に巧妙だ。「まずは、東谷さんが関連する会社が“BTSのグッズを販売している”と、グッズの写真などを見せながら説明します。そして、BTSが韓国やアメリカで、ライブやイベントをするときに、グッズを販売するために自分も同行することになっているから、その場に一緒に来ないか、と声をかけるんです。なんでもBTSと一緒に移動したり、同じホテルに泊まったりするので、話をできたり、食事をするチャンスもある、と言うんです。 その後、事細かにまとめられた日程表を渡されました。旅行代理店がつくるような、本格的なものです。ロサンゼルス空港にJALの何便で何時に到着、ビバリーヒルズのリッツカールトンホテルに宿泊、デルタ航空の何便で帰国、といった具合です。私が誘われた当時は、新型コロナも大変な時期だったので、入国時のワクチン接種証明書の手配のアドバイスも細かくされます」(A子さん) 東谷氏が提示する“BTSとの旅行スケジュール”は精巧にできていて、実際に公表されているBTSのライブやイベントの予定に合わせていたり、少なくとも齟齬しない形でまとめられていた。航空機やホテルも実在のものなので、つい信じてしまってもおかしくない。 東谷氏はホテル代や航空機代として何十万円かを請求。複数の被害者によると、その額は30万円から60万円ほどで、アメリカに行くのか、韓国に行くのか、それぞれの“旅行スケジュール”によって違っていたようだ。さらに、ホテルをアップグレードする、飛行機をビジネスクラスにする、BTSと一緒に話せるようにセッティングする、などといった名目で、さらに数十万円を振り込ませていたという。 お金を取り続ける間も、東谷氏は女性たちが不審に思わないように、次々と手を打ってきたという。パスポート番号を聞いたり、BTSと一緒に行動できるという“通行証”を作るなど、手が込んでいる。 別の被害者であるB美さんが続ける。「東谷さんは日本の芸能人との繋がりを見せびらかすときに、その本人と一緒に撮った写真や、メッセージのやり取りをしているLINEの画面を見せるんです。 BTSと会わないかと誘われたとき、東谷さんは“オレはBTSのグクと仲がええねん”といってました。BTSのメインボーカルのジョングクさんのことです。そして、韓国でよく使われているメッセージアプリ『カカオトーク』の画面をスマホでひらいて、“こんな感じでグクとやり取りしてんねん”と、ジョングクと東谷さんの英語でのメッセージのやり取りを見せてきたんです。“グクがオレに日本人の女性を紹介してくれって言ってきてんねん”“オレはお前を紹介したいんや”と続けていわれ、これですっかり騙されてしまいました。 あとから思えば、東谷さんがジョングクとやり取りできていたか怪しい。カカオトークの画面も、他にスマホを1台用意して、“自作自演”でメッセージをやり取りして、それを見せることもできますから」 東谷氏は20人はくだらない女性たちからお金を集めていたというが、なぜそこまで被害は拡大したのか。「東谷さんからBTSに会えることは絶対に誰にも言うな、としつこく言われたんです。“同行できる人数が限られてるんや。お前だけに特別に声をかけてるから、絶対に誰にも言わんといてな”と口止めされたので、誰にも相談できなかったんです。さらに、BTSのスケジュールが外部に漏れるとファンが殺到してマズいことになるから、警備上の問題もあって、口外してはいけない、誰かに話したらこの話はなしにする、と念を押されました。 出発直前になって、“新型コロナの状況が悪いから延期になった”と理由をつけて、東谷さんからキャンセルの連絡があってから、いつまで経ってもお金が返金されない。それで意を決して、東谷さんと共通の知人に相談したら、“どうやらそういう詐欺にあっている子が他にもいるらしい”と言われ、愕然としました」(B美さん) 誰もが信じるように徹底して作り込んだスキーム、そして発覚をできるだけ遅らせるための口封じ――実に巧妙な手口だ。被害者たちは、速射砲のように関西弁でまくしたてる東谷氏のしゃべり口調にも、あれよあれよという間に騙されてしまったと語る。 女性セブンの取材後、東谷氏は前述のように麻生医師から4000万円を肩代わりしてもらい、弁護士を通じて被害者に弁済することを約束したが、それでも彼の行いが帳消しになるわけではない。3億円以上あると見られる債務をすべて返すために、今後も”暴露”を続けるという東谷氏。「お前の非道を全部さらしたるからな!」──そう叫びながら、次々に芸能人たちを断罪する暴露男は、「自らの非道」にどのように向き合っていくのだろうか。
2022.04.22 07:00
NEWSポストセブン
銀の盾を前に配信を行うガーシーこと東谷氏
ガーシーch東谷義和氏が抱える多くの金銭トラブル 真剣佑から6000万円、RAD桑原から5000万円
「お前の非道を全部さらしたるからな!」。複数の芸能人から多額の金を借りたまま行方をくらましていた男が恐怖の暴露男として帰ってきた。借金や詐欺の実態を隠し通し、捨て身の暴露で荒稼ぎする男の行き着く先は──。《借用書》と書かれた紙を掲げ、神妙な面持ちでカメラを見つめる男性──彼の名は東谷義和氏(50才)。YouTubeチャンネル「東谷義和のガーシーch」で有名人の秘密を次々に暴き立て、親交のあった芸能人やスポーツ選手を震え上がらせる渦中の“爆弾男”である。 写真はいまから約1年半前、東谷氏が俳優の新田真剣佑(25才)と借金の返済について話し合ったときに撮影されたもの。2人の間に何があったのか。「真剣佑が東谷さんと親しくなったのは2017年頃。仕事を斡旋してもらったり、友人づきあいをする中で、真剣佑はすっかり彼を信用するようになり、事業がうまくいけば『増やして返す』という言葉を鵜呑みにして6000万円もの大金を貸してしまったのです」(真剣佑の知人) 借用書には東谷氏の直筆サインと拇印付きで《令和2年2月26日に借りた6000万円を令和3年の10月31日までに全額返済する》と書かれている。だが、期日を過ぎても約束が果たされることはなかった。 そして今年2月、東谷氏は突如としてYouTuberに転身。YouTubeチャンネル「東谷義和のガーシーch」を開設して、連日のように”芸能界の闇を暴く”暴露動画をアップしはじめたのである。「名前も住所も全部さらしたるで!」「首根っこ持ってでも引きずり下ろすからな!」  関西弁でまくし立てて、芸能人の悪事を告発する“ダークヒーロー”の出現にネットは大いに沸いた。「鬼の形相で芸能人に謝罪を要求する東谷氏の動画は大きな話題を呼び、怖いもの見たさの視聴者が殺到しました。チャンネル登録者数は113万人(4月19日現在)を突破し、動画の総再生回数は7400万回を超える盛況ぶりです」(芸能記者) 東谷氏が暴露するのは、主に有名人の女性関係や関係者しか知り得ない内輪のトラブルだ。「東谷さんの肩書は表向きにはアパレル会社の社長でしたが、芸能人や経営者に女性をアテンドする裏の顔を持っていました。いわゆる“女衒”です。本人いわく7000人以上いる知り合いの中から、必ず好みに合った女性を紹介し、旅行に行きたいときはチケットやホテルをすぐに押さえてくれる。口が堅く顔の広い東谷さんは多くの著名人に重宝され、彼らと“秘密”を共有していました」(飲食店関係者) 古くから東谷氏を知る関西の友人が言う。「20代の頃は板金屋や中古車を売る仕事をしながら、毎晩のように大阪のクラブで遊んでいました。弁が立つし、ナンパもうまいけど、当時から女性を口説くことより人脈を広げることに夢中になっていましたね。休日の昼間に空いているディスコを利用してイベントを打ったり、パー券(パーティー券)を売って小遣いを稼いでいました。 ミナミの飲食店に出入りしてロンドンブーツ1号2号の田村淳さんや島田紳助さんと面識を持つようになったあたりから、芸能界に人脈を広げていったのです」 東京に進出後、西麻布などにバーを開くと山田孝之(38才)や佐藤健(33才)、三浦翔平(33才)ら人気俳優が入り浸るようになり、東谷氏の存在は芸能界でも広く知られるようになった。「早急に法的措置を取ります」 その彼がなぜ、友人たちを裏切って暴露をはじめたのか。実は東谷氏の周囲は以前から異変を察知していたという。「主な原因は麻雀です。もともとギャンブルに目がない彼はレートの高い違法の賭け麻雀にハマり、一晩で1000万円近く負けることもあった。その穴埋めで高利の金を借りて首が回らなくなり、金銭トラブルの噂が絶えず聞かれるようになったんです。世話を焼いた芸能人から距離を置かれるようになると『あいつが俺の悪口を言っている』と苛立ちを隠さず、人間不信に陥っているようにも見えました」(前出・東谷氏の友人) YouTubeをはじめた東谷氏は、「手のひらを返したやつは全部さらす!」と宣言したが、一方的に暴露される芸能人はたまったものではない。「酒癖の悪さや、ギャンブル癖、交際相手の実名に至るまで、人気俳優やアイドルの裏の顔が次々に暴かれました。影響力は予想以上に大きく、動画で取り上げられた城田優さん(36才)は出演していたCMが続々と非公開に。プライベートの写真をさらされた綾野剛さん(40才)は出演が予定されているドラマの降板危機が取り沙汰されました」(前出・芸能記者) そして4月7日、チャンネル登録者数が100万人を突破した記念として爆弾投下のターゲットにされたのが真剣佑だった。「好青年の印象があるイケメン俳優の真剣佑さんですが、東谷氏は『極悪非道』と断罪し、脱税疑惑や不倫にレイプ、女性へのDV、さらに反社会的勢力とのつながりなど、彼に関する真偽不明の衝撃的なエピソードを暴露したのです」(芸能記者)速射砲のように繰り出される東谷氏の関西弁には底知れぬ迫力があり、いかにも真実味があるように聞こえるが、真剣佑の所属事務所はこう反論する。「東谷氏の発言には、明らかな虚偽や事実誤認、時系列の矛盾点が含まれ、犯罪行為は本人も明確に否定しています。確たる証拠のない証言には事務所として断固として抗議し、弁護士と相談した上で早急に法的措置を取ります」 告発に虚偽の内容があった場合、法的にはどのような問題があるのか。エンタメ法務に詳しいレイ法律事務所の河西邦剛弁護士が解説する。「YouTubeにおける発言には表現の自由として守られる権利がある一方で、相手の社会的評価を低下させる内容があれば名誉毀損罪に問われる可能性もあります。また、脅して裏で金銭を要求したり、債務を免除しようとすれば恐喝罪に当たってきます。東谷さんは映画の実名を挙げて『絶対公開させない』と発言していましたが、告発内容が事実でなかった場合は、偽計業務妨害罪に問われる可能性もあるでしょう」 多額の金を貸していた芸能人は真剣佑だけではない。東谷氏が「いちばんの友人」と言うロックバンドRADWIMPSのギター・桑原彰(37才)も5000万円近くを貸し付け、さらに「スキャンダルを揉み消す名目で1000万円を支払ったこともあると聞いています」(桑原の知人)という。捨て身の暴露で荒稼ぎしたツケを払う時期は、刻一刻と迫っている。中東や南米を転々としているという怪情報 韓国の人気アイドルグループBTSのファンだった20代の女性Aさんが、東谷氏から「BTSと韓国で遊ぶから来えへん?」と誘われたのは昨年夏頃。東谷氏のアパレル会社がBTSのグッズを手掛けることになり、航空券代とホテル代を支払えばBTSと行動を共にできるという触れ込みだった。Aさんが明かす。「彼には実際に有名人を紹介してもらったこともあり、具体的なスケジュールや飛行機の便名などの『日程表』が送られてきたので、すっかり信用してしまったんです。メールアプリのカカオトークでBTSのメンバーとやりとりをしている画面も見せられましたが、後で考えたらメンバーの名前のスペルが違っていたので、捏造だった可能性もあります。『急がないと枠が埋まる』、『いまなら間に合う』としつこく言われて、数十万円を振り込んでしまいました」 指定の額を振り込んだ後も東谷氏からの要求は続いた。「BTSメンバーと2人きりで話せるとか、飛行機の席をアップグレードしないかとか、細かく金銭を要求されました」(Aさん) 本誌・女性セブンは「BTSに会わせる詐欺」の複数の被害者に話を聞いたが、手口はほとんど一緒。「人数制限があるから誰にも言うなよ」と口止めをしつつ、ホテルやイベントに自由に出入りできるという“通行証”を用意したり、渡航のためのワクチン接種証明を準備するなど、手が込んだ詐取スキームなのだが、登場するのは東谷氏ひとり。「12時までにカネを振り込まんかったら、もうなかったことにするで」と切羽詰まった様子で金銭を求める口ぶりからは、ギャンブルで相当にお金に困っていたことがうかがえる。 それでも東谷氏を信じきっていた女性たちは、出国予定日の直前に「旅行は中止になった」と言われるまで、被害に遭っていることに気づかなかったという。「『返金する』という言葉を信じていましたが、次第に連絡しても返事が来なくなったんです。周りの人から『彼が詐欺をやってるのは有名だよ』と言われたときは愕然としました」(Aさん) 同時期に同様の被害に遭った女性は少なくとも20人以上いるとみられ、関東や関西で結成された「被害者の会」では、それぞれのグループが弁護士と慎重に話し合いを続けている。 東谷氏は、YouTubeの収益化が進み次第、被害者の返済に回すと公言しているが、どれほどの額が入金されるのか。ITジャーナリストの三上洋氏が解説する。「YouTubeは無料ですが、表示される広告によって収益が分配されます。1再生につき0.3円の広告収入があると仮定すると7000万回の再生数は2100万円に相当。さらに彼は月額490円の有料チャンネルを持ち、そこには4万人以上が加入しています。生配信で視聴者が支払う“投げ銭”も加えれば月に3000万円は稼ぐ計算です」 だが、仮に収益化できたとしても、一時は借金が5億円近くにまで膨れ上がったとみられる東谷氏が、被害者に優先して返済する保証はない。「高利貸しからも多額の金を借りていた彼には、先に返さなくてはならない債権者が大勢いるといわれています。ヒットマンから逃げるために中東や南米を転々としているという怪情報もあれば、関西に潜伏しているという説もあり、現在の居場所はわかっていません。一連の暴露動画は、債権者の指示で無理やりやらされていることで、同じく詐欺に手を染めて国際手配されている日本人と行動を共にしているという有力な情報もあります」(社会部記者) 東谷氏のツイッターに質問を送るとDMで回答があった。まず、BTS詐欺については「その件は自分であれば実行させることはできたかもしれないが、その資金を途中でギャンブルではめられてしまい、すべて失ってしまった。詐欺と言われても仕方ない。ただまもなくすべての被害者に弁済を終わらせる予定である」と説明。真剣佑への借金については、「多数のステマを提供していた流れから、資産運用もしくはマネーロンダリングを相談された。彼は芸能界でも有名であった為、投資資金を貸付資金名目で運用している部分もあった」と主張した。 RADWIMPSの桑原への借金については、「マッケン(※真剣佑のこと)など取り巻きのタレントにPRに協力してもらっていたアパレルの会社の運転資金として投資資金を受けた。が、同じ理由(※ギャンブル)もあり、全てを失い、その資金についてどうするかを穏やかに話し合っていた。その穏やかであった背景には、ラッドウィンプスの桑原が紹介してほしいと言った女性を紹介したり、多数の女性のアテンド等をしていたから、それに対する気持ちもあり、ラッドウィンプスの桑原も穏やかに話していたのだと思う(中略)解決金などについては、オレを取り巻くタレントたちが、不倫や未成年、レイプなど常に問題を抱えていたから、その件数が多すぎてどれのことを言っているのかがわからない。ただ、事実として数々の問題を起こしたり、そのような不倫の案件やレイプや美人局的な様々な問題や訴訟提起がされそうになった時に、以前から動画で話しているように、自分は何の利益も得ずに、何度もそういった問題を解決してあげてきた」と説明した。 前出のAさんが嘆息する。「具体的な返済計画の提示がない以上、彼の言葉を信じることはできません。詐欺を働いた彼が、“正義の味方”を気取って芸能人を断罪する姿には強い違和感を覚えます」 かつての友人に「覚悟しろ!」と吠える前に、まずは被害者の声と向き合い、自身の疑惑について答えることが先決ではないか。※女性セブン2022年5月5日号
2022.04.21 16:10
女性セブン
グラミー賞授賞式に登場したBTSのメンバー。
尹錫悦新政権がBTS兵役問題を政治利用? ARMYから「許せない」の声も
 2年連続で米音楽界最高峰の栄誉とされるグラミー賞にノミネートされた韓国発のアイドルグループ・BTS(防弾少年団)。惜しくも受賞は逃したものの、4月3日(現地時間)の受賞式では『007』を彷彿とさせるクールなパフォーマンスを披露し世界中の熱狂的なBTSファンたち、通称「ARMY」を喜ばせた。世界的アイドルとなった彼らだが、母国・韓国では新政権の発足を前に、兵役を巡る議論が再燃している。 4月9日、BTSの所属事務所HYBEのイ・ジンヒョンCCOは関係者との懇談会で「アーティストの兵役関連事案が世界的に関心事であるだけに、兵役法改正案が今回の国会で早めに結論が出てほしいと思う」と発言。韓国政府に結論を急ぐよう促した。 30歳までの入隊期限の延長が認められているメンバー最年長者のJINは今年12月にいよいよ満30歳を迎え、このまま法改正がなければ年内に入隊となる。そのため、政府の対応が事務所や本人のみならず、国民的関心事となっているのだ。 韓国で実施された最新の世論調査によると、芸能人の兵役については「兵役免除(特例対象に含まなければならない)」が59%で「特例対象に含んではいけない」が33%と、特例対象とすることに賛成する意見が上回る結果となった。しかし「賛成多数だから兵役免除」という流れに持っていくのは簡単ではないと、在韓ジャーナリストの藤原修平氏が話す。「世論調査の結果に基づいて単純に考えると、5月に発足する尹錫悦(ユン・ソギョル)新政権がBTSの兵役免除のために法改正をするのではないかという見方もできますが、彼らをどういう資格で免除するのかが問題になってくるでしょう。 兵役法では19歳以上の男性に兵役義務がありますが、国際スポーツ大会や音楽コンクールで優秀な成績をあげた人は、3週間の基礎軍事訓練や、社会的弱者を対象とする活動などに参加することで、兵役が事実上免除されるなどの規定があります。しかしK-POPなどの大衆文化は今のところその規定の対象外です。グラミー賞にノミネートされたとはいえ受賞には至っていないBTSを、実質的な兵役免除となる代替服務をどういう基準で認めるのかとなると、結構ハードルの高い問題でもあります」 次期大統領・尹氏の思惑についてはこう分析する。「BTSは今や世界中にファンを持つアイドルですから、彼らがもたらす経済効果は大きい。そして今から3年ほどが人気絶頂のピークと考えれば、その2年を兵役で潰してしまうのはもったいないし、もっと稼いでほしいというのが尹氏と韓国政府の本音でしょう。5年間の大統領任期のうち、2年で生まれるはずの経済効果を捨てるという判断は難しいと思います」(藤原氏) BTSの兵役免除を巡って揺れているのは政権だけではない。ARMYもまた、複雑な思いを抱いている。 「ARMYには20~30代の女性が多いですが、文在寅(ムン・ジェイン)政権を支持してきたリベラルな層と重なり、5年ぶりの保守系大統領となる尹氏が率いる新政権を快くは思っていない。 その意味ではBTSを“政治利用”することは許さないという気持ちが強いのです。事実上の兵役免除によってBTSの活動を見られるのは嬉しいが、新政権があからさまに世間の人気取りのために兵役特例を認める法改正をしたとなれば、やはり反発心は芽生えるでしょう」(藤原氏) 新政権の発足とともに過熱するBTSの兵役問題を巡る議論。どんな結論が下されるのか、世界中のARMYが見守っている。
2022.04.16 16:00
NEWSポストセブン
【動画】BTS、新大統領で兵役に変化か メンバー全員で同伴入隊も
【動画】BTS、新大統領で兵役に変化か メンバー全員で同伴入隊も
 5年ぶりの政権交代が起きた韓国大統領選。『BTS』のメンバーの兵役問題に、変化が起きるかもしれません。 国外の熱烈なファンたちは兵役免除を期待しているようですが、韓国国内では捉え方が違うようです。 作家で韓国事情に精通している康熙奉氏は「理想の兵役の形は『同伴入隊』の制度を使って、メンバー全員が同時期に兵役に服すること。それなら、兵役による空白期間は最短の1年半で終えられる可能性があります」とコメントしています。
2022.03.21 16:00
NEWSポストセブン
(共同通信社)
BTS兵役問題、新大統領決定で急転「メンバー全員一斉入隊」が理想との声も
 5年ぶりの政権交代が起きた韓国大統領選。日本に対して強硬姿勢をとり続けた文在寅・現大統領(69才)に代わって、保守派の尹錫悦氏(61才)が次期大統領に当選した。これに色めき立つ意外な人たちがいる。ARMYと呼ばれる、音楽グループ『BTS』の熱烈なファンたちだ。「これで、『BTS』のメンバーの兵役が免除になるかもしれない……」 ARMYは、そう淡い期待を寄せている。韓国では18〜29才の男性に、最低でも1年半の兵役義務が課されている。「これまでも『東方神起』や『BIGBANG』、『2PM』といったグループが、人気絶頂時に兵役でメンバーを欠き、“不完全”な状態で活動してきました。そうした過去を知っているARMYがやきもきしているようです。BTSのメンバーはまだ誰も兵役に行っていませんが、JINは30才を迎える今年12月までに入隊しなければなりません」(韓流ライター) この兵役義務は、スポーツや芸術分野で国際的に顕著な成績を残すと免除される仕組みがある。「ただ、芸術とエンタメの線引きは曖昧。そのため、米ビルボードチャート1位に輝くなど、韓国の国益に大きく貢献しているBTSは兵役を免除してもいいのではないか、という議論が巻き起こりました」(前出・韓流ライター) 現政権では、兵役期間の「短縮」は実現したが、「免除」までは進まず議論は沈静化。それだけにARMYは、「政権交代で、免除議論がもう一度盛り上がってくれれば」と期待に胸を膨らませているのだ。だが、こうした思いは主に国外のファンが多く抱いているといい、韓国国内では捉え方が異なるという。「韓国人男性にとって、兵役を務めあげるのは誇りでもあります。国のために尽くす時間は大きな財産と考えられ、自分や身内の兵役免除を望んでいる人は少ない」(前出・韓流ライター) 作家で韓国事情に精通している康熙奉氏が解説する。「その思いはBTSのメンバーも同じでしょう。彼らは韓国を代表する人気者として、アメリカの栄誉ある賞を受賞するなど、世界で活躍しています。そんな彼らが、仮に兵役免除となったら、批判も免れません。理想の兵役の形は『同伴入隊』の制度を使って、JINに合わせてメンバー全員が同時期に兵役に服すること。それなら、兵役による空白期間は最短の1年半で終えられる可能性があります」“不在期間”があったとしてもARMYの心が変わることはなさそうだ。※女性セブン2022年3月31日号 BTSの兵役問題はどうなる?(写真/GettyImages) 写真3枚 
2022.03.17 11:00
女性セブン
ガーシーchのトップ画像(Twitterアカウントより)
暴露系YouTuberが新たにフォローし始めた芸能人は戦々恐々か
 やっていることの是非や内容の信憑性はともかく、いま物凄い勢いで登録者数を伸ばしている暴露系ユーチューバーがいる。それが『東谷義和のガーシーch【芸能界の裏側】』の東谷義和氏(50)だ。先日、かねて東谷氏の交友録に名前が挙がっていたロンドンブーツ1号2号の田村淳(48)が口を開き、20代の頃からの友達だと明言したことで新たな局面を迎えている。                         27年間に渡り芸能界との広いコネクションを持ってきたという東谷氏が、突如「芸能界の闇を暴く」と始めた同YouTubeチャンネル。2月17日に開設されるとあっという間に登録者数が46万人を超え、その影響力は芸能界も無視できなくなっているという。「これまで東谷氏はYouTubeでアンジャッシュ渡部、てんちむ、城田優、大原櫻子といった芸能人たちの名前を挙げてきましたが、一方で東谷氏が実際に数々の芸能人と交友関係があったという事実があります。 現に東谷氏が最初に話題になったのは山田孝之、綾野剛、佐藤健、新田真剣佑、ONE OK ROCKのボーカル・Taka、城田優らと一緒に写った写真がきっかけでした。そして動画の中でも、暴露にまつわるLINEのやりとりのスクリーンショットを証拠として上げています。大原櫻子の所属事務所が公式サイトで東谷氏の発言内容を否定する声明を出しましたが、同チャンネルの影響力の大きさを鑑みてのことでしょう」(芸能プロ関係者) 東谷氏は、多くの芸能人と交友するきっかけとなったのがロンドンブーツ1号2号の田村淳との出会いだったとしている。それもあって3月3日、淳が自身のYouTubeチャンネルで視聴者からの質問に答える形で東谷氏について語った。〈今YouTubeの暴露王となっている東谷さんのことですよね。僕は友達ですよ。僕が23~24歳くらいからの友達ですね〉(『田村淳TV』より) 淳は東谷氏が「BTSに会わせる」という話を持ちかけて複数の女性から金銭を受け取りながら実際は会わせることはなかったと指摘されていること、有名YouTuberのヒカルから動画で“詐欺師”と名指しされて窮地に追い込まれたことは把握しているという。その上で、〈今東谷さんがやってることについて、僕はなんで急にこんなことになってるんだって思ってる〉〈僕は今でもLINEがくればちゃんと話したい 一体どうなってるんだというのは聞きたいですね〉と話した。 これに対して、東谷氏も5日にYouTubeを更新。すべてを捨てて暴露を続ける自身のことをいまだに友達だと言ってくれた淳に、きちんと説明をしたいとした。〈俺がこんなことになった今、どんなことがあっても、誰に聞かれてもお前のこと友達だって言ってくれたタレントの友達は淳含めて3人だけ。淳さえ嫌じゃなかったら、対談でもして質問に全部答えたい〉(『東谷義和のガーシーch』より) さっそく淳からも「対談やろう」と返答があったが、一方で淳は、今対談をしてしまうと東谷氏がしていることに対してやめろと言わざるを得ないことを危惧したそう。そのため淳は「全てやりきったら、その時対談しよう。でもヒガシさんが今したいんだったら今でもいい。オレはヒガシさんのタイミングに合わせる」と提案したという。東谷氏はこれに「オレも淳と対談したい でもその時まで…待っててな」と答えるに留めた。 淳との対談の実現も注目だが、東谷氏はこれまでの動画の中でさまざまな芸能人の名前を挙げつつ「そのうち公開します」と今後の暴露予告もしている。今注目されているのが、東谷氏がTwitterでフォローしたアカウントだ。「Twitterアカウント開設当初、東谷氏は2名ほどしかフォローしていなかったのですが、ここにきて芸能人をフォローし始めました。 その中には、先週、暴露動画を配信した城田優の名前もあり、一連の動画公開後に〈フォローしたわ〉とリプライを送っています。また、3月5日にはロックバンドNovelbrightの竹中雄大、モデル・タレントの大倉士門に関する動画を上げているのですが、東谷氏は竹中雄大、大倉士門もフォローしているんです。 東谷氏がフォローしているのは現在25人程度。嫌でも目立ちます。もしかしたら、自分が言及したことを見せつける意味でもフォローしているのかもしれません。また、フォローすることで相手からDM(ダイレクトメッセージ)のやりとりができるようにもなります。東谷氏は自身のプロフィール欄に〈覚悟しとけよ 文句あるならDMしてこい〉とも書いており、やりとりの窓口にしようという意味もあるのでしょう」(前出の芸能プロ関係者) 東谷氏がフォローしている面々には、田村淳やムロツヨシといった東谷氏が“感謝しかない”といい意味で触れた人を除くと、他には格闘家の武尊、アーティストの赤西仁、清水翔太、俳優・タレントの山田裕貴、和田正人、竹内涼真、錦戸亮、武井壮らの名前が並んでいる。東谷氏はこれまでの動画の中で、近日中に暴露する予定のものやすでに収録し終えたものもあると話しており、そこで取り上げた人物をフォローした可能性は否定できない。 もちろん、東谷氏がやっていることは自身が糾弾されたときに手のひらを返された(と感じた)ことに対する腹いせに過ぎず、暴露内容の真偽の程も定かではない。ただ、冒頭で触れた通り完全に無視できない存在になっていることも事実ではある。東谷氏にフォローされた芸能人の中にスネに傷を持つ者がいるとするなら、戦々恐々としているのかもしれない。
2022.03.08 17:00
NEWSポストセブン
2月17日、YouTubeのチャンネル『ガーシーch【芸能界の裏側】』に突如姿を表した東谷氏
暴露YouTuber 登録者40万人超の影響力に芸能事務所もスルーできない状況に
 現在、芸能界を震撼させているのが、『東谷義和のガーシーch【芸能界の裏側】』というYouTubeチャンネルだ。芸能界に広い交友関係を持つという東谷義和氏が、毎回有名芸能人の暴露話を披露しているのだ。 東谷氏は、「BTSに会わせる」という話を持ちかけて、複数の女性から金銭を受け取っていたとして報じられた人物。そしてYouTuberヒカルもまた、ヒカルのYouTubeチャンネルで宣伝するとの話を持ちかけて企業から金銭を騙し取ったとして、東谷氏を実名で告発していた。 ヒカルの告発により、仕事や交友関係を失ったという東谷氏は、2月17日にYouTubeチャンネル『東谷義和のガーシーch【芸能界の裏側】』を開設。そこで、これまで交友があった芸能人のプライベート情報を暴露し始めたのだ。「嘘か本当かわからない芸能人の情報を暴露する人物やYouTubeチャンネルは決して珍しいものではないのですが、東谷氏が“BTSに会わせる男”として週刊誌に報じられていたこともあり、注目度が高まりました。そして、東谷氏もただ単に暴露話をするだけでなく、芸能人とやり取りだというLINEのスクリーンショットも公開。いわば“証拠”を見せたことで、ネット上で大きく拡散されることとなったんです。3月6日までに、チャンネル登録者数は44万人以上、公開した動画すべてが100万回以上再生されるなど、ネットユーザーからの支持率も高く、その“影響力”が無視できなくなっています」(メディア関係者・以下同) すでに東谷氏の暴露動画の影響が指摘される事態も起きている。「東谷氏がプライベート情報を暴露した城田優が出演しているネットCM動画が相次いで閲覧できない状態となっています。ネット上では、東谷氏の動画がCM動画削除の原因なのではないかとも囁かれています。また、東谷氏に複数の男性と交際していたかのような話をされた大原櫻子の所属事務所は公式サイトで“全くの事実無根”と発言内容を否定する声明を出しています」 ネット上に蔓延する真偽不明の情報に対しては、芸能事務所もスルーすることが多い。しかし、今回の東谷氏の暴露動画については、無視できない状況になりつつあると言えそうだ。「本来であれば一個人が発信する情報については、真偽に関わらず芸能事務所はそこに触れないというのが基本です。事務所サイドが動いて大きなニュースにでもなろうものなら、逆にその暴露情報を拡散させることになってしまいますからね。ただ、東谷氏のYouTubeチャンネルの場合、あまりにも注目されてしまい、大きな影響力を持つようになっており、芸能事務所もスルーしにくい状況になっています。間違っている情報を発信されたならば、否定するしかないし、場合によっては名誉毀損などで東谷氏を訴えるという選択肢もある。芸能事務所としては本当に困った存在になっていますね」 その一方で、東谷氏の暴露の内容について、“ギリギリのラインを攻めている”との声もある。ある芸能事務所関係者はこう話す。「東谷氏の動画を見ましたが、それこそ警察沙汰になりそうな本当に危険な話はあまり出てこなくて、主に男女関係の話や“影で悪口を言われた”などの“人間性”に関する話が多い。つまり、タレント生命に終止符を打つほどのものではないということもあり、事を荒立てたくない芸能事務所であれば、動きづらい部分もあると思いますよ。とはいえ、今後もっと“大きなネタ”が投下される可能性もあり、未然にそれを防ぐために先手を打っておいたほうがいいのも事実。芸能事務所としては、とにかく“うちのタレントの話はしないでくれ”と願うしかないですよ」 東谷氏は動画の中で“有名男性芸能人に女性をアテンドした”と何度も話している。「とある芸能事務所の名前を出して、そこに所属している女の子をアテンドしたと話しているんですよね。こうやって名指しされた芸能事務所にとっては、なかなかのダメージだと思います。これらの事務所が動く可能性はあるかもしれないですね」(前出・芸能事務所関係者) 今後、東谷氏が誰のどんな情報を暴露していくのか──。芸能界全体が、不安を抱えながらその動向を注視している。
2022.03.07 16:00
NEWSポストセブン

トピックス

公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
SNSでの発信力も大きい新庄ビッグボス(時事通信フォト)
新庄ビッグボスのインスタ投稿が波紋 「ファンとそれ以外の分断を煽る」の指摘も
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン