スポーツ

1971年「史上最高のオールスター」の記憶 平松政次氏が回顧

「カミソリシュート」のエースが振り返る

 プロ野球初のオールスター戦中止にファンは落胆していることだろう。スポーツ番組が過去の名場面や好プレー集などを放送している中、ベテランのファンに「史上最高のオールスターは?」と聞けば、「江夏(豊=阪神)の9者連続奪三振」があった1971年の球宴を挙げる人が多いのではないか。1戦目は江夏の快投でセが勝利。2戦目はパが雪辱を果たす。そしてこの年の勝者を決める3戦目で、セの先発マウンドを任されたのは、“カミソリシュート”を武器に大洋のエースとして活躍していた平松政次だった。

「あの年は監督推薦での出場でした。ボクはファン投票より監督推薦で選ばれるほうが嬉しかったですね(セ投手部門のファン投票1位は江夏)。前年にリーグ優勝した監督、つまり巨人の川上(哲治)監督が選んでくれた。常勝球団の指揮官に選ばれるということは、対戦相手として“コイツは怖い”と認められたということ。そりゃ、自信になりますよ。

 第1戦で江夏の9者連続奪三振があったので、自分も気合が入っていた。阪神のエースだった江夏が最高のピッチングをしたわけで、大洋のエースとして自分も負けられないという気持ちになる。ボクは三振を取るタイプじゃないけれど、球のキレは江夏より上だという自負があったからね。

 パの打線も気合いが入っていましたよ。ノムさん(野村克也=南海)なんか、あえてストレートを見送って、ボクの得意球のシュートを狙ってきました。“シュートを仕留めれば、平松にショックを与えられる”という考えだったんでしょうね。凄いスイングだったけど、“ボクのシュートなら、右打者がどんなにいい当たりをしてもファールになる”と確信していたから、怖くはなかった。でも、ノムさんの配球の読みは一流でした」

 平松は3回3失点で負け投手になってしまったが、この登板での達成感は大きかったと語る。

「翌日の紙面に“あのシュートはすごい”とパの濃人(渉)監督のコメントが載っていたんです。負けたのは残念だけど、その記事を読んで満足しました」

関連キーワード

関連記事

トピックス

精力的に公務に向き合っている佳子さま(時事通信フォト)
佳子さま「お忍び愛報道」に、宮内庁関係者「警備は十分だったのか」と心配する声
NEWSポストセブン
あびるが“母”と慕った和田アキ子は何を思う
あびる優の第2子出産「絶対に知られてはいけない」極秘に進めたレギュラー番組欠席とインスタ工作
NEWSポストセブン
有村架純(プロフィール写真)
人気女優CMギャラリスト 『あまちゃん』出身・有村架純は8年前から4000万円増、のんは“算定不能”で分かれた明暗
NEWSポストセブン
帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
X社が開発を進める宮古島の土地。1200坪は東京ドームと同じ広さだ
大野智、宮古島巨大リゾートビジネス 信頼を寄せるパートナーとの関係に周囲の心配
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
女性セブン
(時事通信フォト)
安倍元首相の国葬に思うこと 60代女性記者が改めて考える「美しい国、日本」
女性セブン
ロコモコ丼もペロリとたいらげるという桐谷
桐谷美玲 ”ロコモコ丼2人前をペロリ”子育てと仕事の両立を支える「旺盛すぎる食欲」
NEWSポストセブン
東海オンエアのてつや・きりたんぽ・峯岸みなみ(写真/時事通信フォト)
峯岸みなみが結婚報告、お相手・東海オンエアてつやとの「キス動画」流出で活動休止のきりたんぽにさらなる同情が集まった理由
NEWSポストセブン
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
平手友梨奈と竹内涼真
平手友梨奈の演技に竹内涼真が気遣い 『六本木クラス』撮影現場の和気あいあい
NEWSポストセブン