ライフ

弘兼憲史氏、コロナで「アクティブじじい」を島耕作に託す

弘兼憲史氏はコロナ禍をどう過ごす?

 緊急事態宣言が解かれても、「急に出歩いていいのだろうか」「もし周りに迷惑をかけてしまったら」と不安は尽きない。とくにゴルフ、飲み歩き、カラオケ、旅行といった楽しみは、家族からも世間からも白い目でみられてしまう。そうした行動をこれまで“生き甲斐”としてきた“アクティブシニア”たちは、コロナ後の世界をどう過ごすのか。漫画家の弘兼憲史氏(72)が語る。

 * * *
 コロナ以降、会食とゴルフには行かなくなりましたが、とくにストレスはありません。散々やり尽くしましたから。

 緊急事態宣言が解かれた後も、地下にある大衆酒場とかライブハウスのような“3密”の場所に行くのは躊躇しそうです。

 ゴルフは行くけど、しばらくはラウンド後にゴルフ場のお風呂に入ったりせず、シャワーを浴びてすぐ帰ろうと思います。

 仕事のやり方でも、“無駄なことがあった”と気づきました。昔は編集者が直接、原稿を取りに来ていましたが、最近は原稿ができたらバイク便に取りに来てもらうだけ。何の問題もありません。

 松下電器産業(現・パナソニック)のサラリーマンだった頃は、上司に「交渉事は相手の顔を見て、ニュアンスを感じながらやらなければダメだ」と言われましたが、もうそんな時代ではないのかもしれませんね。

 私はむしろそんな社会の変化が楽しみです。ウーバーイーツなどの宅配サービスもどんどん利用していきたいと思います。

 ただ、『島耕作』では、高級クラブで飲んだり、ゴルフ接待に勤しんだり、ビジネスで海外に出掛けたり、あるいは多くの女性と関わったりと、「人と人との密な繋がり」を描いてきたので、今後もそういった場面は出していきます。

 登場人物がみんなマスクをつけていたり、「人と会って食事をするのはやめよう」と自粛をしていたら、物語が成立しなくなるので(笑い)。

 アクティブシニアは私の代わりに「島耕作」に託しますよ。

※週刊ポスト2020年6月5日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
女性セブン
閣僚のスキャンダルが続く岸田政権(時事通信フォト)
閣僚辞任ドミノの岸田政権、第1次安倍政権末期に酷似「年内か、来年1月まで」の声も
週刊ポスト
村上宗隆の母校・九州学院で…
《証拠写真入手》村上宗隆の母校・九州学院、甲子園出場メンバーの飲酒を公表せず国体出場
週刊ポスト
高橋一生が夜の街を仕事関係者らしき男性とともに
高橋一生「41才独身、女優のアプローチをいなし、愛犬に愛情注ぐ」モテモテなのに結婚しない理由
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
松原千明さんの死の真相
追悼・松原千明さん「あんなに純粋でかわいらしい子はいない」愛娘すみれへの思い
女性セブン
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
女性セブン
鈴木福、超名門大学にAO入試で合格 来春に芦田愛菜とキャンパスで再会もあるか
鈴木福、超名門大学にAO入試で合格 来春に芦田愛菜とキャンパスで再会もあるか
女性セブン
悠仁さま(写真/JMPA)
悠仁さまの成績不振報道に紀子さまの焦り 塾へ通うわけにもいかず家庭教師をお探し
女性セブン
松原千明さんの死の真相
松原千明さん、2回目の離婚で「人を信用できなくなった」 異国で感じていた深い孤独
女性セブン
焼き鳥デートの後にラブラブ帰宅
サンシャイン池崎 猫と暮らす自宅で年下恋人と同棲状態「隠してるわけではないんですけど…」
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 「年金寿命」を30年延ばす秘策ほか
「週刊ポスト」本日発売! 「年金寿命」を30年延ばす秘策ほか
NEWSポストセブン