芸能

町田啓太の人生を変えた韓国映画『1987、ある闘いの真実』

町田啓太が人生を変えた映画を紹介

 緊急事態宣言は解除されたものの、引き続き私たちができることは不要不急の外出を控えること。そんないまだからこそ、充実したおうち時間を過ごすために自宅で映画鑑賞はどうですか? 劇団EXILEの町田啓太(29才)に人生を変えた映画を紹介してもらった。

●人生を変えた映画
『1987、ある闘いの真実』
Blu-ray、DVD発売中
販売・発売元:ツイン

Blu-ray、DVD発売中 販売・発売元:ツイン

【あらすじ】
 軍事政権下の韓国で、過剰な取り調べによりソウル大学の学生が死亡。それを隠蔽しようとする政府と警察の真実を暴くため、新聞記者や学生の仲間が立ち上がる、実話を描いた社会派ドラマ。事態は韓国全土を巻き込む民主化闘争へ。

──この作品を見て、人生はどう変わりましたか?

「なんとなく気になって劇場で見てみたら、出演者の皆さんの芝居の熱量の高さに鳥肌が立ち、話が進むにつれて物語に夢中になっていました。エンドロールの最後の最後まで見たときに、その熱量の意味を理解。1987年に実際に韓国で起きた民主化闘争がテーマの作品なのですが、この作品に携わったかたがた全員が、“世の中に伝えるべきことを、しっかり伝えなければ”という志を持っていたのだと思います。そして、その姿勢に僕も勇気と刺激をもらいました。同じ韓国映画で言うと、『パラサイト 半地下の家族』で有名なソン・ガンホさんが主演を務める『タクシー運転手 約束は海を越えて』にも、本作と関連するシーンがあるので、続けて見るのもおすすめです!」

──特におすすめのシーンやセリフは?

「ストーリーの終盤、カン・ドンウォンさん演じるイ・ハニョルが当時の写真と重なるように撮影されたシーン。再現度も高いですし、心が締め付けられるような感覚で特に印象深かったです」

韓国のタブーを映画化した『1987、ある闘いの真実』(C)2017 CJ E&M CORPORATION, WOOJEUNG FILM RIGHTS

【プロフィール】
町田啓太(まちだ・けいた)/1990年7月4日生まれ。劇団EXILEのメンバー。主な出演作にドラマ『ギルティ~この恋は罪ですか?~』(読売テレビ系)、映画『前田建設ファンタジー営業部』(’20年)など。出演映画『きみの瞳が問いかけている』が今秋公開予定。

※女性セブン2020年6月18日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

中尾彬さん(時事通信フォト)
《“ねじねじ”で愛された中尾彬さん(81)が急逝》大病を機に始めていた“終活”、コワモテ俳優からコメンテーターとして人気を博した晩年
NEWSポストセブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン
亡くなったシャニさん
《7か月を経て…》ハマスに半裸で連行された22歳女性が無言の帰宅、公表された最期の姿「遺体の状態は良好」「肌もタトゥーもきれいに見える」
NEWSポストセブン
別居を認めたMEGUMI
《離婚後の大活躍》MEGUMI、「ちゃんとした女優になる」を実現!「禁断愛に溺れる不倫妻」から「恐妻」まで多彩な“妻”を演じるカメレオンぶり
NEWSポストセブン
フジコ・ヘミングさん(撮影:中嶌英雄)
《フジコ・ヘミングさん追悼》「黒柳徹子さんがくれたお土産」「三輪明宏さんが家に来る時は慌てて…」密着した写真家が明かす“意外な交友関係”
NEWSポストセブン
ギャンブル好きだったことでも有名
【徳光和夫が明かす『妻の認知症』】「買い物に行ってくる」と出かけたまま戻らない失踪トラブル…助け合いながら向き合う「日々の困難」
女性セブン
破局報道が出た2人(SNSより)
《井上咲楽“破局スピード報告”の意外な理由》事務所の大先輩二人に「隠し通せなかった嘘」オズワルド畠中との交際2年半でピリオド
NEWSポストセブン
河村勇輝(共同通信)と中森美琴(自身のInstagram)
《フリフリピンクコーデで観戦》バスケ・河村勇輝の「アイドル彼女」に迫る“海外生活”Xデー
NEWSポストセブン
ポジティブキャラだが涙もろい一面も
【独立から4年】手越祐也が語る涙の理由「一度離れた人も絶対にわかってくれる」「芸能界を変えていくことはずっと抱いてきた目標です」
女性セブン
木本慎之介
【全文公開】西城秀樹さんの長男・木本慎之介、歌手デビューへの決意 サッカー選手の夢を諦めて音楽の道へ「パパの歌い方をめちゃくちゃ研究しています」
女性セブン
大谷のサプライズに驚く少年(ドジャース公式Xより)
《元同僚の賭博疑惑も影響なし?》大谷翔平、真美子夫人との“始球式秘話”で好感度爆上がり “夫婦共演”待望論高まる
NEWSポストセブン
中村佳敬容疑者が寵愛していた元社員の秋元宙美(左)、佐武敬子(中央)。同じく社員の鍵井チエ(右)
100億円集金の裏で超エリート保険マンを「神」と崇めた女性幹部2人は「タワマンあてがわれた愛人」警視庁が無登録営業で逮捕 有名企業会長も落ちた「胸を露出し体をすり寄せ……」“夜の営業”手法
NEWSポストセブン