• TOP
  • ライフ
  • 「赤坂 四川飯店」陳建一氏直伝、陳麻婆豆腐のおうちレシピ

ライフ

2020.06.10 16:00  女性セブン

「赤坂 四川飯店」陳建一氏直伝、陳麻婆豆腐のおうちレシピ

赤坂四川飯店の陳麻婆豆腐(左)と鶏肉のスパイシー辛し炒め(撮影/深澤慎平)

 思うように外出も外食もできないなか、“楽しくおいしく”おうち時間を過ごせるよう、ミシュラン星付き店のシェフたちがとっておきのレシピをSNSで続々公開し、大きな話題を呼んでいる。家にある食材を使ってお店の味を再現できる本格レシピには、プロの技と愛が詰まっている。自宅でワンランク上のひとときを過ごしてみませんか?

 そこで今回、中華の名店『赤坂 四川飯店』の“おうちレシピ”を紹介する。

【赤坂 四川飯店】
本場の四川料理を日本に広め代々継承する名店。建太郎氏が総料理長を務めるシンガポール店は3年連続でミシュラン2つ星を獲得している。
住所:東京都千代田区平河町2-5-5 全国旅館会館5F・6F 

「動画はプロの料理人向けですが、油の入れ方や炒め方を音で聞いて目で見るのはとても大事。少しアレンジした簡単なこのレシピで挑戦してみて。楽しく作って食べることが健康につながるよ!」(オーナー・陳建一さん、3代目・陳建太郎さん)

『陳麻婆豆腐』

○材料(8人分)
木綿豆腐…2丁、豚ひき肉…160g、ねぎ…5cm、わけぎ…1本、水溶き片栗粉・サラダ油・四川花山椒…各適量、
A[豆板醤・甜麺醤…各大さじ2、豆鼓(みじん切り)・にんにく(みじん切り)・四川辣椒粉…各小さじ2]
B[鶏ガラスープ…300cc、老酒(紹興酒)・しょうゆ…各大さじ2、塩・こしょう…各適量]

○作り方
【1】豆腐は1.5~2cm角に切り塩の入ったお湯でサッとゆで、ザルにあげておく。
【2】ねぎはみじん切り、わけぎは削ぐように切る。
【3】フライパンにサラダ油適量を入れて豚ひき肉を炒め、バラバラになったらAを加えて味付けする。
【4】【3】に【1】とBを加え、弱火で1~2分煮る。
【5】【4】にねぎを加え、水溶き片栗粉でとろみをつけたら強火にし、鍋肌からサラダ油少々を回し入れ、わけぎを加えて花山椒を散らす。

関連記事

トピックス