芸能

コロナで加速? “飲食チェーン”“大食い”に頼るバラエティ

4月よりスタートしている『デカ盛りハンター』(公式HPより)

 緊急事態宣言が解除され、日常が少しずつ戻りつつある。テレビ界でも、番組の撮影がスタートされ始めた。そんななか、放送されているバラエティ番組にある傾向が見られるという。コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

 * * *
 このところ飲食チェーンをフィーチャーしたバラエティが明らかに増えています。

 たとえば、8日の『帰れマンデー見っけ隊!! 3時間SP 帰れま10』(テレビ朝日系)ではガスト、12日の『ウワサのお客さま』(フジテレビ系)ではピザーラと丸亀製麵、13日の『ジョブチューン』(TBS系)ではスシローのメニューが大量に紹介されました。

 また、14日の『坂上&指原のつぶれない店』(TBS系)では、かつや、富士そば、築地銀だこの経営者が「つぶれそうな店を立て直す」という企画で飲食チェーンの凄さを感じさせましたし、情報番組でも飲食チェーンの商品を扱うコーナーが頻繁に見られます。

 飲食チェーンをフィーチャーしたバラエティで、よく見られるのは、大食いの構成・演出。『帰れま10』ではガストの宅配メニュー45品の中から売上上位10品を当てるまで食べ続け、『ウワサのお客さま』ではピザーラのピザ全42種類をランキング順に食べていきました。『有吉ゼミ』(日本テレビ系)でも毎週のように大食い企画「チャレンジグルメ」が放送されていますし、今年4月に新番組『デカ盛りハンター』(テレビ東京系)がスタートするなど、飲食チェーンと同様に大食い企画も増えているのです。

 なぜ今、バラエティで飲食チェーンと大食い企画が増えているのでしょうか。コロナ禍の影響はあるのでしょうか。

◆コロナ禍で「最も手の届きそうな外食」に

 バラエティで飲食チェーンを扱う最大のメリットは、視聴者に親しみやすさを感じさせられること。安くて、近くに店があって、お腹いっぱい食べられる飲食チェーンは、人々の嗜好が細分化した今、老若男女が同じように楽しめる数少ないものです。前述した番組のほとんどが、より多くの人々が視聴しやすい金・土・日曜の夜に放送されていることからも、それがわかるのではないでしょうか。だからこそバラエティでは、「食べたことがある」「今度食べたいと思っていた」「懐かしい!まだこれあるの?」などと思わせるメニューを次々に登場させ、親しみやすさを加速させているのです。

 そんな飲食チェーンにも、新型コロナウイルスはさまざまな影響を与えていました。緊急事態宣言による外出自粛が続き、家で食事をとる毎日になったことで、「最も身近で手の届きそうな外食」である飲食チェーンに注目が集まったのです。逆に高級店は、まだまだ我慢を強いられ、先行きが不透明な現在の状況には合わないため、ほとんど放送されることはありません。

 さらに飲食チェーンはデリバリー対応しているところが多く、コロナ禍で売り上げがアップしたところも多いようです。実際、前述した『帰れま10』はガストの宅配メニューをピックアップした視聴者感情に寄り添うような企画でした。

 また、大食いの映像には、「料理も、食べっぷりも、映像の圧倒的なインパクトで視聴者の目を引きつけられる」というメリットがあります。『有吉ゼミ』の「チャレンジグルメ」がギャル曽根さんらの奮闘もあって高視聴率を連発し、YouTubeでも大食い動画が人気コンテンツになり、新たな大食いスター候補が次々に誕生。飲食チェーンがフィーチャーされていること以外にも、大食い企画が増えているハッキリとした理由があるのです。

◆飲食チェーンは“3密”になりにくい

関連記事

トピックス

慣れたご様子で馬と触れ合われた(写真/宮内庁提供)
愛子さまのイニシャル入りハートのペンダント「ご学友からの贈り物」と公表した理由
女性セブン
今オフは積極的に動くことを明言していたが……(写真/共同通信社)
原巨人 オフの戦力補強はまた大物外国人頼み?「これでは来季も優勝争いに絡めない」の指摘
NEWSポストセブン
【エクシア720億円投資トラブル】訴訟乱発、代表退任 元副社長が語る「天才トレーダーかけるんの本当の実力」
【エクシア720億円投資トラブル】訴訟乱発、代表退任 元副社長が語る「天才トレーダーかけるんの本当の実力」
NEWSポストセブン
かつてはバイト掛け持ちの苦労人で『ひよっこ』のヒットもあり大人気の有村架純
有村架純は“悪妻”をどう演じるか 『どうする家康』での注目ポイントを時代劇研究家が解説
NEWSポストセブン
基礎疾患を抱えていた渡辺徹さん コロナ後遺症と急逝に因果関係はあったのか
基礎疾患を抱えていた渡辺徹さん コロナ後遺症と急逝に因果関係はあったのか
女性セブン
「体力的、筋力的に落ちている」と発表
中居正広が休養期間を延長 想定外の長時間だった手術と独立後に抱えていたストレス
女性セブン
大久保で買ったというペアルックのスタジャン姿の、坂口杏里(左)と進一さん
坂口杏里、“睡眠薬横流し疑惑”を完全否定「家のどこかに置いたままです」
NEWSポストセブン
少なくない額の借金もあった志垣さん
志垣太郎さん 数千万円単位の借金、『半沢直樹』降板騒動…苦しみの晩年
女性セブン
学生時代の三浦容疑者(SNS「mixi」より)
寝た園児に「ご臨終です」虐待逮捕の元保育士 SNSには「ちびたちが大好きなやつです」
NEWSポストセブン
山崎静代と婚約相手
「南海キャンディーズ」しずちゃん(43)が結婚宣言、お相手は4歳年上で「R-1グランプリ」出場の紙芝居詩人
NEWSポストセブン
K
globe・KEIKOが新曲発表へ 小室哲哉がレコーディングに参加も“共演NG”状態
女性セブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン