国内

「わが子のゲーム依存症」条例の類では防げないと考える理由

規制するだけでは逆効果かもしれない

 子どもを取り巻く環境は様変わりしている。テクノロジーの進化は著しく、親世代の経験則がそのまま通用するとも限らない難しさもある。コラムニストのオバタカズユキ氏が考察する。

 * * *
 短絡的で浅はかな若者だ、としか言いようがないのだけれども、6月24日、宮城県仙台市の男子大学生(21)が、香川県のインターネット・ゲーム依存症対策条例(以下、ゲーム条例)の成立に主導的だった県議を脅迫した疑いで逮捕された。

 大学生は、4月22日、自民党の自称「真正保守」の大山一郎県議宛てに、「大山一郎ナイフでめった刺しにして殺す」とのメールを送信したという。逮捕した香川県警高松北署によると、「香川県のゲーム条例を廃止したいと思った」と話しているとか。だからといって、そんなメールを出したら犯罪になることぐらい、21歳にもなればわかって当然だが、頭のネジの飛んだ大学生が1人いたということだろう。苦笑するしかない事件である。

 幸いなことに、このニュースに対し、世間の反応はわりと冷静だ。「こういう自分の感情をコントロールできない若者をつくってしまうから、ゲームは怖い」といった、事件とゲーム依存を直接結びつける声はごくわずかしか見当たらない。それよりも、「脅迫という犯罪行為に走るのは、ゲーム規制推進派を利することになってしまう」という「心配」の声のほうが多かった。

 香川県のゲーム条例は今年の3月に県議会で成立したものだが、そこに至るまでのプロセスにおいて、県民や事業者から意見を募ったパブリックコメントを隠蔽、改竄したなど、問題点が指摘されてきた。また、内容についてもエビデンスに乏しいなど、いろいろと批判されてきた。

 ゲーム条例の目的は、〈ネット・ゲーム依存症対策を総合的かつ計画的に推進〉するというものなのだが、中身を具体的に見ていくと、たしかにこれはどうかなと首を傾げたくなるものも少なくない。

 その中でも「子どものスマートフォン使用等の制限」として定めた、以下の条項はいかがなものかと思う。

〈保護者は、前項の場合においては、子どもが睡眠時間を確保し、規則正しい生活習慣を身に付けられるよう、子どものネット・ゲーム依存症につながるようなコンピュータゲームの利用にあたっては、1日当たりの利用時間が60分まで(学校の休業日にあっては、90分まで)の時間を上限とすること及びスマートフォン等の使用に当っては、義務教育修了前の子どもについては午後9時までに、それ以外の子供については午後10時までに使用をやめることを基準とするとともに、前項のルールを順守させるよう努めなければならない〉

「前項のルール」というのは、スマホ等使用に関して家庭内でつくるルールのことを指すのだが、だったら平日の上限が60分で、休日は90分とか、細かなルールを条例でわざわざ明記する理由がわからない。なぜ家庭内の話に行政が口出しをするのか。60分、90分という基準が、ゲーム依存症にならないための重要な線引きであるといった科学的根拠に乏しいという批判もある。

 また、1日60分だけ集中して遊んで、時間が来たらピシッとやめて、勉強なり他の課外活動なりに切り替えるといった「健やかな」な若者像を押しつけている感じがする。私はこの点がとても気になる。

関連キーワード

関連記事

トピックス

本田圭佑氏の解説が視聴者の心を掴んでいる理由をデータで解析(Getty Images)
「PK!」「ファール!」「イエス!」本田圭佑氏の絶叫回数は松木安太郎氏以上だった
NEWSポストセブン
三谷
『鎌倉殿の13人』は大河ドラマを変えた、『仁義なき戦い』がヤクザ映画を変えたように
NEWSポストセブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
W杯に連続出場しているクリスチアーノ
ロナウドの2ショット(写真/Getty Images)
W杯で活躍するスター選手たち パートナーや家族とのゴージャスショット
女性セブン
上海のウルムチ路でデモは起こった
東京・新宿の「習近平退陣デモ」参加者が証言「日本に来てようやく中国共産党の恐ろしさを知った」
NEWSポストセブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
「申し訳ない」と会見で述べた鈴木俊一財務大臣。写真は2022年10月、G20開催時(時事通信フォト)
財務省の自賠責積立金6000億円踏み倒し問題 賦課金150円値上げに「奢り」が見える
NEWSポストセブン
みんなで応援(左から田中碧、鈴木愛理、鈴木亨。PAImages/時事、時事通信フォト)
スペイン戦決勝点・田中碧、鈴木愛理との交際にプロゴルファー父・鈴木亨も強力サポート
週刊ポスト
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
女性セブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン