芸能

大野智、宮古島に巨大リゾート計画 漁師協力で土地見つける

バブルを思わせる土地の高騰を見せる沖縄・宮古島(時事通信フォト)

 コバルトブルーの高い空、白く輝く浜辺、そして、エメラルドグリーンの海──宮古島は、日本屈指のリゾート地・沖縄の中でも格別の人気を誇っている。

「島そのものが珊瑚礁でできているんです。だから、海が濁らない。それが宮古島の魅力です。2015年に宮古列島の島の1つである伊良部島との間に橋が架かり、去年、その伊良部島と隣接する下地島の空港に定期便が就航したことでアクセスがぐっと良好に。最近はバブルといわれるほど人気が殺到し、土地の値段がそれまでの200倍にも跳ね上がっています。高級ホテルの新築計画も進んでいるんですよ」(現地の人)

 そんな宮古島では、いまある人物が土地を購入したともっぱらの噂だ。

「嵐の大野智さん(39才)です。いま、宮古島では巨大なリゾート施設のようなものが建設予定なのですが、そのうちの1つが大野さんの土地だといわれています」(宮古島の住人)

 嵐は新型コロナの影響を強く受け、スケジュールの大幅な変更を余儀なくされている。

 2月に予定されていた中国・北京での公演や5月に開催予定だった「アラフェス2020」は延期され、NHKの東京オリンピック・パラリンピック放送のスペシャルナビゲーターを務める予定だったが、開催の延期でそれも未定となった。

 活動休止まであと半年。したいこと、予定されていたことが思い通りにできない状況でも、5人は「いまできること」を探し、取り組んでいる。毎年恒例の『嵐のワクワク学校』を中止せず、オンラインでの開校という形で続けたのは、その一端だ。

「直接会えないまま、活動休止に入ってしまうのかと心配していましたが、5人がファンのことを考えてくれているのがわかって、本当にうれしかったです」(ファンの1人)

 ただ、コンサートなど大人数を動員するリアルイベントの再開の目処は立っていないのが現状だ。

「5人はこれまで自宅での自粛を余儀なくされてきました。いまもそれはほとんど変わりません。今年は最後の一年。全力で駆け抜けようとしていたところでのコロナ禍で、戸惑いを感じているようです。活動休止を4人に提案した大野さんも、今年はすべてを嵐に捧げる覚悟でいただけに、拍子抜けだと感じているようです」(芸能関係者)

関連記事

トピックス

約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン