• TOP
  • 芸能
  • 木村拓哉 斎藤工とバディ組む『BG』で引き立て役の新境地

芸能

2020.07.04 16:00  NEWSポストセブン

木村拓哉 斎藤工とバディ組む『BG』で引き立て役の新境地

木村拓哉主演の『BG~身辺警護人~』(公式HPより)

 日本のテレビドラマの世界の中心に長らく位置し続けてきた俳優・木村拓哉。今回の作品は、やや位相の異なる印象を視聴者に残すものになるかもしれない。五感生活研究所代表の山下柚実氏が分析した。

 * * *
 木村拓哉主演『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系木曜午後9時)はスタートダッシュと思いきや、第3話が放送されるその前に「7月いっぱいで終了」という報道が出てびっくり。ギリギリ7月30日まで放送された場合でも、なんと全7話に短縮されてしまう予定だとか。制作現場を思うと同情を禁じ得ません。

 コロナで撮影が延期になりスタートが遅れただけでなく、そもそも巨大イベント・東京五輪にあわせたボディガードもので特別な警護をする颯爽としたカッコイイ姿を描き出すはずだったろうに。まさしくコロナで多大な影響を被った作品です。

 でも、環境的には悪い条件だけではないはず。新型コロナによってテレビドラマへの関心が高まった。自宅に留め置かれた視聴者は画面に向かい、再放送作品も話題に。中でもガッキーの特別編『逃げ恥』は注目度を上げステイホームの人々を癒やし、逃げ恥ロスの再来現象となりました。つまり、ドラマの新しい役割や視聴の楽しみが再認識されたタイミング。それなのになぜ、『BG~身辺警護人~』は勢いを失い始めたのでしょうか。

 このドラマでキムタクが演じる島崎章は「弱き者の盾になる」という使命を貫くヒーロー。シーズン1ではチーム警護の一員でしたが、今回は組織を飛び出して独立し、私設ボディーガードとして奮闘しています。

 何よりも前作と違う点は、「斎藤工とのバディ物語」になったこと。島崎の背中を追うようにして警護会社をやめた高梨(斎藤工)は「島崎警備」の門を叩いた。そう、バディとして二人が横に並べば並ぶほど、自然に目がいくのが、皮肉にも二人の「違い」です。

●体型 タッパがありガタイの良さが目立つ斎藤さんと、小柄で痩せている木村さんの体型の対比が浮き彫りに。

●胸板 斎藤さんの胸板の厚みはスーツという衣装を輝かせるのに最適。仕立て屋は「スーツは肩と胸で着る」と言っていましたがまさしくそのもの。比較するとどうしても木村さんの胸板は薄く見えてしまいます。

●声の質 深く低い響きのある斎藤さんの声はボディガードとしての安心感にもつながる。比べて木村さんの声は低音の響きが少なくて包容力では劣る。

●年齢 活き活きとした若さや躍動感を感じる斎藤さんに対して「おっさん」と呼ばれる木村さんの成熟ぶり、老いに気付かされる。

 つまり、バディものとは「二人の対比を見よ」ということ。斎藤さんの格好良さが際立てば際立つほど、年を重ねた木村さんの現実も浮き彫りに。必ずしもマイナスではありません。むしろ、斎藤工を輝かすための木村拓哉という新しいポジション、つまり「他の人を輝かせる引き立て役」になれるのだとすれば新境地でしょう。

関連記事

トピックス