• TOP
  • 芸能
  • キンコン梶原降板騒動に見る上沼恵美子の関西での人気ぶり

芸能

2020.07.06 16:00  NEWSポストセブン

キンコン梶原降板騒動に見る上沼恵美子の関西での人気ぶり

カジサック名で活動する梶原

降板は上沼からの苛烈な批判が原因とみられている(写真/時事通信社)

 YouTuberカジサックとしても活躍するお笑いコンビ・キングコングの梶原雄太(39才)が、上沼恵美子の冠番組『快傑えみちゃんねる』(関西テレビ)と、隔週レギュラーだった『上沼恵美子のこころ晴天』(ABCラジオ)から降板した。かつては上沼が梶原を寵愛していただけに、番組関係者は関係性がここまで変わったことに驚いているという。

この騒動の発端は当サイトが紹介した「キンコン梶原の降板裏側に上沼恵美子が言い放った苛烈批判」という記事に詳しくあるが、これについてネットでは「パワハラ」を指摘する声も多い。

『解決えみちゃんねる』で番組MCを務める上沼が梶原に厳しい口調で話し始め、実際はオンエアできなかった箇所があると指摘する部分だ。

〈しかし、『あんたこの番組に途中から来た子やんか。最初からブッキングされた出演者ちゃうやん』と表情を変えて批判し始めたあたりから、空気が変わりました。

 共演者が一度止めに入るも、それを制止して梶原さんへの口撃を強めていったのです。彼が笑いに変えようとしても、思うようにいかない。梶原さんは明らかに動揺し、笑いも消え、涙目になっているのが見て取れました。それでもスタッフは上沼さんが怖くて途中で収録を止めることなんてできません」(前出・在阪テレビ局関係者)〉

 さらに上沼の怒りは収まらず、こうなったのだという。

〈「『ほんまに怒ってんねんで。コロナでみんながイライラしてんねん。バラエティーやから笑わそう思って、って思ってるやろ?』と聞いた後、少し間を置いて、憤怒の表情で梶原さんの方を向きながら一言、『ちゃうで』と言い放ち、『イラついてんねん。キミに!』と続けたんです」(前出・在阪テレビ局関係者)〉

関連記事

トピックス