スポーツ

夏の福島競馬の名物重賞・七夕賞は「小倉巧者」も狙い目

今年も高配当必至か

 荒れるレースを好機と捉えるか敬遠するか。競馬ファンも二分されるところだが、予想の観点からすれば面白さしかないはずである。競馬ライターの東田和美氏が七夕賞(GIII)を分析した。

 * * *
 平成以降1番人気がわずか4勝。5番人気以下が15勝もしており、馬連が3桁(100円台)だったのは、わずかに1回。過去10年だけでも馬連万馬券は4回、3連単の百万馬券が2回出ている福島の名物重賞、一筋縄ではいかない。

 もちろん、この時期古馬一線級の出走はない。ここでの勝利が初の重賞勝ちだったという馬が16頭だが、ツインターボなど3頭はこのレースの前に福島の重賞を勝っている。

 今年の出走馬も11頭が福島コースを走ったことがあり、8頭が勝利をあげている。1戦1勝馬2頭を含めて「5頭が連対率10割」と伝えているメディアもあった。ヴァンケドミンゴなどは、関西馬でありながら全4勝すべてが福島でのものだ。 

 しかしこのレース、言われているほど“福島巧者”の天下とも思えない。福島競馬場で行なわれた過去20回で見ても、福島に勝ち鞍がある馬の勝利は6回。2007年のサンバレンティンが前年の福島記念を含む2勝をあげていたが、あとは1勝しているだけだ。

 勝ち馬を眺めてみると、むしろ7頭に小倉競馬場での勝ち鞍があることに気づく。なかでも2005年に小倉三冠(小倉大賞典、北九州記念、小倉記念)などを勝ったメイショウカイドウは【8 1 2 3】という驚異的な小倉実績を引っ提げて2006年7月の福島に初見参、59キロを背負いながら前走でGⅡ金鯱賞を勝った1番人気のコンゴウリキシオーなどを退けている。その他2010年のドモナラズは小倉で2勝、2014年のメイショウナルトも小倉記念など3勝。2016年のアルバートドックも小倉大賞典の覇者だ。

 福島も小倉もメイン開催は猛暑の時季。小回りでほぼ平坦、直線が1mしか違わないこともあって、適性馬が同じというイメージが関係者にはある。そういえば競馬場の規模や空気感もなんとなく似ている気がしないだろうか。

 しかし美浦の所属馬にとって小倉競馬場はあまりに遠い。冬の開催では芝のレースを求めて遠征・滞在することもあるが、夏場の長距離輸送はリスクが高すぎる。東西格差の最大原因ともいわれている所以だ。

 一方、栗東サイドにしてみれば、東京や中山より距離的には長くなるが、交通量が比較的少ない北陸道から磐越道というルート使うため、輸送が大変という意識はあまりない。

 事実、七夕賞はここ10年だけでも関西馬が7勝しているが、小倉記念はずっと関東馬の勝利がない。2006年から1200mになった北九州記念はスプリンターズSの前哨戦という意味合いも出てきたため2016年に関東馬が勝っているが、それ以外は出走馬もほとんどいない。

 ヒンドゥタイムズは今回がオープン入り初戦。これまで2000mばかり9走して5着以下がなく、新馬勝ち直後の2戦目にはGⅢ京成杯に挑んで2着とクビ差3着。昨夏の小倉2勝クラスでは1番人気に推されながら2着だったが、勝ち馬とは同タイムで、小回りを苦にした印象はなかった。今回が初めての福島。東京や中山で連を外していることから、陣営では輸送を課題にあげているが、むしろこのキャリアにもかかわらず、どこへ行っても崩れないと評価すべきではないか。

関連キーワード

関連記事

トピックス

精力的に公務に向き合っている佳子さま(時事通信フォト)
佳子さま「お忍び愛報道」に、宮内庁関係者「警備は十分だったのか」と心配する声
NEWSポストセブン
あびるが“母”と慕った和田アキ子は何を思う
あびる優の第2子出産「絶対に知られてはいけない」極秘に進めたレギュラー番組欠席とインスタ工作
NEWSポストセブン
有村架純(プロフィール写真)
人気女優CMギャラリスト 『あまちゃん』出身・有村架純は8年前から4000万円増、のんは“算定不能”で分かれた明暗
NEWSポストセブン
帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
X社が開発を進める宮古島の土地。1200坪は東京ドームと同じ広さだ
大野智、宮古島巨大リゾートビジネス 信頼を寄せるパートナーとの関係に周囲の心配
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
女性セブン
(時事通信フォト)
安倍元首相の国葬に思うこと 60代女性記者が改めて考える「美しい国、日本」
女性セブン
ロコモコ丼もペロリとたいらげるという桐谷
桐谷美玲 ”ロコモコ丼2人前をペロリ”子育てと仕事の両立を支える「旺盛すぎる食欲」
NEWSポストセブン
東海オンエアのてつや・きりたんぽ・峯岸みなみ(写真/時事通信フォト)
峯岸みなみが結婚報告、お相手・東海オンエアてつやとの「キス動画」流出で活動休止のきりたんぽにさらなる同情が集まった理由
NEWSポストセブン
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
平手友梨奈と竹内涼真
平手友梨奈の演技に竹内涼真が気遣い 『六本木クラス』撮影現場の和気あいあい
NEWSポストセブン