• TOP
  • ライフ
  • 壇蜜「教科書でおなじみの有名作品に出会えるなんて」と感激

ライフ

2020.07.19 16:00  週刊ポスト

壇蜜「教科書でおなじみの有名作品に出会えるなんて」と感激

壇蜜が聖徳記念絵画館へ

 美術史家で明治学院大学教授の山下裕二氏とタレントの壇蜜という、日本美術応援団の2人が、日本の美術館の常設展を巡るシリーズ。2人が訪れたのは、明治神宮外苑・聖徳記念絵画館だ。

山下:明治天皇の御一代記を描いた巨大な壁画を常設展示している聖徳記念絵画館では、半数の壁画が日本画で表現されています。

壇蜜:ご生誕から明治11年までを描く40枚が日本画です。教科書でもおなじみの『大政奉還』や西郷隆盛と勝海舟の歴史的会談を描いた『江戸開城談判』など、誰もが知るあの有名な作品とまさかここで出会えるなんて。歴史で勉強した資料の本物がこんな都会にあって感動しています。

山下:まずそこに驚かれる人が多いようですね。『大政奉還』の作者・邨田丹陵は優れた歴史画家で、四国の金刀比羅宮にある障壁画も素晴らしい。今は忘れられた存在ですが、当時は大家として知られていました。

壇蜜:壁画を通じ、時の流れと共に埋もれてしまった一流画家の魅力を再発見する機会にもなりますね。

山下:画家が秘めた情熱も作品から伝わってきます。夜間に行なわれる儀式の様子を描いた『大嘗祭』は漆黒の闇を白く描き、白黒の反転した絵からはポップな雰囲気が漂う。伝統的な日本画の中でも新機軸を打ち出そうとする作者・前田青邨の意欲が感じられます。

壇蜜:すごく前のめりな勢いが伝わります。斬新でありながらも、明治天皇のお顔を隠して描かないところは伝統に則っています。

山下:輿を描いて明治天皇を表現した『農民収穫御覧』など、日本画作品には天皇の象徴としての側面が色濃く映し出されています。

前田青邨の『大嘗祭』

聖徳記念絵画館は新国立競技場のすぐ近くにある

【プロフィール】
◆やました・ゆうじ/1958年生まれ。明治学院大学教授。美術史家。『日本美術全集』(全20巻、小学館刊)監修を務める、日本美術応援団長。

◆だん・みつ/1980年生まれ。タレント。グラビア、執筆、芝居、バラエティほか幅広く活躍。近著に『結婚してみることにした。壇蜜ダイアリー2』(文藝春秋刊)。

●明治神宮外苑 聖徳記念絵画館【開館時間】通常:9時~17時(最終入館16時30分。※当面の間16時閉館、最終入館15時30分に短縮)【休館日】年中無休(臨時休館あり)【入館料】施設維持協力金500円【住所】東京都新宿区霞ヶ丘町1-1(国の重要文化財指定)

撮影■太田真三、取材・文/渡部美也

※週刊ポスト2020年7月24日号

関連記事

トピックス