• TOP
  • 国内
  • 避難所の最新マナー どんな服装で?場所取りは?寝床は?

国内

2020.07.20 16:00  週刊ポスト

避難所の最新マナー どんな服装で?場所取りは?寝床は?

迫りくる自然災害から身をどう守る(写真/AFP=時事)

「令和2年7月豪雨」で最も被害の大きかった熊本県では、2000人を超える被災者が体育館などの避難所に身を寄せた。水害での避難が増え、かつ新型コロナの感染リスクも気にしなければならない。そんな避難所生活のルールとは──。

●どんな格好で避難所に行けばいい?

 防災アドバイザーの高荷智也氏が語る。

「水害の場合、地震と違って避難所に行くための格好にも注意が必要です。レインコートの上下を着て、レインブーツを履くのが理想。後で履き替えるからとスニーカーやサンダルの人もいますが、汚水に足が浸かってしまうと破傷風などの感染症にかかる危険があるのでNGです。『長靴は脱げやすいからダメ』と言われますが、やはり濡れない分、普通の靴より適しています。ただし、膝丈まで浸水している場合に限っては歩行中に脱げる恐れがあるので、頑丈な靴紐のほうがいいでしょう」

●避難所の中ではどんな服装で過ごせばいい?

「避難所では着替えスペースが確保できないことがあるため、ジャージなど脱ぎ着しやすく、そのまま寝られるような服装がいい。役立つのが、帽子やバンダナです。避難所では風呂に入れなくなるため、乱れた頭髪を隠す身だしなみとして重宝します」(高荷氏)

関連記事

トピックス