ライフ

1年の「ツイ禁」でわかったこと、匿名でも発言しないに限る

つぶやくべきか、つぶやかざるべきか

 Twitterは4500万人、Instagramが3300万人、Facebookが2600万人で、TikTokは950万人。これらは、主要SNSにおける日本国内のユーザー数である。いまやそれ抜きには日常生活が語れなくなっている人も多いSNSだが、ネットニュース編集者の中川淳一郎氏は、業務上の都合もあって約1年「ツイ禁」生活を送ってきた。そのなかで「わかったこと」は何か、中川氏が解説する。

 * * *
 私は現在とある一部上場企業に週1回勤務する関係で、SNSの利用が禁じられている。同社の業務とは関係のないイベント等の告知は許されているものの、いちいち誰かとケンカをし、同社およびクライアント企業に迷惑をかけられないからである。

 この方針には、昨年7月の契約締結段階で完全に納得をしたため、1年以上自らツイートをしたことはない。ここで感じたことは「SNSをするのは無駄である」ということの再認識だ。

 何か情報を発信することでカネを得られるのはフリーランス及び芸能人・著述家・スポーツ選手をはじめとした「著名人」および「組織を背負わないで自己責任で対処できる者」である。だが、昨今ありとあらゆる人間がネットで情報発信ができるようになった。

 全体の0.何パーセントかの大金持ちYouTuberは登場したものの、ほとんどの人間はカネを稼ぐことはできない。

 それどころか、匿名でSNSをやっていたにもかかわらず、過激な発言を発掘された後は様々な点と点を繋ぎ合わされて自らの身元(実名・所属先)がバレてしまい、退職に追い込まれる例も何件もある。

 この1年間、自分自身は「ツイ禁」を課してきたが、正直困ったことはほぼなかった。自分の場合はイベントをしたり、書いた記事のアクセス数を増やしたり、著書の購買部数を増やすためにSNSを使用する必要がある。

関連記事

トピックス

千鳥の2人が笑いに変えてくれる安心感
冠番組6本の千鳥、ゴールデン3本はフジ「実力だけじゃない」その理由
NEWSポストセブン
上白石萌歌の入浴シーンでSNSが騒ぎに
『ちむどんどん』上白石萌歌、川口春奈の入浴シーン炎上に「騒ぎすぎでは」の指摘
NEWSポストセブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
●1999年 女性セブン特写
上島竜兵さん「トークが上手くなったら終わり」リアクション芸人が残した名言
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
誤送金問題で逮捕の田口容疑者 犯行動機に潜む「授かり効果」
NEWSポストセブン
北斗晶の長男が結婚、相手はレスラー
北斗晶、長男の妻となった女子プロレスラー門倉凛に「彼女の勇気を買うね」
女性セブン
照ノ富士の一人横綱より深刻 大相撲「一人立行司」7年の異常事態
照ノ富士の一人横綱より深刻 大相撲「一人立行司」7年の異常事態
NEWSポストセブン
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
渋谷で行われたロシアによるウクライナ侵攻に抗議するパレードで、戦争反対を訴えるロシア人女性。数千人のさまざまな国籍や年代の人が参加した(時事通信フォト)
ロシアや東欧出身の女性たちが日本で「理不尽」に直面することが増えている
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン