• TOP
  • スポーツ
  • 五輪準備で群馬に来た笑顔の南スーダン選手団「帰りたくない」

スポーツ

2020.07.21 16:00  週刊ポスト

五輪準備で群馬に来た笑顔の南スーダン選手団「帰りたくない」

前橋市がホストタウンに

 2020東京五輪の開催を信じて、“コロナ前”から日本に来ていた選手たちがいる。群馬・前橋市で合宿中の南スーダン五輪・パラ代表選手団の5人だ。

 前橋市は7月末までに受け入れ継続か打ち切りを決定するが、“東京五輪開催危機”を経験し、選手たちと前橋市には絆が芽生えている。前橋市スポーツ課誘致係の清水一孝氏が語る。

「最初は全然コミュニケーションが取れませんでしたが、少しずつ日本語を覚え、今はボディランゲージで何とか(笑い)」

 国際協力機構(JICA)の紹介で市が受け入れたのは昨年11月。それ以来、地元住民との交流会などを通して、お互いの距離を縮めてきた。「来日した時に見られなかった笑顔が見える」と言うのは、スポーツ課長の桑原和彦氏。

「11月でも、向こうは37℃の灼熱。そもそも長袖というものが無いらしく、来日時は寒そうでした」

 アクーン・ジョセフ・アクーン・アクーン選手(18、400mハードル)が、来日当時の印象を笑顔で語る。

「日本はとにかく寒かった。でも今は休日にサイクリングしたり、エンジョイしています」

関連記事

トピックス