• TOP
  • ライフ
  • コロナ禍で読者も作家も変わった「新しいマンガ様式」

ライフ

2020.07.23 07:00  NEWSポストセブン

コロナ禍で読者も作家も変わった「新しいマンガ様式」

スマホでマンガを読む人が急増している

 新型コロナ感染者の急増で政府肝いりの「GoToキャンペーン」は迷走し、8月に入ってからも自粛ムードの“延長”が見込まれている。そうした自宅で消費するエンタメとして多くのファンを楽しませてきた「マンガ」の世界では、コロナ禍である変化が起きていた。

 出版科学研究所の発表によると3月の書籍雑誌の推定販売金額は前年同月に比べ5.6%減となる中で、コミックスは約19%増加したという。『鬼滅の刃』(集英社)など人気作の台頭もあってかマンガの人気は衰え知らずだが、読み手の“様式”には変化があったようだ。

 元上智大教授でメディア文化評論家の碓井広義氏はこのコロナ禍を機に、「“新しいマンガ様式”が浸透しつつある」と考察する。

「長らく出版不況と言われてきましたが、コロナ禍に入る前のマンガの世界は電子出版の売り上げが大幅に増えており、大きな“転換期”を迎えていました。今回の長い自粛期間はその動きを予想以上に加速させた。出版社が積極的に『無料配信』などを行ったことで、初めてデジタル書籍に触れた人も多く、日常の読書スタイルにも変化が起きたのです」

 碓井氏の予測では、マンガのデジタル移行は「もう数年遅い」見込みだった。また、他のエンタメとは異なる独自のデジタル化が進んでいると指摘する。

大御所マンガ家の新連載にも“異変”

「コンテンツの世界で最初にデジタル化の波が訪れたのが音楽、その次が映画でした。それが今回のコロナで予想以上に早くマンガの世界にも普及してきた。ですが、マンガは映画とは少し違う流れになると思います。売り上げの数字を見てみると、直近は紙のコミックスの売れ行きも堅調です。つまり読者は『紙か、デジタルか』の二元論ではなく、柔軟な対応ができている。まさに『新しいマンガ様式』が急速に浸透していると言えるでしょう。

 それはマンガは作品に連続性があり巻数が多いこと、表紙のデザイン性が高く“コレクション”としての商品価値が高いことが影響しています。今後も、紙の単行本を集めていく人とデジタルを購入する人が共存していく複層構造が続くのではないでしょうか」

 そうした「新しいマンガ様式」と向き合っているのは、読者だけではない。作品を発信するマンガ家にも変化が起きている。

関連記事

トピックス