• TOP
  • 芸能
  • TOKIO3人インタビュー「音楽をやめるつもりはありません」

芸能

2020.07.23 06:00  NEWSポストセブン

TOKIO3人インタビュー「音楽をやめるつもりはありません」

新生TOKIOも音楽をやめるつもりはないという

新生TOKIOも音楽をやめるつもりはないという

「ジャニーズ、サマソニ初出演! 36才から44才のアイドルです!」

 汗だくに無精髭の長瀬智也が観客を煽ると、ロックファンたちは「うぉぉぉ!」と大声をあげた──これは2014年の音楽フェス「サマーソニック」にTOKIOが出演した際の一幕。いま、TOKIOが3人になることで、彼らの魅力の一つである音楽活動がどうなるのかが再注目されている。

 7月22日、長瀬の来年3月末の退所、さらにジャニーズグループ内で新会社「TOKIO」の設立というW発表に、ファンは驚かされた。長瀬と3人のメンバーはファンクラブ会員向けのウェブサイトでメッセージを発表したが、今後のTOKIOの音楽活動について詳細は触れられていなかった。

 TOKIOは、ジャニーズ内でも音楽活動に力を入れていたことで知られている。音楽ライターが語る。

「バンドとしてデビューしている彼らの演奏技術は、かなりのものです。圧巻だったのはデビュー20周年の節目に、ジャニーズとして初めて出演したサマソニでのライブ。ロックファンにとっては語りぐさになっている伝説のステージです」

 サマソニには国内外から多くの有名アーティストが参加する。当初、TOKIOの参加は、目の肥えたロックファンからは「たかがアイドル」「ただの客寄せパンダ」という否定的な見方をされていた。その偏見は、彼らの演奏が始まると一瞬にして消えることになる。

「1曲目の『宙船』で、会場が爆発したのかと思うほど観客が湧きました。2曲目の『AMBITIOUS JAPAN!』で会場が一体化し、5曲目の『LOVE, HOLIDAY.』で気づけば全員が飛び跳ねていました。長瀬さんのメインボーカルとしてのパフォーマンスに、城島さんの熟練のソロギターなど、5人のメンバーの演奏からはアイドルというより、ロックバンドとして真剣に音楽に向き合っている姿が見て取れました。最後に歌ったデビュー曲の『LOVE YOU ONLY』は観客も一緒に大合唱。そこにいる誰もが、ジャニーズのエンターテイメント精神の凄さに驚かされました」(前出・音楽ライター)

 アイドルの枠を超える演奏技術を持つTOKIOだが、2018年5月、山口達也の脱退以降、音楽活動を休止している。果たしてバンド活動の再始動はあるのか。女性セブンは、W発表の当日、3人のメンバーに話を聞くと、松岡昌宏(43)はキッパリとこう答えた。

「来年3月末の長瀬の退所まで時間がありますが、それまでに4人でライブをすることは今の所ありません。(さよならコンサートは?)ないです。解散を謳わないですし、解散するつもりもないので、その予定もありません。例えば4人でコンサートをやったとして、盛り上がったけど“祭りのあと”のような寂しい感覚をファンの方々に味わわせたくないんです。我々がこれからスタートする、発射台に立つところを見ていただきたいんです」

 長瀬はTOKIOのメインボーカルでありながら、作詞作曲も手掛け、音楽プロデューサーのような立場も務めていた。その長瀬が退所することで、TOKIOの音楽活動も完全にストップするのではないかと思いきや、松岡はこう続けた。

「TOKIOはもう二度と音楽活動をすることはないのかと聞かれたら、それはNOです。音楽を辞めるつもりはありません。今後、チャンスをいただければ、そういう可能性もあるかもしれません」

 TOKIOにとって音楽活動は特別。それゆえ、終わらせるという選択肢はないようだ。一方、一人になった長瀬は、音楽活動を続けるのだろうか。松岡が続ける。

関連記事

トピックス