• TOP
  • 芸能
  • 森七菜の魅力「歴代の女優がオーバーラップする」稀有な存在

芸能

2020.07.31 16:00  週刊ポスト

森七菜の魅力「歴代の女優がオーバーラップする」稀有な存在

森七菜は2016年にスカウトされ、活動を開始

 映画『天気の子』ヒロイン役を勝ち取り、映画『ラストレター』では主要キャストを固め、NHK連続テレビ小説『エール』でヒロインの妹・関内梅を演じて朝ドラ初出演するなど、いま最も注目されている新進気鋭の女優・森七菜(18)が、8月に初の写真集『Peace』を出版する。

 森は2016年に地元・大分でスカウトされて活動を始め、ドラマ『3年A組─今から、皆さんは人質です─』(日本テレビ系)など話題作へ次々と出演。昨年は『日経トレンディ』誌の「2020年 来年の顔」にも選出され、若手実力派として頭角を現わしている。

 彼女が脚光を浴びたのは、2019年公開の映画『天気の子』。2000人以上のオーディション参加者からヒロイン・陽菜役を勝ち取った森について、新海誠監督は、「僕の台詞って、言い方ひとつで全部変わっちゃうんですよ。演じ方は色々あり得ると思うんですけど、“七菜ちゃんの言い方がきっと陽菜の感情なんだろうなぁ”って思えたんです。あの言い方は七菜ちゃんにしかできない」(『ダ・ヴィンチ』2019年9月号)と、起用理由を明かしている。

 今年1月に公開された映画『ラストレター』でもオーディションで主要キャストに抜擢。岩井俊二監督は森の魅力をこう語っている。

「参考資料となる映像を見た時点で決まりというか、即“この子がいい!”という感じでしたね。森七菜ちゃんはいろんなものを持たされているなというのが第一印象でした。歴代のいろんな女優さんの顔がオーバーラップしてくるような、そういう意味で恵まれている子だなと思います」(『キネマ旬報』20年2月1日号)

関連記事

トピックス