ライフ

人を刺したら10日間血を吸い続ける「マダニ」 対処法は?

危険な病気を媒介するマダニ(イラスト/藤井昌子)

 この夏に、登山やキャンプを楽しむという人も少なくないだろう。しかし、そこで気をつけなければならないのは「マダニ」だ。そこで、意外とあなどれないマダニの特徴と対象法を紹介する。専門家によるとマダニの危険度は5段階で「4」だという。

◆マダニの特徴

「マダニは山野に生息し、主にシカやイノシシなどの野生動物の血を吸って生きています。人を吸血することもあり、重症熱性血小板減少症候群(SFTS)や日本紅斑熱などの病原微生物を感染させることも。感染する確率は1%未満と低いですが、感染症を発症すると死亡する例もあります」(兵庫医科大学皮膚科学准教授・夏秋優さん・以下同)

 気をつけたいのは山間部の公園やキャンプ場。ペットを介して人につくことも。袖口の隙間などから服の中に入り、下腹部やわきの下など、皮膚の柔らかいところを刺すと、10日間ほど離れずに血を吸い続ける。

◆マダニの対処法

「イカリジンやディートという忌避成分配合の虫よけ剤を足元を中心に噴霧すると予防策になります」

 しかし、もしも皮膚に吸血中のマダニを発見したら?

「皮膚科で除去してもらうこと。無理にむしり取ろうとすると、体がちぎれて口の部分だけ皮膚に残ることも。取ったマダニは捨てずに皮膚科に持参し、完全に取れているか確認してもらいましょう」

 また、SFTSにかかると、高熱と下痢、腹痛、嘔吐などの症状が出るので、刺されて1~2週間は体調に気をつけておこう。

※女性セブン2020年8月13日号

関連記事

トピックス

逮捕された細谷夫婦
【浅草・4歳女児毒殺妻の“裏の顔”】親子で「ちいかわ」ペアルック外出も、自宅では夫に「お茶を作りに戻れ」「殺せー!」と絶叫
NEWSポストセブン
渦中の万木議員と中川議員
《滋賀・車中での不適切行為裁判に判決》男性市議に提訴された女性市議が敗訴 決め手となった「写真」の存在【双方直撃】
NEWSポストセブン
『ブギウギ』で田中麗奈が演じる“ラクチョウのおミネ”に注目(Imaginechina/時事)
朝ドラ『ブギウギ』で田中麗奈が熱演する「ラクチョウのおミネ」 モデルは“ラクチョウのお米”で100人以上の女性のまとめ役だった
週刊ポスト
広末涼子と鳥羽周作氏
広末涼子、個人事務所設立で期待高まる俳優復帰 懸念材料は交際中・鳥羽周作氏の「炎上体質」か
NEWSポストセブン
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
女性セブン
かつての“氷上のプリンセス”のデート現場をキャッチ
元フィギュア村主章枝「ビリビリ破れたパンツ」でイケオジと西麻布ワイルドデート
NEWSポストセブン
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン
火鍋をしていた綾瀬はるか
【火鍋パーティーをキャッチ】綾瀬はるか、高級中華料理店で“塩”へのこだわりを力説 「ここは私に任せて」と会計を全額支払う
女性セブン
県議らとのゴルフ写真。左から2番目が増永県議、右端が松村・国家公安委員長(2018年8月に沖縄で撮影/Aさん提供)
自民党・熊本県議、14歳年下女性との不倫トラブルで露見した“賭けゴルフLINE”「勝ち分14000円」の記述も
週刊ポスト
通訳の水谷一平氏(右)よりも密着マーク
大谷翔平の“ずっとそばにいる女性”の正体 身長188cmの地元放送局リポーターは元バレーボールの有望選手、現在日本語を猛勉強中
女性セブン
小澤征爾氏の30億円の資産を巡り(時事通信フォト)
【全文公開】小澤征爾さん「30億円相続」でファミリーに不協和音 長男・征悦と桑子アナの結婚を巡って“分断”も
女性セブン
木村拓哉
【全文公開】近づくSMAP再始動、木村拓哉「準備OK」で中居正広も決断か 意外なキーマンは二宮和也
女性セブン