芸能

加藤綾子アナと三代目JSB・NAOTO破局 コロナ影響で自然消滅

「コロナ破局」したNAOTOとカトパン

 昨年9月にスイスへの“婚前旅行”が報じられた、三代目 J SOUL BROTHERS(以下、三代目JSB)のNAOTO(36才)と、カトパンこと加藤綾子アナ(35才)。「会えない時間が愛を育む」というが、2人は真逆の結末を迎えてしまったようだ。

「その時点で1年以上も恋人関係にあり、双方の事務所も交際を認めていました。加藤さんの周囲は、“このまま結婚するのでは?”と見ていましたが、この7月までに残念ながら別れを決断したようです」(カトパンの知人)

 カトパンはかねてから結婚願望を明かして、周囲にも「35才までに結婚したい」と話していたが、緊急事態宣言下の4月23日に35才の誕生日を迎え、「滑り込みゴールイン」とはいかなかったようだ。2人はまさに“コロナ破局”だった――。

 カトパンは『Live News it!』(フジテレビ系)でメインMCを務める人気キャスター。NAOTOはEXILEのパフォーマー兼、三代目JSBのリーダーという重責を負う。

 新型コロナの感染が拡大する中、キャスターのコロナ感染や、タレントの不要不急の外出がバッシングされていた時期で、2人は“会いたいけど会えない”という日々を過ごしていた。

 特にNAOTOが所属するLDHでは、感染者を出さないよう、厳戒態勢が敷かれていた。

「今年は6年に一度の『LDH PERFECT YEAR』にあたる節目の年。年間300万人以上のライブ動員を予定していましたが、年内の168公演すべてを中止しました。その裏には、(EXILEのリーダー)HIROさんからの“非常事態だからこそ、タレントとして模範的な行動をとるべきだ”というメッセージがあったんです。NAOTOさんも当然、加藤さんに会いたいという思いはあったでしょうが、グループのリーダーとして、自粛を優先せざるを得なかったのだと思います」(芸能関係者)

関連記事

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン