芸能

石原軍団と西部警察 どんぶり勘定が不朽の名作につながった

『大都会』ロケ中の1コマ(写真/共同通信社)

 株式会社石原プロモーションは2021年1月16日をもって58年の歴史に幕を閉じると発表した。石原軍団を世間に知らしめたのがドラマ『大都会』(日本テレビ系、1976~1979年)だ。男臭い昭和のハードボイルドと、映画顔負けのアクション&バイオレンスをテレビで実現した作品だった。

『大都会』の大ファンであるライター・漫画家の杉作J太郎氏が言う。

「石原プロの自社制作で、日活のカメラマンが参加するなど映画さながらのスタッフで作られていた。そのためクオリティは当時のテレビドラマでは考えられない高さでした。私は社会や人間の暗部を描き出したパート1が特に大好きでしたが、派手なアクションに注力していったそれ以降の作品も素晴らしい。

 印象深いのはパート2の第3話ですかね。東京タワーの高層部の外階段でアクションをやっていた。俳優たちもカメラマンも命綱なしで迫力ある映像を撮ったそうです。ストーリーもコンプライアンスにうるさい現代では考えられないものばかり。渡さん扮する黒岩刑事は、だいたい有無を言わさず犯人を射殺しちゃいますからね(笑い)」

 角刈りにサングラス姿でショットガンを構える渡の姿は、当時の少年たちの憧れとなった。

 黒岩刑事が率いる捜査課チームは「黒岩軍団」と呼ばれ、そのフォーマットは後の『西部警察』(テレビ朝日系、1979~1984年)の「大門軍団」へと受け継がれていく。

関連記事

トピックス