国内

家庭内でのコロナ感染スポット、トイレとエアコンに注意

水を流したときの乱流が作り出すエアロゾル(空気中を漂う粒子)は、1分ほど空気中に浮遊するという(イラスト/黒木督之)

 まだまだ未知な部分も多く、感染対策が難しい新型コロナウイルス。様々な感染経路を想定しておくことも重要だ。

 特にいま増加していると言われるのが、家庭内感染だ。外出先での感染対策だけでは不十分なのである。

 家庭内での感染スポットとしては、「トイレ」が盲点となるという。6月中旬に発表された中国の研究者らの論文では、トイレの水を流す際にできる水の渦によって、新型コロナを含む飛沫が1mほどの高さまで放たれる可能性が指摘された。医療経済ジャーナリストの室井一辰さんが説明する。

「2002年に発生したSARSでは集合住宅のトイレの空間にウイルスがいて、便を通じての感染の可能性が確認されました。水を流すことによって飛沫したウイルスが便座や壁などに付着する可能性があるので、使用前には消毒した方がいいです。また、水を流すときは便座のフタをしめて、手洗いを怠らないことです」(室井さん)

 国際医療福祉大学病院内科学予防医学センター教授の一石英一郎さんも、警鐘を鳴らす。

「コロナウイルスは腸管が好きなことが知られています。これまで新型コロナは排泄までに分解されて失活するとされましたが、最近の研究では、ウイルス活性のあるものが便中に排泄されることが報告されています。大便だけでなく尿中にもウイルス排泄が確認されたので要注意です。

 今年5月、関東圏のショッピングモールで、3密がないのにクラスターが発生して当初『謎』とされましたが、共通トイレでエアロゾル感染した可能性があります」

重要になるのは「風の通り道」

 暑い日が続くなか、「エアコン」にも注意が必要だ。今年1月、中国・広州市のレストランで客とスタッフ91人のうち、3家族9人が感染した。

「このクラスターでは、エアコンの風の通り道に位置した3家族が感染し、風の流れの上になかった客やスタッフは感染しませんでした。感染者が発したエアロゾルがエアコンの気流に乗って別のテーブルに届き、感染拡大したと考えられます」(室井さん)

関連キーワード

関連記事

トピックス

ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
有吉弘行は上島さんと交流があった
「上島竜兵さんの死を笑いに変えたい」に見える芸人たちのもがきと苦しみ
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
阪神次期監督候補に落合博満氏?(時事通信フォト)
「犬猿の仲」のはずが? 落合博満氏が星野仙一氏を「仙さん」と語ったことが話題に
NEWSポストセブン
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン