芸能

なぜ韓国のエンタメはあそこまでレベルが高いのか

ドラマ『冬のソナタ』で社会現象を巻き起こした俳優のペ・ヨンジュン(47才)

 日本国内は「第4次韓流ブーム」に沸いている。火付け役となったのはNetflixで配信中の『愛の不時着』や『梨泰院(イテウォン)クラス』。そして、K-POPアイドルのオーディションに密着した『Nizi Project』が決定打になったといわれている。韓国文化に詳しい専門家たちは、「第4次ブームはいままでと違う」と口をそろえる。

けた違いの労力をかけて書かれた「脚本」が韓国ドラマの強み

 韓流ドラマの「お決まり」を崩したのが、2016年にヒットしたコン・ユ(41才)主演の『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』だ。韓国ドラマに詳しい作家の康熙奉(カンヒボン)さんが言う。

「韓国は何をやっても恋愛ドラマになるといわれてきました。医者のドラマなら医者同士が恋愛し、刑事ドラマなら結局、刑事の男女が恋愛する。しかし『トッケビ』は、ファンタジーでありながら人間の生と死を根源的に見つめた作品で、この頃から韓国ドラマは新境地を模索していたように思います」

 そして、映画『私の頭の中の消しゴム』『四月の雪』でもヒロインを務めたソン・イェジン(38才)と、ヒョンビン(37才)という人気俳優たちが主役のラブストーリーでありながら、奇想天外な設定で「政治的なタブー」に足を踏み込んだのが『愛の不時着』だ。韓国・ソウルの財閥令嬢がパラグライダーで北朝鮮に不時着。現地の将校と恋に落ちる切ない物語に嗚咽する人が続出した。康さんが続ける。

「誰にとっても不透明で気になる存在である北朝鮮をネガティブに登場させるのではなく、庶民の生活をリアルに描き、身近で人間味あふれる存在として展開したことが斬新でした。韓国ならではのテーマと主役2人の魅力に、偶然にもコロナ禍が重なったことがヒットの要因でしょう」

 ヨン様ブームの時代から韓流を追いかけ続ける「韓国ウオッチャー」の児玉愛子さんは、韓国エンタメが持つ「コンテンツの強さ」を『愛の不時着』が証明したと語る。

「いくら家でドラマを見る機会が増えても、作品がつまらなければバカにされて終わります。『愛の不時着』はハイレベルなアクションシーンも多く、時間もお金もかけて作られている。国家レベルの“現代版ロミジュリ”は韓国人にも新鮮でしたが、日本人にとっても魅力的でした」

関連キーワード

関連記事

トピックス

橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
『鎌倉殿の13人』にどんな類似性が?(番組公式HPより)
『鎌倉殿の13人』は実録ヤクザ映画だ 鈴木智彦氏が分析する山口組との類似性
週刊ポスト
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
まさかの起用も?(時事通信フォト)
崖っぷちの岸田文雄・首相 政権延命のため菅義偉氏を官房長官に起用するプランも
週刊ポスト
日本代表の家族もそれぞれの応援席から必勝を願った(左から真野恵里菜と由布菜月/本人のインスタグラムより)
W杯カタール大会 熱い応援で盛り上げる選手の家族&注目サポーターたち
週刊ポスト
旧統一教会の被害者救済のため献身する全国弁連(時事通信フォト)
旧統一教会を追いつめる弁護団の軌跡 きっかけとなった「200万円の大理石の壺」
週刊ポスト
上海のウルムチ路でデモは起こった
習近平主席への「中国コロナ一揆」ルポ 天安門事件以来となる“全土での抗議活動”に
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説が視聴者の心を掴んでいる理由をデータで解析(Getty Images)
「PK!」「ファール!」「イエス!」本田圭佑氏の絶叫回数は松木安太郎氏以上だった
NEWSポストセブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン