芸能

日本人K-POPアイドルが語るK-POPの魅力は「グローバル性」

20才の時に韓国に渡り、今ではJBJ95で「KENTA」として活躍する高田健太。デジタルシングル『またいつでも帰っておいで。』を8月7日に配信。8月8日、9日には、JBJ95初のオンラインファンミーティングを開催予定

『愛の不時着』や『梨泰院(イテウォン)クラス』、アイドルオーディション番組『Nizi Project』など、今日本は第四次韓流ブームが起きている。

 熾烈な競争を勝ち抜き、現在はK-POPアイドル「JBJ95」のメンバーとして活躍する高田健太(25才)は胸の内をこう明かす。

「高校1年生のとき、東方神起や少女時代のステージをネットで見て、画面越しにも伝わってくるパワーやエネルギーから『自分のやることはこれだ!』と直感しました。その後、初めて韓国に渡ったのが20才。通帳にはほぼお金がなく、韓国語もまったくわからない。ただ気持ちひとつだけでした。

『コシウォン』という韓国の学生が勉強するために入る2畳くらいの狭い部屋に住んで、無料で食べられるキムチとご飯だけで1週間生活していたこともあります。先が見えず、『大丈夫だろうか』と不安でした」

 当時、K-POPを知らなかった家族には反対もされた。幾度となく話し合いを重ね情熱を伝える息子に、母は「デビューするまで帰ってくるな」と厳しい言葉をかけたという。念願かなって2017年に「JBJ」としてデビュー。2018年からは「JBJ95」として活動中だ。

 日本とはまったく異なる韓国芸能界の姿勢や文化、国民性の違いには、いまでも戸惑うことがあるという。

「K-POPの魅力はいち早く海外のトレンドを取り入れるところですが、そのため、公演前日にダンスの振り付けがすべて変わったこともありました。こういった大胆さはいいところでもあり、大変でもあります。また、韓国の人は自分の考えを100%きちんと伝える。

 ぼくはJBJの活動中も自分の意見を言い出せず、そのせいでぎくしゃくすることもありました。『もっと発信しなければ』と気持ちを改め、いまはまず思ったことを伝えています」(高田)

 現在の世界的なK-POPの人気から、同じ道を目指す後輩からの相談も増えたという。高田は「楽しんでほしい」とエールを送る。

「楽しめなかったり、“努力をし続ける努力”ができなければ、結局、続かないので。K-POPのよさは、なんといってもグローバルで、海外に大勢のファンがいること。新型コロナで予定していたアメリカやヨーロッパのツアーが全部中止になりましたが、この状況を乗り越えて、海外のファンに会いに行くことがいまの目標です」

 K-POPからもらった勇気を、今度は自分が与えられるようになったことがうれしいと高田は笑顔を見せた。

 韓国エンタメに携わる人々はなぜこれほどエネルギーに満ち溢れているのか。芸能界きっての韓国エンタメオタクであるお笑いコンビ・スクールゾーンの橋本稜は言う。

「新大久保で韓国人の店員さんと話をすると『韓国ではいまこんなアイドルがはやっているよ』と気さくに教えてくれます。韓国の国民一人ひとりが、この韓流ブームに誇りを持っている。それが韓国エンタメを後押しする大きなパワーになっているように感じます」

 自国のエンタメを誇り、応援する。それは国が新しく発展する原動力として、欠かせないのかもしれない。

※女性セブン2020年8月20・27日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

小島瑠璃子の美ボディが話題になっている
小島瑠璃子の中国進出は成功するか バラエティースキルを活かせるかは未知数、反日感情の影響も
NEWSポストセブン
1946年1月25日、新発売の煙草「ピース」を求める人々が銀座松屋に列を成す。写真=庭田杏珠 × 渡邉英徳『AIとカラー化した写真でよみがえる戦前・戦争』(光文社 2020年)より
鮮やかによみがえる「終戦と復興」写真のカラー化がもたらす記憶の“解凍”
週刊ポスト
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
左から元NHK・内藤裕子、元日本テレビ・馬場典子、元テレビ朝日・石井希和、元TBS・竹内香苗、元テレビ東京・亀井京子、元フジテレビ・中村仁美
【全6局「人気女子アナ」同窓会#1】給料、社食…新人時代はクレーム対応も
週刊ポスト
約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
駅伝でも“エスビー軍団”は最強を誇った(1984年の東日本実業団対抗駅伝で瀬古からタスキを受けるロス五輪1万m代表の金井豊。写真/共同通信社)
瀬古利彦を育てた中村清監督、エスビー時代に繰り返し伝えた「才能は有限、努力は無限」
週刊ポスト
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
中田翔には様々な意見が(時事通信フォト)
巨人・中田翔絶好調で坂本勇人の一塁転向は白紙か 「外野にコンバート」の可能性
NEWSポストセブン
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン