ライフ

山手線ノーマスク集団を断罪できぬ気持ちとTVの“専門家”

ノーマスク集団をなぜ断罪できない?

 東京・渋谷で「クラスターフェス」と名乗るノーマスクの人たちによる集会が行われ、ノーマスクのまま山手線一周を実行しツイッターで報告、ネットで大きく炎上した。この件について、ネットニュース編集者の中川淳一郎氏が考察する。

 * * *
「コロナはただの風邪」という信念を持った栃木県の大工の男性が、仲間と一緒にマスクをせず山手線を一周するというトライをした。これをツイッターで報告し、炎上。

 批判を総括すると「お前らバカで非常識で社会性のない連中が感染するのはどうでもいいが、お前らが感染させる可能性があるんだよ! そして、お前らがコロナに感染しても病院行くなボケ」というものだ。

 あとは「地元でやれ。わざわざ東京でやるな」というものもあるが、両方に同感するし、ノーマスクの集団が一斉に山手線に乗った場合、その車両に乗った人が恐怖感を抱き、隣の車両に続々と移ったであろうことは想像できる。ただ、私自身は彼らのことを一方的に非難できない気持ちがある。それはマスク自体が「通行証」になっている現状があるからだ。屋外で混雑していなければマスクは不要説もある中、「マスク警察」の存在もあり、誰かがいたらつけなくてはいたたまれない気持ちになる。

 山手線に乗った彼らの行為には「バカ」と思う。「世間が恐怖に思っているのならば、主張は過激にではなく論理的にやればいいんじゃね?」ということだ。

 私も外出時、猛暑の中、周囲に誰もいないのにマスクをつけている。100メートルほど先まで見通せる道に誰もいなかったらマスクを外すことはある。何しろ汗っかきなんで。しかし、100メートル先にマスクをつけた人が登場したら慌ててマスクをつける。

関連記事

トピックス

松本潤
松本潤、新会社の登記簿に「仮想通貨の企画」「美容サロンの経営」「農業」の項目 幅広い人脈から見えるビジネスの勝算
女性セブン
トンボ論文で話題になった悠仁さま
悠仁さま「トンボ研究」が一段落 赤坂御用地内の御池の改修工事は10年の沈黙を破って再開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
里崎智也氏が「みられるための戦略」を語り尽くす(撮影/田中智久)
【野球YouTube動画総再生回数No.1】里崎智也が明かす“みられるための戦略”「テレビで言えないけど、話したいことが山のようにあった」
週刊ポスト
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
都知事選出馬表明の石丸伸二氏にオバ記者が突撃!「大学時代の交際歴はない」「読んだ漫画は2万冊超」…その素顔に迫る
都知事選出馬表明の石丸伸二氏にオバ記者が突撃!「大学時代の交際歴はない」「読んだ漫画は2万冊超」…その素顔に迫る
女性セブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
大谷翔平
大谷翔平の妻・真美子さんを悩ませる“悪質グッズ” ツーショット生写真や偽造免許証がフリマサイトに出品される
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
高級寿司店でトラブルが拡散されたA子さん(寿司の写真は本人SNSより)
《高級寿司店と炎上の港区女子に騒動後を直撃》「Xの通知が一生鳴り止まないんじゃないか」大将と和解後の意外な関係
NEWSポストセブン