国内

名門・東京女子医大の窮状 ボーナス問題に続き大幅学費増

名門大学が揺れている

 新型コロナの対応に当たる医師や看護師たちに、「ボーナス支給ゼロ」を突きつけた東京女子医科大学。批判を受けて方針を一転させたが、迷走した印象は拭えない。今年で創立120年を迎える名門医大で何が起きているのか──。

 岸信介、福田赳夫、中曽根康弘など、歴代の首相が入院先に選んできた、東京女子医大病院。2004年に脳梗塞で倒れた長嶋茂雄氏が緊急入院するなど、著名人の治療にあたる「VIP病院」としても知られる。

 大学病院が集中する東京で、名門の地位を確立できたのは、意外にも「唯一の女子大医学部」だったからだと言われる。

 花形とされる外科系で活躍する女性医師は、少ない。そこで、全国各地から優秀な医師が女子医大に集まり、最先端の医療技術を磨いた。脳外科、心臓外科、腎臓移植などの手術件数では、日本トップクラス。

 大学病院の中で頭一つ抜けた地位を築いたが、同時に「人を使い捨てる組織」となっていった。それが、2つの重大な死亡事故で露呈する。

 2001年、12歳女児が心臓手術後に死亡する事故が発生。「助手の医師が人工心肺装置の操作ミスをしたことが死因」とした女子医大の調査報告書が決め手になり、30代(当時)の助手の医師が逮捕された。

関連記事

トピックス

政界から安倍家が消えるとなれば、安倍洋子さんはどう思うのか(写真/共同通信社)
安倍氏国葬に「後継候補の実兄長男が欠席」 安倍家の「断絶危機」が表面化
NEWSポストセブン
山本耕史
山本耕史 庶民派スーパーで見せたガチムチ「タンクトップ姿」鎌倉殿キーマン「圧巻の肉体美」
NEWSポストセブン
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
坂本勇人の女性スキャンダル、巨人CS消滅でも収束せず 厳しいシーズンオフか
NEWSポストセブン
弘中綾香アナ・田中みな実
弘中綾香アナ、資産15億円社長と結婚で「フリー転身」秒読み 田中みな実との競合は大丈夫か
NEWSポストセブン
エリザベス女王、プレッシャーからの“逃げ道”となった日記と「家族」の存在
エリザベス女王、プレッシャーからの“逃げ道”となった日記と「家族」の存在
女性セブン
巨人・原辰徳監督は3年契約の2年目(時事通信フォト)
Bクラス監督が続々辞任も巨人は原監督続投濃厚 かつて何度も名前の挙がった「江川卓監督」が実現しないワケ
NEWSポストセブン
作中ではシリアスな表情も多いが、オフの2人は常に笑い合っている。公私ともに共有する時間は多い。「正月は毎年、山口は俺の家にいるんだよね(笑い)」(本宮)
任侠シリーズ『日本統一』が地上波ドラマ化 本宮泰風&山口祥行「好みの俳優を見つけて」
女性セブン
ディナーショーを中止した丘みどり
丘みどりディナーショー中止は「秋篠宮家のせい」はデマ 広がる偽情報に名古屋観光ホテル「全く無関係」
NEWSポストセブン
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
女性セブン
互いに認め合い、激動の80年代を駆け抜けたふたり
中森明菜と松田聖子、認め合っていた2人 かつて飛び交った不仲説の真実
週刊ポスト
町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン