芸能

高田文夫が選ぶ、大衆芸能を後生に伝える若き書き手達による本

高田文夫が最近、読んだ本は?

 放送作家、タレント、演芸評論家で立川流の「立川藤志楼」として高座にもあがる高田文夫氏が『週刊ポスト』で連載するエッセイ「笑刊ポスト」。今回は、読了した様々な書籍のなかから、大衆芸能を後生に伝えるものを中心にお届けする。

 * * *
 マスコミ渡世で生きていると、出版社やら著者から本が贈られてくる。ただでさえ追いつかないのに“書店のぞき”が趣味だから、いつか読むだろうと気になるものをつい買ってしまう。

 昨年11月に刊行されて全5巻のぶ厚い『全著作〈森繁久彌コレクション〉』(藤原書店)が完結した。“銀幕の天才、最後の文人”の集大成とある。果して私は生涯をかけてこれを読むのだろうか。一緒によく仕事もする放送作家の和田尚久が「私も書いてますんで……」とこれまたぶ厚い『演劇とメディアの20世紀』(森話社)なる固そな本。私が出た日芸放送学科のゼミかと思った。帯に“舞台と人とをつなぐもの”とある。このコロナ禍には考えさせられる問題だ。

 色んな人に話をきいといてくれて有難うと言いたいのが『テレビの荒野を歩いた人たち』ペリー荻野(新潮社)。1953年、何もない所から本放送がスタート。答えがみえないままの挑戦である。演芸関係では『喬太郎のいる場所』橘蓮二(CCCメディアハウス)。何冊もの噺家・演芸家の写真集を出している橘が、今回は柳家喬太郎だけに焦点をしぼり文章も書いている。この男とは私も連名で数冊出版している。

関連キーワード

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン