芸能

観月ありさ、和服姿のタブー破ったときの「爆発力」がすごい

和服姿が注目の観月ありさ

 コロナ禍の影響で、春ドラマや夏ドラマ、そしてスペシャルドラマが五月雨式に放送されているこの夏。注目を集めているのが、女優たちの和服姿だ。ひときわ存在感を見せる女優の和服姿と、その効果について注目してみたい。コラムニストのペリー荻野さんが解説する。

 * * *
 この夏は、『半沢直樹』で、いつもの和服をスーツに着替えた歌舞伎役者たちの敵役ぶりが話題だが、一方で華やかな和服で強烈な存在感を示す女優たちが出てきた。

 ひとりは先日放送されたテレビ朝日『ドラマスペシャル 嫉妬』の国仲涼子。物語は、地味な夫(原田泰造)がある日突然、銀座のクラブママ・文奈(国仲)と心中を図り、ママだけが助かったと知った妻・姿津花(檀れい)が、ホステスとして文奈の店に入り、夫の死の真相を探るというもの。にこりともしないふたりの女の会話はすごい。

 ママらしくきりっとした紫の着物の文奈が「人は誰でも他の人に失敗してもらいたいものよ」「人がどん底に墜ちていく話が好き」「今のあなたに嫉妬している」と言えば、眉毛を釣り上げた姿津花(このときは洋服姿)が、好きな男を奪った女を「殺したいです」ときっぱり。ひええ。ですます調がかえって怖い。そんな中でもふふっと余裕を見せている文奈。国仲といえば、『ちゅらさん』の可愛らしいヒロインや『大岡越前』の大岡忠相(東山紀之)の聡明な妻のイメージが強かったが、ここへきて檀れいの殺気を跳ね返すとは、なかなかである。

 一方、ドラマ『私たちはどうかしている』(日本テレビ)には、観月ありさが和服で登場している。観月は、老舗和菓子屋の跡取り・高月椿(横浜流星)の母・今日子だ。夫の死後、店を率いてきた今日子は「使用人はお下がりなさい」「撤回しなさい」と口を開けば命令形。ところが椿が資金援助をしてくれた名家の娘との結婚式の最中、突然、和菓子職人の七桜(なお・浜辺美波)との結婚を宣言し、白無垢の花嫁と親類縁者の目の前で彼女にキス! 黒留袖の今日子さん、その場で大暴れしないのはさすがだったが、別室では椿にビンタをくらわす。

 24時間、今日子さんの監視下にあったら、七桜は命がいくつあっても足りない気が…。案の定、七桜は今日子に「疫病神!」と花瓶の水を浴びせられ、池に突き落とされる。今日子の着物の柄の菊の細い花びらが、蜘蛛の巣に見えてきた。妖気!?

関連記事

トピックス

伊藤沙莉は商店街でも顔を知られた人物だったという(写真/AFP=時事)
【芸歴20年で掴んだ朝ドラ主演】伊藤沙莉、不遇のバイト時代に都内商店街で見せていた“苦悩の表情”と、そこで覚えた“大人の味”
週刊ポスト
総理といえど有力な対立候補が立てば大きく票を減らしそうな状況(時事通信フォト)
【闇パーティー疑惑に説明ゼロ】岸田文雄・首相、選挙地盤は強固でも“有力対立候補が立てば大きく票を減らしそう”な状況
週刊ポスト
新アルバム発売の倖田來未 “進化した歌声”と“脱がないセクシー”で魅せる新しい自分
新アルバム発売の倖田來未 “進化した歌声”と“脱がないセクシー”で魅せる新しい自分
女性セブン
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
大ヒット中の映画『4月になれば彼女は』
『四月になれば彼女は』主演の佐藤健が見せた「座長」としての覚悟 スタッフを感動させた「極寒の海でのサプライズ」
NEWSポストセブン
中国「抗日作品」多数出演の井上朋子さん
中国「抗日作品」多数出演の日本人女優・井上朋子さん告白 現地の芸能界は「強烈な縁故社会」女優が事務所社長に露骨な誘いも
NEWSポストセブン
国が認めた初めての“女ヤクザ”西村まこさん
犬の糞を焼きそばパンに…悪魔の子と呼ばれた少女時代 裏社会史上初の女暴力団員が350万円で売りつけた女性の末路【ヤクザ博士インタビュー】
NEWSポストセブン
(左から)中畑清氏、江本孟紀氏、達川光男氏による名物座談会
【江本孟紀×中畑清×達川光男 順位予想やり直し座談会】「サトテル、変わってないぞ!」「筒香は巨人に欲しかった」言いたい放題の120分
週刊ポスト
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン