• TOP
  • 国内
  • じんわり広がる「日記ブーム」 失われる「個」取り戻す役割

国内

2020.08.27 16:00  女性セブン

じんわり広がる「日記ブーム」 失われる「個」取り戻す役割

日記ブームは芸能界にも広がる(写真/アフロ)

《四月八日(水) 無精ヒゲを剃ろうと思ったが、やめた。高座がないのだから意味がない。三月下旬のついこの間まで高座があったのに、何だか狐に鼻をつままれたようだ》(落語家)

《四月二十日(月) 朝、出勤するとうちの店のレジ前に透明の幕がぶら下がっていた。遅ればせながら、他のスーパー同様、飛沫感染の防止策に乗り出したようだ》(ミニスーパー店員)

 医療従事者、教師、馬の調教師、専業主婦、小説家など、多様な職業の77人が、新型コロナウイルスによって緊急事態宣言が出された今年4月をどう過ごしたのか、日記形式で綴った書籍『仕事本 わたしたちの緊急事態日記』(左右社)が話題だ。口コミで評判が広がり、30近いメディアが書評や記事を掲載しており、世の中にじんわり日記ブームが浸透している。

 このムーブメントは芸能界にも波及しており、歌手の木村カエラ(35才)は2019年1月から今年3月までの日常を記録した日記エッセイ『NIKKI』(宝島社)を出版。

 女優の桜庭ななみ(27才)は雑誌のインタビューで20才から毎日欠かさず「10年日記」をつけていると明かし、今年5月に第1子を出産したフリーアナウンサーの高橋真麻(38才)も、「子供が反抗期を迎えたとき、そっとリビングに置いておくため、育児日記を毎日つけています」と語っている。

 古来、洋の東西を問わず日記は存在し、日本でも『土佐日記』や『更級日記』はじめ、無数の日記が綴られてきた。

 しかし、スマホひとつで読書も支払いも完結し、ツイッターやフェイスブックをはじめとしたSNSにいくらでも日々の出来事を投稿できる令和2年のデジタル社会において、なぜ人々は日記帳を開くのだろうか。

日記を書くことで「私は私だ」とわかるようになる

「きっかけはコロナでスーパー通いが始まったこと。無駄なものを買わないように、何をいくらで買ったか手帳にメモすることにしたんです。そのとき一緒に、その日Zoomで友達としゃべったこととか、テレビで見た面白い話とかを書き留めるようになりました。

 会社もリモートワークで、土日もどこにも出かけられない。ひとり暮らしで新しいドラマも始まらず曜日の感覚も失われていくなかで、日記に書いた日付と出来事だけが、自分が生きていると証明してくれているような気持ちになって、自粛が明けてスーパーに頻繁に行かなくなったいまでも、日記を書き続けています」

 こう語るのは都内在住の30代女性だ。最近はこの女性のように、コロナを機に日記を書き始める人が増えている。

『仕事本』の編集を担当した左右社の青柳諒子さんが指摘する。

「読者のかたからは、『この本を読んで、日記を書こうと思いました』との声をいただいています。とはいえ、この本ははじめから日記を出版しようと思って出したわけではありません。コロナで普段の働き方が一変した際、“ほかの人は何をしているんだろう”という素朴な疑問から生じた企画で、どんな形式がいいか社員全員で話し合い、日記がいちばんいいのではないかという結論に落ちつきました。

 小説家やライターなどいわゆる“プロ”の書き手ではないかたにも数多く依頼しましたが、内容はどれも素晴らしく、ほぼ手を加えていません」

《四月十二日(日) 雨 ランニングは中止。十一時過ぎに市場に行き、食材を買って帰宅。昼食は妻とスパゲティ。今日は新聞の連載小説を執筆した。蟄居生活のストレス解消のため、夕飯は高い牛肉ですき焼き》

関連記事

トピックス